終戦の日、多くの遺族らが靖国神社を参拝 「安保法制には賛成」「憲法改正を」の声多数 「参拝する会」尾辻秀久参院議員、「総理は過ちのないかじ取りを」 2015.8.15

記事公開日:2015.8.15取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年8月15日。終戦から70年を迎えたこの日、多くの参拝客が靖国神社を訪れた。昼前には最寄りの地下鉄九段下駅から大鳥居まで長い列が伸び、土曜日ということもあってか、参拝客の数は例年よりも多いものとなった。

 安倍総理は、近隣諸国への配慮からこの日の参拝を避け、自民党の議員を通じて玉串料を納めた。他方、安倍内閣の閣僚からは、高市早苗総務大臣、山谷えり子国家公安委員長、有村治子女性活躍担当大臣の3人が参拝した。

 また、超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社で参拝する会」の衆参両院の国会議員67人が靖国神社に参拝した。参拝後、記者会見した会長の尾辻秀久参議院議員は、前日に安倍総理が出した戦後70年談話について聞かれ、「ことばよりも、どのように今後の日本のかじ取りをしていただくかが大事だ。安倍総理大臣に、今後、過ちのない日本のかじ取りをしていただくことを願いたい」と話した。

■「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」記者会見 と参拝者へのインタビュー

  • 日時 2015年8月15日(土)11:30頃〜
  • 場所 靖国神社周辺(東京都千代田区九段北)

 IWJでは、参拝者にインタビューを行った。祖父がシベリアに抑留され、英霊として靖国神社に祀られているという男性は、参拝に訪れた心境を次のように語った。

 「今日は埼玉から来ました。祖父がシベリア抑留で亡くなっていまして、毎年基本的には参拝しています。70年ということもあって来ました。

 首相の靖国参拝については、是非、実現してほしいと思います。日本の首相として、当然やれる国になってほしいなとは思います。(中国や韓国からの反発が予想されることについては)何をしても反発はしてくると思うので、日本としてやれることをやるべきだと思います。

 安保法制については、第一歩目としてはいいんじゃないかと思いますけれどね。将来的には憲法の改正までいくべきだとは思いますね」

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事


“終戦の日、多くの遺族らが靖国神社を参拝 「安保法制には賛成」「憲法改正を」の声多数 「参拝する会」尾辻秀久参院議員、「総理は過ちのないかじ取りを」” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    終戦の日、多くの遺族らが靖国神社を参拝 「安保法制には賛成」「憲法改正を」の声多数 「参拝する会」尾辻秀久参院議員、「総理は過ちのないかじ取りを」 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/258059 … @iwakamiyasumi
    遺族の想いが利用されている。戦没者も浮かばれないよ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/632654839378370560

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です