桜井昌司氏「無実になっても平然と検察官が犯人と言っていて、何も問題が起きない日本のシステムに怒りと失望を感じる」 ~外国特派員協会主催記者会見「冤罪」 2013.9.9

記事公開日:2013.9.9取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・松井信篤)

 冤罪被害に遭われた川畑幸夫氏、桜井昌司氏、菅家利和氏の記者会見が9日(月)、外国人特派員協会で開かれた。

 3名の被害者は、取り調べの全過程可視化と全証拠開示で、冤罪を無くす為の署名活動をインターネット上で行なっている。現状の取り調べ過程は、録音・録画の実施を取調官の意思に任せるというもので、冤罪の被害者としてこれには反対する立場を示した。

 「警察は間違いをしないんだということに頼りきっている」と発言する桜井昌司氏。菅家利和氏は、「一審についた弁護士が始めから犯人扱いだった」と語り、川畑幸夫氏も「やっぱりこういう事件は一回逮捕されると『やったんだ』という声は消えない」と述べて、司法を取り巻く環境に問題が多いことを指摘した。

■ハイライト

  • 会見者
    川畑幸夫氏(志布志事件冤罪被害者)
    桜井昌司氏(布川事件冤罪被害者)
    菅家利和氏(足利事件冤罪被害者)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です