【IWJブログ・特別寄稿】「生殺しにされているのは私たちの方だ」――「築地女将さん会」が石原元都知事に反論!石原氏が主張する豊洲移転論の実態とは?(ジャーナリスト・横田一) 2017.3.28

記事公開日:2017.3.28 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文・写真:横田一)

 環境基準の最大100倍のベンゼンや、検出されてはならないシアンが検出され、混迷を深める築地市場の豊洲移転問題。

 2017年3月18日から20日にかけて、東京都議会は百条委員会を開き、石原慎太郎・元東京都知事や浜渦武生・元東京都副知事、都中央卸売市場長らを証人喚問した。百条委員会で石原氏は「記憶にない」「担当者に一任していた」という証言を繰り返したため、なぜ土壌汚染が深刻な豊洲に築地市場が移転することになったのか、真相の解明には結びつかなかった。

 百条委員会に先立つ3月3日、石原氏は日本記者クラブで記者会見を開いた。また3月14日には、豊洲移転に反対する「築地女将さん会」が記者会見し、小池百合子・東京都知事宛に7割の水産仲卸業者から集めた豊洲移転反対署名を提出したことを報告した。以下、これらの会見を取材したジャーナリスト・横田一氏の寄稿レポートを掲載する。(IWJ編集部)

築地で働く女性の会「築地女将さん会」が結成!小池百合子都知事宛に豊洲移転反対の署名を提出

 地下水モニタリングで環境基準を上回る有害物質が検出されてもなお、「築地市場の人たちを生殺しにしたのは小池百合子都知事」と批判しながら豊洲移転を主張し続ける石原慎太郎・元東京都知事――。これに対して築地市場で働く女性たちが「生殺しにしているのは石原さん」と現場から抗議の声をあげた。

 2017年1月に結成した「築地女将さん会」が2017年3月14日、7割の水産仲卸業者から集めた豊洲移転反対署名を都に提出し、記者会見に臨み、異議申立てをした。

▲署名提出後、記者会見に臨む「築地女将さん会」

 「女将さん会」結成の思いは「(移転問題について)男の人たちだけに任せてはいられない」ということだ。「女将さん会」は「豊洲新市場への移転計画の中止を求める請願署名」と銘打った署名を集めた。宛先は小池百合子・東京都知事。2016年8月31日の築地移転延期の決断に感謝した上で、移転計画の中止を求めるものだ。

 そして記者会見では山口タイ会長らが「(土壌汚染などで)不安な場所には行きたくない」「ランニングコストが5~7倍かかる豊洲にはついていけない」と移転中止の理由を次々と訴えていった。

 質疑応答に入ると、女性たちが立ち上がった理由についての質問が出た。これを受けて、私は「豊洲移転論」に対する反論を聞こうとして、「石原元知事は科学的根拠を元に豊洲移転を主張、(小池新党幹事長の)音喜多駿都議や橋下徹・前大阪市長(維新法律政策顧問)も同じ考えですが」と切り出した。マグロ仲卸業の岩井令子さんはこう答えた。

 「豊洲は、液状化対策で建築学会の基準を満たしていません。東日本大震災で築地市場は問題なかったのに、豊洲新市場は100カ所以上が液状化した。そんなところで生鮮市場は営業できません」

 仮に現時点で安全でも、発生が確実視される首都直下型地震で豊洲新市場が再び液状化、汚染物質が地上に出てきて安全性が崩れ去る恐れは十分にあるというのだ。

 結局、石原氏は築地市場関係者の代弁をするかのような体裁で小池知事を批判したが、現場の女性たちは小池知事にエールを送る一方で、石原氏を一刀両断にしたのだ。

「混迷、迷走の責任は小池知事にある」――石原元都知事が小池知事を批判!しかし全体としては防戦一方!?

 「座して死を待つつもりはない」と2017年3月3日の記者会見に臨んだ石原氏だが、豊洲新市場の土地売買に関する質問が集中。「豊洲移転は知事就任時に既定路線で、東京ガスとの用地買収交渉も副知事や専門家らに一任」といった苦しい言い訳を繰り返す状況に追い込まれた。

▲会見に臨む石原慎太郎・元東京都知事――3月3日、日本記者クラブ

 ただし、石原氏は防戦の一方で反転攻勢にも出た。「豊洲に移転しないのは小池知事の不作為」「科学が風評に負け、豊洲がこのまま放置されることは国辱だ」と強調しながら、市場関係者を代弁するかのような口ぶりで小池知事批判をした。

 「やるべきことをやらずにことを看過し、築地で働く人を見殺しにし、ランニングコストも補償もべらぼうにある。こうした混迷、迷走というものの責任は今の都知事、小池さんにある」

 記者会見後も両者の対立は激しさを増した。会見の4日後の3月7日、石原氏は小池知事の責任を問う住民訴訟を起こす可能性を示唆した。すでに石原氏に対しては578億円の損害賠償責任を問う住民訴訟が起こされており、東京都が支援する方針を示していたが、これに対する意趣返しをするべく、法廷でも小池知事と争う構えとみせたのだ。

