【IWJ特報発行!】2017年6月号は「国家戦略特区で国民の財産を私物化!? 加計学園による獣医学部新設問題の真相に迫る 日本獣医師会顧問・北村直人氏インタビュー」続編を発行しました!

記事公開日:2017.7.1 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「岩上安身のIWJ特報!」今月(6月)も発行しました!

 6月のIWJ特報は、『国家戦略特区で国民の財産を私物化!? 加計学園による獣医学部新設問題の真相に迫る 日本獣医師会顧問・北村直人氏インタビュー』続編です!

 日本獣医師会顧問の北村氏は、2005年まで約20年間にわたって自民党の衆議院議員を務め、獣医師の現実だけでなく、政界や自民党内の事情にも深く通じる超重要人物!編集・加工をしないIWJをご評価くださり、取材を受けてくださいました!

 獣医学部の新設制限を「既得権益」「抵抗勢力」と位置づける安倍政権。しかし北村氏は、教員不足などの現実を指摘し、「新しい大学ができたら既存の大学から教員が引き抜かれ、満足な授業ができなくなる可能性もある」と獣医学のレベル低下を懸念します!

 獣医学部新設の「4条件」を決めた石破・前国家戦略大臣は同期当選の北村氏に「直ちゃん、これで絶対(新設は)できないよ」と語っていた! 案の定、安倍政権は「石破4条件」を守れず、「総理の意向」で強引に加計学園を選出せざるを得ず!

 今治市に獣医学部ができるメリットはあるのか!? 北村氏が「土地も無償で提供し、数十億円の財政を使って助成をするが、市に獣医師は残らない。全国に散らばる獣医師のために市民の皆さんはお金を費やす」と予測!その根拠はどこにあるのか?

 2014年に加計孝太郎氏が日本獣医師会を訪問?安倍総理の計らいか!? 同行者の加計学園事務長は文科省・天下りの豊田三郎氏!その後、加計氏らはその足で、現在日本中の注目を集めている「当時の文科大臣」に会いに行ったと北村氏が証言!

 「ドラム缶にコンクリートで固められて、東京湾に投げ込まれるかもしれない」〜覚悟を持って告発する北村氏を市民は守らなければいけない! さらに北村氏は「関与していないということはあり得ないでしょ」と安倍総理の関与を断言!

 「直ちに実現に向けた措置を行うよう総理からご指示をいただきました」2016年11月、山本幸三・地方創生大臣が公式の諮問会議でうっかり暴露!? 国家戦略特区が可能にしたのは後進国のような「ネポティズム」に迫る!

 IWJ特報は「まぐまぐ!」からご購読いただけます!→こちらから!

 また、IWJサポート会員の皆さんもご覧いただけます!IWJサポート会員登録は→こちらから!

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です