【トランプ勝利の予測的中!】米国マスコミの異常な「トランプ叩き」は仕組まれた罠だった!?米大統領選挙の裏の裏までせまる!岩上安身が国際情勢解説者の田中宇氏に単独インタビュー! 2016.11.8

記事公開日:2016.11.9取材地: テキスト 動画 独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:岩上安身 文:城石エマ)

 投開票直前になってFBIが訴追を見送ると発表した、ヒラリー候補のメール問題。それを受けた米国主要大手メディアは、ほとんど横並びで「クリントン氏が優勢」と報道した。

 2016年11月8日、まさに米大統領選挙が決戦を迎えた日、岩上安身は国際情勢解説者の田中宇氏にインタビューをした。田中氏は、きっぱりとこう述べた。

▲岩上安身のインタビューに応える国際情勢解説者の田中宇氏
▲岩上安身のインタビューに応える国際情勢解説者の田中宇氏

 「ヒラリー候補の圧勝はない。トランプが勝つか、あるいは拮抗だろう」

 米国と日本のマスコミの「トランプ叩き」は異常だという。

 田中氏は、さらに驚きの事実を述べる。米国の富裕層、特にIT長者たちが、こぞってクリントン氏を支持し、貧困層や弱者の声を代弁して人気を膨れ上がらせていったトランプ氏をこぞってバッシングしているというのだ。ウィキリークスの暴露した情報によれば、なんと検索最大手のグーグルの検索結果が、ヒラリー氏が有利になるよう設定されているのだという。

■イントロ

  • 日時 2016年11月8日(火) 17:30~
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

 岩上安身が2016年3月16日にインタビューを行った京都大学名誉教授の本山美彦氏は、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏、グーグルCEOのラリー・ペイジ氏、アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏といった「IT長者」を「サイバー・リバタリアン」と呼び、彼らによる「トランプつぶし」の実態を明らかにしている。こちらの動画アーカイブもぜひ、あわせてご視聴いただきたい。

 日米のマスコミ報道からは分からない、裏の事情まで読み解いた田中氏は、米国の不正選挙問題や、表からはわからない「隠れトランプ支持者」の存在まで、驚きの分析を次々と展開した。「世界史の大転換になるかもしれない」と田中氏は睨んだ。

 そして運命の8日(米時間)、結果はトランプ氏の勝利となった。田中氏の予測は見事に的中した。選挙システムや米日マスコミの異常なトランプ候補叩きの実態を冷静に分析した田中氏のインタビューは、改めて必見・必読だ。

 以下に、インタビューの実況ツイートを掲載する。

岩上「本日は米大統領選挙の投開票日です。さまざまに歪められた報道をされている米大統領選挙をIWJでは歪めることなく報道します。本日は田中宇さんにお話いただきます。よろしくお願いします」

田中氏「よろしくお願いします」。

岩上「普段は会員限定で田中さんにはご登場いただいていますが、本日は公共性にかんがみて、初のフルオープンです」

田中氏「喫茶店で記事を書くことが多いのでね、話しかけないでほしいなと(笑)」

岩上「ぜひ『田中宇の国際ニュース解説』に会員登録を!

 いよいよ決戦。戦況ですが、直前になってトランプが逆転しつつある。今はヒラリー氏が2%上回っているそうです」

田中氏「実際には5%くらい差があるでしょう。民主党支持者が多いところで世論調査を1%程度かさ増しするだけでも逆転が起こります」

岩上「今、ヒラリー氏のメール問題が出てきています。FBIが捜査をしました」

田中氏「9日間でトランプはずいぶん巻き返しました。今回ははなはだしく民主党・クリントン氏支持を示しています。トランプ支持を表明したところはほとんどない。

 トランプの親戚がやっている『ニューヨーク・ポスト』だけ。社説の多くは『トランプに入れるな』というもの」

岩上「レイシストというところ?」

田中氏「そういう表面的なことですね」

岩上「金を持っている桜井誠が出てきたような感じですね」

田中氏「言っていることをよく聞けば在特会ほど酷いことを言っているわけではありませんよ。米国民レベルでは難民に職を取られていることに不満を持っている人が支持する。トランプはロシアを評価したりすると、マスコミが一斉にトランプを批判し始めた。