▲東京都の小池百合子知事(撮影はIWJ記者)

 追及を受けても「闘う姿勢」を見せる石原氏だが、説明責任を十分に果たしているとは言い難い。「なぜ莫大な土壌汚染対策費がかかる東京ガスの工場跡地を高値で購入し、移転先にしたのか」という豊洲移転問題の最大の疑問に対して、説得力のある説明をしていないからだ。

 2011年3月に、東京都と東京ガスが「土地売買契約書」と「土壌汚染対策の費用負担に関する協定書」を結んだ際、土壌汚染対策費586億円のうち東京ガスの追加負担は78億円のみで、それ以上の責任は負わない「瑕疵担保責任の放棄(免責)」が盛込まれた。その結果、土壌汚染対策費が860億円に膨れ上がったにもかかわらず、東京ガスにさらなる追加負担を求めることができなくなったのだ。

 なぜ莫大な土壌汚染対策費が必要な“欠陥物件”であったのに、東京都のトップとして石原氏は売主の瑕疵担保責任の放棄を認めたのか。これについての質問が記者会見で集中、私は次のように問い質した。

――(石原氏の)今の回答を聞くと、責任逃れの恥さらしの説明だと思った。いわゆる民間企業の社長にあたる最高責任者の都知事が(東京ガスとの売買契約書に)判子を押したのに、「部下の責任」と言い逃れしている。瑕疵担保責任の放棄を認めて、森友学園と同じようにもっと値引きしないといけない土地を値引きせずに買って、結果的に都民に莫大な損害を与えている。この責任を取る考えはあるのか。それとも今のような責任逃れをして、逃げ回るつもりなのか。「日本男児の愛国者」を標榜される石原元知事のご見解、どちらの道を選ぶのかお聞きしたい。

石原元知事「あの土地をあのコストで購入したことは、私が決めたわけではありません。そのための審議会が、専門家を含めて審議をして決めたことですから。私はそれを是としたわけで、私は売買の専門家ではありませんし」

――売買契約書に判子を押したでしょう。判子を押したということは、(地方自治体の)最高責任者として判断をしたということでしょう。地方自治法を読んでいるのか。会社の社長が責任を取らないのに等しいのではないか。そんな恥さらしの回答をするのか。瑕疵担保責任をどう考えているのか。

石原元知事「私は恥と思っていません。行政の手続きを踏んで上がってきたものを、最高責任者として念を押した上で裁可したのですから」

 瑕疵担保責任の放棄を最高責任者として決定(裁可)したことを認めたのに、それでも石原氏は「(部下や専門家を含めた)行政全体に責任がある」と責任転嫁をしたのだ。

豊洲移転を推進する石原氏が持ち出したのは御用学者・中西準子氏のリスク論

 自らの説明責任を果たさずに小池知事批判をする石原氏が振りかざしたのは、リスク論が専門の中西準子氏の豊洲移転論だ。「現在の土壌汚染基準は厳しすぎるもので、健康被害が出るとは考えられないので、豊洲移転をすべきだ」という主張だ。

 「権威ある科学者の見解を元に自らの主張を正当化する」という石原氏の狙いは明らかだが、中西氏は、埼玉県所沢市のダイオキシン汚染問題の際にリスクを過小評価した”御用学者”として知られている(『所沢ダイオキシン報道』で中西氏を批判)。

▲中西準子著『環境リスク学』(2004年、日本評論社)

 「科学論で判断すべき」という主張に対して小池知事は3月10日、石原元知事の会見後初の定例会見で、こんな疑問を投げかけた。

 「(豊洲移転論に対し)消費者としての理解とその選択に、実際に消費者はそれだけ合理的な考え方をしてくれるのかどうかというのはクエスチョンマークだと思っております」

 石原氏の豊洲移転論は、責任を負わない経済音痴の“タコツボ的専門家”を万能視する戯言といえる。こうした専門家の見解が現実世界では役に立たなきことは次の例を思い浮かべるとよくわかる。

・事例1:校舎はピカピカだが、敷地内にかつて産廃が埋まっていて埋め戻された疑いも浮上した私立のM小学校について権威ある科学者が調査をして「健康被害が出ないレベル」とお墨付きを与えたが、保護者は安心せずに子供を入学させるのを止めた。

・事例2:超豪華タワーマンションで殺人事件が起きて、血に染まった部屋を内装工事。見た目も新築同然で匂いも基準以下にして不動者業者が売り出したが、床面積がほぼ同じ中古の賃貸物件を選ぶ消費者がほとんどだった。

 「理系出身の視野狭窄症傾向の中西氏の主張を、文系出身の小説家・科学信奉者の石原元知事が鵜呑みにして受け売りしている」というのが豊洲移転論の実態であり、現実の世界では役に立たないものなのだ。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


“【IWJブログ・特別寄稿】「生殺しにされているのは私たちの方だ」――「築地女将さん会」が石原元都知事に反論!石原氏が主張する豊洲移転論の実態とは?(ジャーナリスト・横田一)” への 1 件のフィードバック

  1. 清沢満之 より:

    特に日本人消費者は超神経質だからなぁ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です