第48回 69(ロック)の会「進行中の原発事故、その現状」 2016.3.9

記事公開日:2016.3.10取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年3月9日(水)、東京都渋谷区のカフェラウンジUNICEにて、第48回 69(ロック)の会「進行中の原発事故、その現状」が開催された。

■ハイライト

  • オーガナイザー 後藤政志氏(元東芝原発設計技術者、NPO“APAST”理事長)
  • ゲスト 筒井哲郎氏(元プラント技術者、原子力市民委員会規制部会長)、小倉志郎氏(元東芝原発技術者、軍隊をもたないコスタリカの学ぶ会)、阪上武氏(原子力規制を監視する市民の会)です。
  • 内容
    1. 福島第一原発と周辺の状況 ~海側から見た福島第一原発とドローン空撮による減容化施設の現状~ 2月半ばに福島を取材した時の映像(約20分)解説および紹介 ①最近の福島原発の海から見た映像(船からとった動画) ②原発閾値周辺の汚染個所や瓦礫・汚染物の状況 ③減容化施設の状況航空動画(ドローンから撮った映像など) 後藤政志氏、筒井哲郎氏
    2. 原発の規制基準の問題と再稼働 ~高浜4号トラブル、再稼働を巡る状況と原子力規制の在り方がどのようになっているか~ ①「高浜4号機のトラブルと再稼働の問題(仮)」 後藤政志氏 ②「原子力規制のあり方の問題点 ~原発が化学プラントとどのように違うか、プラント技術者の視点から原発の問題を抉り出す~」 筒井哲郎氏 ③「形骸化する原子力規制 ~再び“規制の虜”になりつつある原子力保安院~」 阪上武氏
    3. 「元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ」および「原発を並べて防衛戦争はできない」の著者 小倉志郎氏
  • 日時 2016年3月9日(水) 20:00~
  • 場所 カフェラウンジUNICE(東京都渋谷区)
  • 詳細 ロックの会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です