 フロリダはスイングステートなので注目が集まります。ペンシルバニアとノースカロライナでトランプが抑えても、ネバダがクリントンに取られれば、トランプが負ける。今回はいくつもいくつもスイングステートがあるんです」

岩上「もともとは民主党支持だった人も共和党に傾き始めていますね」

田中氏「今までは貧しい人たちのための民主党だったのに、ビル・クリントンのときから金融業界とくっつきだして、今じゃグーグルなどの大金持ちとヒラリーが仲良くなってしまった。

 そこでトランプ氏が『悪いのはTPPでありNAFTAだろ』と言って、支持が集まった。マイケル・ムーア監督はヒラリー支持のふりをしていますが、実はトランプ氏支持です。そういうと、違うという人がいるけど、それはムーアを知らなさすぎるよ。

 マイケル・ムーアは『トランプが勝つ5つの理由』とかいう本を書いていて、最後に『でもトランプを打ち負かす方法はある』と書きながら、続きを出していない。オバマも表向きはヒラリー支持だけど、実はトランプ支持だと見てますよ」

岩上「日本のマスコミは『ヒラリー圧勝』と書いてしまっています」

田中氏「圧勝はないと思うよ。拮抗か、トランプが勝つか。トランプを嫌いな人が必ずしもクリントンに入れるとは限らない。米国の放送局もそれは認めています。

 前日までの世論調査はで有利だと思われていたのに逆の結果になる、ということはざらにあります。レーガンもニクソンもそうでした」

岩上「ヒラリーのメール問題でトランプは優勢になってきた」

田中氏「FBIが訴追しなかったことでマスコミは『ヒラリー氏の追い風』と報じているけど、それを見た有権者が『あ、そうなんだ、ヒラリー悪くないんだ!』と思わなければヒラリーの票にはいかないでしょう」

岩上「ヒラリー側はほっとしているでしょうけど、共和党側、あるいは中間にいる人たちは、『FBIって政治的なんだ』と思うだけでしょうね」

田中氏「当局が汚いと分かればわかるほど、アンチエスタブリッシュメント的な気持ちがわいてくる。

 トランプを支持するのはトランプが好きだからではなくて、エスタブに頭きてるからですよ。トランプの演説を見ていると、きさくなんです。テレビマンだからうまい。口が悪くて脇が甘いからマスコミが騒ぐ。

 トランプは討論会などで言い間違いをよく指摘されますがトランプの強さはそこじゃない。一言でヒラリーの言い分をひっくり返してしまうところ」

岩上「シリアやリビアの中東情勢の混乱に拍車をかけたのは、オバマ政権でヒラリーが弁護士だったとき」

田中氏「もしヒラリーが大統領になったら、核戦争にならないような米ロ直接交戦を考えていて、それが世界戦争にならないようにして、ロシアを悪者にする」

岩上「ヒラリーは300ページもの政策集がある」

田中氏「だけどまとめきれない。秀才だけど」

岩上「ヒラリー陣営のスローガンは女性であることを強調しています」

田中氏「強みになるからね」

岩上「女性というところに含まれているのは、優しさとか温かさとか非好戦的とかそういうイメージだよね」

田中氏「ヒラリーはそうではないよ」

岩上「さて、ヒラリーのメール問題です」

田中氏「これはたぶん、他の人もやっていたと思うよ」

岩上「7月5日にいったんメール問題は司法省に刑事訴追しないことで落ち着いてしまったんですよね。それでトランプはカンカンに怒って」

田中氏「トランプとクリントンは出てくるスキャンダルのレベルが全然違う」

岩上「セクハラされたというね」

田中氏「それも本当かどうかわからない。証拠がまったくない。メール問題は米国の上層部の中にクリントンを大統領にしたくない連中がいるんだよ」

岩上「10月28日、投票日直前になってまたFBIが捜査を始めました」

田中氏「FBIがヒラリーをやっつけようとしていた感じはしますね。やっぱり上層部に意図がありますね」

岩上「オバマ大統領は沈黙していたんですね」

田中氏「ヒラリーの支持が下がってからオバマは口を開き、その数日後にFBIが訴追なしを発表。すごくオバマっぽいやり方。最後まで追い詰めたりはしません。トランプはオバマの進化形なの。寸止めがオバマ。トランプは、『必要ねーじゃん!』って」

