「ワクチンとは関係ない。きっぱりと忘れなさい」医療機関の無理解と子宮頸がんワクチン被害者の悲痛な訴え 2013.12.25

記事公開日:2013.12.25取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・安斎さや香)

 厚生労働省のワクチン副反応検討部会は25日、子宮頸がんワクチンの積極的勧奨の停止を継続すると決定。同ワクチンによる副反応が相次いだことから、同省は6月にワクチン接種の積極的勧奨を停止していたが、継続してワクチンと副反応との因果関係の解明のための調査をしていくという。

 しかしながら、厚労省はワクチン被害が拡大する懸念があってもなお、ワクチンの接種事業を中止していないのである。この判断を受けて、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会は、緊急の記者会見を同省で開催。厚労省の判断に対する受けとめや、今後もワクチン接種事業の中止を求めていく方針が示された。

 会見では、子宮頸がんワクチン被害者や、その家族、被害者を支援する市議会議員や医師も参加。会見の参加者からは、日常生活はもとより、介助なしでは学校生活にも影響が出てしまっているが、学校側はそれをサポートしてくれず、退学を余儀なくされた例など、数々の悲痛な訴えが報告された。被害者連絡会には、現在までに800件にもおよぶ被害報告が寄せられており、ワクチン接種事業の中止などを求める署名は、67,106筆にのぼる。

■ハイライト

被害者からの救済を求める訴え、生活の困窮も背景に

 被害者連絡会代表の松藤美香氏は、今回、子宮頸がんワクチンの接種事業が中止にならなかったことを「残念です」と語り、「私たちは今、困っていて、今、助けてほしい、今、救済してほしいんです」と、生活の困窮や、症状の回復がみられないことを背景に、国に対して救済を強く訴えた。

 宮城県大崎市で診療しているさとう内科循環器科医院の佐藤荘太郎医院長は、「医師は、薬を使って異常が起こったら、すぐにやめて、警告を発しなければならない。医師も厚労省も、国民の健康を守るのが仕事。ワクチンの有効性も分からないワクチンを勧めるのはおかしい」と、国や一部のワクチンを推進する医療機関の判断を批判。

 被害者連絡会の事務局長を務める池田利恵日野市議も、「このワクチンを打たなければ、確実に子どもたちの症状は出てこなかった。一体、これをなんのために執り行う必要があるのか、本当に疑問。なぜ、こういうことに意見を発する委員がいないのか。なぜ、このまま継続して放置しているのか。なぜ、止めないのか。危機管理が欠如している。ぜひ、苦しみに陥っている子どもたちを救ってほしい」と涙ながらに訴えた。

ワクチン被害者本人の審議会傍聴を拒否する厚労省

 今回、検討部会の審議の傍聴を厚労省に拒否された中学2年生のワクチン被害者であるAさんは、「厚労省が勧めたワクチンで苦しんでいるのに、なんで私は傍聴できないのか。とても悔しい」と自身の胸の内を語った。

 「勉強したいのに、手が震えて、頭痛がひどかったり、文字が読めない。学校に行きたくても、けいれんして、みんなにも変な目で見られて、なかなか行くことができない。病院でもたらい回しにされる。ましてや、『精神的なものだ。ワクチンとは関係ない。そういうことはきっぱりと忘れなさい』と言われた。私の身体を元に戻してほしい」

 Aさんの切実な訴えは、厚労省や検討部会の委員らに届くことはなく、今も子宮頸がんワクチンの接種事業は継続している。

検討部会委員らの理解のなさ

 会見前に行われた副反応検討部会での審議については、傍聴した参加者が、副反応に関する議論が「痛みに特化していた」ことを問題視。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「「ワクチンとは関係ない。きっぱりと忘れなさい」医療機関の無理解と子宮頸がんワクチン被害者の悲痛な訴え」への3件のフィードバック

  1. 東夷 より:

     何故打つのか疑問、じゃないだろうが。人間は必要なことをして、不要なことはしない。そのような有害無益な猛毒ワクチンの接種を強要するのは、まさにその必要があるから。侵略工作の一環なんだよ。他に説明がつかないだろう。
     世界中を不幸にしているのは、大英帝国の覇権戦略をオブラートに包んだところの、大航海時代から続く侵略政策なんだよ。歴史は地続きで社会は地続きなんだよ。そんなことは地形と教育の経路を見れば分かる。バカでウスノロな偽善者が考えるように、世界が本当に安全で安心な社会に成熟したというなら、何故現実にこんな理不尽なことが起こるんだよ。何の為だ? てめえらには説明できないだろうが。
     結局世の中は見たまま、猛毒ワクチンを日本の女性に打つということは、それが必要だということなんだよ。馬鹿な1億人の日本人は、いつになったら現実に気付くんだよ。どこの世界で生きてやがるんだ? 子供が根絶やしににされてから感動ネタにでもするつもりかよ(笑)
     見て考えれば分かることを、なんでいくら言われても全く理解できないんだ?
     お前達はどこ見て寝ぼけてやがるんだ?
     日本人じゃないのか?

  2. うみぼたる より:

    薬害エイズ事件のように、すでに薬害ワクチン事件になっているように思います。
    ひどい状態です。
    現在、副作用の症状が認められない子供たちも、潜在的になんらかの異常をきたしているのではないでしょうか。
    お医者さんの普段の処方の姿勢に戻ればいいだけでしょう。
    異常が認められたのだから、すぐに使用をやめる。 なぜそれができないのでしょう。
    311の災害の時に、ワクチンの広告だらけのテレビ・新聞が脳裏をよぎりました。

  3. なおみん より:

    長年にわたって売春を職業とせざるを得ない女性以外、感染予防だけで発症予防効果のないワクチンは、副作用>効果でしょう。
    相手が不特定多数と男女、あるいはホモ?が好きなのにコンドーム嫌いという場合は、感染予防用の使い捨てペッサリー・女性用コンドームの様なグッズを使い方とともに普及販売する方が効果的とも思われ、また、幸せな家庭生活を送ってほしいなら、ワクチンの推奨をやめた費用で、婚外子のDNA鑑定による父親確定サービスを行うことです。ワクチンを認可し、自らの5人のお子さんのうち3人が婚外子の舛添氏は、東京国家戦略特区を作るといってますが、女性用感染防止グッズとDNA鑑定で出生率を回復する特区を作ってはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です