シンポジウム「原子力安全規制と原子力ムラ」──講師 班目春樹氏、パネリスト 池田信夫氏ほか 2013.12.24

記事公開日:2013.12.24取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月24日(火)、東京都目黒区の東京工業大学くらまえホールで、学術シンポジウム主催によるシンポジウム「原子力安全規制と原子力ムラ」が開催された。講師に班目春樹氏、坂東昌子氏、諸葛宗男氏を迎え、三人の講演後に、パネリストとして池田信夫氏らが加わり討論会が行われた。

■ハイライト

  • 13:35-14:30 特別講演
     「原子力安全委員長の初動活動」 班目春樹氏(元原子力安全委員長)
  • 14:30-15:00 講演1
     「原発事故をめぐる2つの謎・・・原子力委員辞任とビキニ水爆実験」
     坂東昌子氏(愛知大名誉教授/元物理学会会長/現NPOあいんしゅたいん理事長)
  • 15:30-15:50 講演2
     (緊急提言)「いま規制の信頼性向上のためになすべきこと」
     諸葛宗男氏(原子力の安全と利用を促進する会理事、東京大学客員教授)
  • 16:00-17:00 パネル討論
     「いま規制の何が問題か?これからどうするのか??ー信頼と信認の獲得のために」
     パネリスト:池田信夫氏(アゴラ研究所所長)、山崎康志氏(ジャーナリスト)
     モデレータ:澤田哲生氏(東工大)
  • 主催 学術シンポジウム
  • 告知 日本エネルギー会議HP

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です