岩上「FBIが再度訴追見送りを発表したのは投票の直前」

田中氏「コミー長官が個人で判断したことじゃないと思うよ」

岩上「市場のリスク回避ムードが和らいで、株が300ドル以上上昇した。

 さらに、ウィキリークスが、ヒラリー選対のジョン・ポデスタ氏のメールを暴露。ほとんど報道されていないけど、大事です。ビル・クリントン政権時代にクリントン基金がロシアの国営企業からキックバックをもらっていた」

田中氏「当時は米ロは敵対していなかったんだけど、今、妻のヒラリーが『ロシアは悪い』と言い続けているのにこれかよと。日本人としても許せないよね」

岩上「日本は米国に忠誠を誓っておきながら、米国は中ロと関係を築いている。

 ウィキリークスの暴露の中には、ヒラリーが金融業界の講演で平均約2319万円も受け取っていたことも明らかにされました。ゴールドマン・サックスの講演で、ヒラリー氏は石原慎太郎の尖閣購入を『国粋主義者が勝手に』と語った。

 不正選挙のお話にいきましょう」

田中氏「米国の投票機の多くは90年代のマイクロソフトのソフト(CE)を使っている。ROMメモリを差し替えれば、いつでも不正はできてしまいます。証拠があったわけではない。けど、できてしまうという話です」

岩上「サンダース氏の選挙でも選挙不正があった疑いが?」

田中氏「スタンフォードの院生が論文を出した。民主党は『大学院生が出したものだ』と批判していますがヒラリー氏はやっていないと弁明するべきです」

岩上「サンダース氏が勝ってたかもしれない。これまでは不正選挙は共和党のおはこだった?」

田中氏「投票機製造会社の大株主に共和党系の人々がいた」

岩上「なぜサンダース氏は苦情を訴えないのでしょう?」

田中氏「そんなことを言っても、陰謀論と受け取られるだけだから」

岩上「でもトランプは不正選挙があったら選挙結果を認めないと言っているんですね」

田中氏「不正選挙と戦いすぎると、2大政党の間に修復不可能な亀裂を生んでしまう。談合体制なんだ。サンダースは上院議員だから談合の中で生きているから黙るのでしょう」

岩上「マスコミのトランプ叩きの話にいきましょう。討論会で司会者がトランプの発言をさえぎった」

田中氏「普通、討論番組は時間がないはずだから、司会者が口をはさむなんてことはないのに」

岩上「トランプは米国がISを殺すことに消極的だと言ったところだったんですね」

田中氏「司会者が『全然分かってないわね。ちゃんと理由があるのよ』とだけ言って」

岩上「むちゃくちゃですね」

岩上「1回目の討論ではトランプの体調を悪く思わせるために鼻をすする音が混じっていると」

田中氏「トランプがおかしいというから2回目の討論会で僕聞いてみたら、やってるやってる!」

岩上「ヒラリーも倒れましたよね。公式な行事を途中退席したわけです」

田中氏「一時は大統領は無理だろうと言われましたが、その話も消えてしまいました」

岩上「仮に彼女が大統領になっても、体調問題が再浮上する可能性はありますね。

 米国の主要新聞100紙の中にトランプ支持をする社は1社もないと」

田中氏「米マスコミがよほどトランプに脅威を感じているということ。だけどヒラリーのことも好きじゃないから、ヒラリーバンザイと言うわけでもないという」

岩上「オバマには弱者の代表のイメージもあった。結果としてはシリアの内戦に拍車をかけた。悩んでたんだと思います。一方でヒラリーは迷いもなく残酷」

田中氏「分かってなかった可能性もある。リビアのカダフィ大佐を倒してしまったあとどのようになるか。

 イスラエルは実はトランプに大統領になってほしいんです。トランプの娘の旦那がイスラエルの人。関係がすごくいいの。クリントンもイスラエル大好きよと言い続けているけど、トランプは血縁関係ですから」

