【沖縄名護市長選】沖縄の問題は「世界」の問題~自民党を離党した仲里利信 元沖縄県議会議長へ岩上安身が緊急インタビュー 第386回 2014.1.13

記事公開日:2014.1.13取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:IWJ 原佑介、記事:IWJ 野村佳男)

 元自民党県連トップで、辺野古移設に反対し自民党を離党した仲里利信 元沖縄県議会議長に1月13日、岩上安身が緊急インタビューを行った。インタビューは、那覇市にある仲里氏の自宅で行われた。

 自民党県連本部の顧問を務めていた仲里氏は、県連が公約に反して米軍普天間基地の名護市辺野古移設を容認する方針へ転じたことに抗議し、11月末に辞任届けを提出。12月24日には、大田昌秀元知事らと連名で、申請の不承認を求める仲井真弘多知事宛ての緊急申し入れ書を県庁に提出したが、同月27日、仲井真知事は辺野古埋め立てを承認した。

 仲里氏は、1月10日に行われた「新外交イニシアチブ(ND)シンポジウム~普天間基地返還と辺野古移設を改めて考える」に登壇し、「二度と戦争をさせないために、辺野古には絶対に基地を作らせないこと」と発言するなど、辺野古移設に強く反対する姿勢を示している。17日に投開票を迎える名護市長選でも、自民推薦の末松文信候補ではなく、現職の稲嶺ススム候補を支援するとの姿勢を明らかにしている。

■イントロ

自民党離党の発端は、選挙応援した議員の「裏切り」

 インタビュー冒頭、自民党離党という決断に至った真意について、前回衆議院選挙で仲里氏が後援会長を務めた西銘(にしめ)恒三郎衆院議員(3期)が、公約を破棄して辺野古移設容認に転じたことが発端だと語った。

 仲里氏は、西銘氏が自民党新人議員に対して、「辺野古推進に変わらないと除名されるぞ」と圧力をかけていたことも明らかにした。「西銘氏は(はじめから)辺野古推進だった」という声も耳にしたと述べ、「有権者への背信行為だ」と西銘氏や自民党政府の姿勢を批判した。

 そして、その後の県連や仲井真知事の変節について、仲里氏は「よもや知事まで(変わるとは思わなかった)。12月の定例会でも、『県外・国外』という答弁を貫いていた。東京に行って3日くらいで変わってしまった」と、驚きを隠さない。「環境調査の不備も指摘されているなか、解決策も公表せずに了承した」と、知事の決定は青天のへきれきであったことを明らかにした。

 仲里氏は、「世論調査では73%の沖縄県民が県内移設反対であり、それが民意である」と述べ、自身が自民党を離党したことに対しても「抗議の声は一つも来ない」と、地元の反応は好意的であると強調。「知事の決定で辺野古移設への大勢は決まった」という本土メディアの報道とは異なる事実を明らかにした。

沖縄の問題を世界中に伝えていく

 また、海外からも、ノーベル賞学者のノーム・チョムスキー氏や映画監督のオリバー・ストーン氏ら、世界の識者29人が移設反対声明を出すなど、反対の動きは世界的な輪に広がるだろうという期待が高まっている。

 仲里氏は、沖縄が米軍統治下にあった1962年、キャラウェイ高等弁務官の圧政に対し、「(琉球)立法院議員団が沖縄の窮状を国連に訴え、一週間後には制限が撤廃された」という過去を紹介した。その後、ケネディー大統領がキャラウェイ氏の権力を制限し、沖縄の日本復帰へと動き出したという歴史がある。

 仲里氏は、「今回の件でも、国連の人種差別委員会などに訴え、世界の世論を喚起すれば、日米政府は民意を無視したやり方を見直すだろう」と語り、辺野古案の撤廃、そして沖縄県民の差別解消に向けて、世界規模で働きかけていく意欲を見せた。

沖縄振興予算は単なる「見せかけ」

 仲井真知事は、今回提示された沖縄振興予算を「有史以来だ」と手放しで評価している。しかし、3460億円といわれる振興予算の中身を見ると、「330億円が那覇空港の第二滑走路建設費、195億が沖縄科学技術大学院大学。これらの国の直轄費用をくっつけて、トータルとして『見せかけ』ている」と、仲里氏は分析。沖縄振興のための真水部分は「半分程度」と主張した。

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事


■実況ツイート

「【沖縄名護市長選】沖縄の問題は「世界」の問題~自民党を離党した仲里利信 元沖縄県議会議長へ岩上安身が緊急インタビュー 第386回」への2件のフィードバック

  1. 松代理一郎 より:

    沖縄の実情がよくわかりました。交付金が納税額と同額相当で、以前の大田知事時代より1000億円少ないとは、初めてしりました。「経済面で遅れている沖縄へ国が支援する」のはやむなし。その見返りに「仲井間知事も辺野古移設に賛成した」と殆どの日本本土の人は思わさせられています。政府まもちろん、テレビ・新聞のメデイアが全く知らせないので、わからないのです。
    このインタビューで、よく沖縄の実情がわかりました。ぜひ、名護市長選、朗報を期待したいです。ありがとうございました。

  2. 高津 公男 より:

    この沖縄の気運が日本国中に伝播すれば、日本国民も独立への自覚が出来るのではあるまいか・・。私の住む地・・どーも「あきらめ」かけている。無理もあるまい。経済の疲弊は凄まじい。ブラック企業もある。商店街の入り口に、ワタミ・居酒屋チェーン。なってはおらぬ。この沖縄を見習って貰いたい。首長以下、税金で喰ってる公務員諸氏。浜教授の講演を聴いた筈。地方に感心を持たせる活動。知行合一。そして、東京都知事選・・。これも、地方において、大きな一歩を踏み出すキッカケともなろう・・。安倍ノミクスなんぞに期待してどーするか・・・!しかも、国の借財のみ報道され、世界一の「金持ち国家」である事すら知らない。まずは洗脳から脱皮する事、肝心です。何等、上げる必要もない消費税増税。誰も喜ばぬ税である。一部、数パーセントの大企業・金持ちへの税金の「穴埋め」に使われているに過ぎない。税制の抜本的改革。これが無ければ、子供さへ産めない若者が次世代を担う結果になる。どーして気付かぬか?こんな単純な事さへ・・。「自分さへ」この心持、ケチな根性。ネト右翼諸君。「武士道」を学びなさい・・。あなた達が利用されているんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です