岩上「安倍総理は訪米してヒラリーにしか会ってない」

田中氏「外務省はヒラリーが勝つと思ってたんでしょう。シナリオ間違い。FBIの捜査を見て、ええ!?となっているはず。ヒラリーは講演で『日本を守る』と言って」

岩上「安倍政権はそれで安心した。

 TPPの側面で見れば、両候補ともこのままではやらないと言っているのに、日本がフライングしたのも、ヒラリーへの貢物みたいなものじゃないですか。各国も引き始めているのに。日本とニュージーランドだけです、前のめりなのは。

 話を戻しましょう。ネット企業もヒラリー支持なんですね。グーグルの経営者であるエリック・シュミットがヒラリーの側近にあてたメールも暴露されていて。グーグル検索はヒラリー有利になるようになっているかもしれない!?」

田中氏「みんな新聞なんかよりグーグル検索をするでしょ。そうするとそこに出てくる順番にみんな洗脳されちゃう。マスコミよりはるかに効率のよいプロパガンダ機関ですよ。フェイスブックもツイッターもグーグルも。政治結託しているんだからすごいよ」

岩上「トランプをレイプ被害で訴えていた『ジェーン・ドウ』さんが訴訟を取り下げた。存在するかどうかも分からないようです」

田中氏「もしでっちあげるんだとしたら、証拠をつけてでっちあげろと」

岩上「大衆扇動には証拠もなくても十分だったんでしょ。

 軍事問題を見るとトランプは『金を出さない日本を米国が守るのはおかしい』と言っていますね」

田中氏「トランプになったとき日本はどういうふうにやっていくのか」

岩上「トランプ氏の側近にネオコンのウールジー氏が就任した」

田中氏「茶番だよ。ウールジーが本当のところなぜトランプの側近なんかになったのか、わかりません」

岩上「しかも経済政策では自由貿易論者でヘリテージ財団の分析者であるのステファン・ムーア氏を起用したと。ムーア氏は石油ガスや鉱山開発の規制を全部撤廃すると」

田中氏「そんな発言付け足しみたいなものです。基本的に米国は破綻に向かっているから何をやっても行き詰まる。トランプになると、エスタブリッシュメントがカバーしてきたその覆いを外すでしょう。世界はかなり混乱する」

岩上「TPPの話にいきましょう。日本では4日に強行採決してしまいました」

田中氏「米国の圧力なのかなんなのか、日本はヒラリーが勝つと思ったから採決を急いだけど、トランプに勝算があるかもしれないと気づいて、山本農水相の失言問題とか言い始めた」

岩上「ドゥテルテの面白いところをちょっと教えてください」

田中氏「見えてきたのは、日本よりはるかに経済的には重要性の低いフィリピンが、米国に『もう嫌いだ』と言っても、米国は無視してくれる、ということです。

 トルコのエルドアンもそうです。米国なんて大嫌いだと。でも米国は、『関係に問題はない』と言っているんです。日本の対米従属論者は『米国を怒らしたら大変なことになる』と言うけど、全然なっていない。

 米マスコミは『ドゥテルテは信用できない』と報じる。要は米国も子分が離れていくと認めたくないんです。インドネシアもそうです。ドゥテルテのテロ対策には学ぶところがあると言っている」

岩上「ドゥテルテは武器を米国ではなく中ロから買うと言い始めたんですよね」

田中氏「もし仮に安倍がドゥテルテのように言い出しても、米国は『関係は良い』と言うだけでしょうね」

岩上「それでは改めてこの大統領選、どちらが勝つと思いますか?」

田中氏「まあ…トランプだと思いますけどね。たとえヒラリーでも、圧勝ということはないと思いますよ。明日は世界史の大転換になるかもしれませんね」

岩上「ありがとうございました」

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です