敗戦から69年 靖国神社参拝客に聞く 20代若者、戦争体験者、遺族の方…それぞれの思い 2014.8.15

記事公開日:2014.8.16取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・原佑介、IWJ・芹沢あんず)

 敗戦から69年目を迎えた8月15日、靖国神社には多くの参拝客が訪れた。千鳥ヶ淵墓苑へ献花した安倍総理は、靖国神社への参拝は行わず、代理を通じて神社に私費で玉串料を奉納した。

 閣僚からは、新藤義孝総務相、古屋圭司国家公安委員長、稲田朋美行政改革担当相の3人が参拝。国会議員では他にも、超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久自民党参院議員)の84人も参拝した。

 IWJはこの日、「参拝する会」による記者会見を中継した他、靖国神社を訪れた一般の参拝客にインタビューし、それぞれの戦争に関する胸のうちを聞いた。

■ハイライト

  • 日時 2014年8月15日(金)11:30〜
  • 場所 靖国神社敷地外周辺(東京都千代田区九段北)

集団的自衛権行使の是非は様々 戦争体験者の声

 戦時中、2人の兄をルソン島と中国で亡くしたという79歳の女性は、靖国神社への参拝を毎年欠かさないという。

 女性は、「(兄の)お骨が返ってこなかったことが、可哀想」と涙ぐみ、「戦争体験者として、戦争の悲惨さはもう見たくないです」と訴える。

 「親が可哀想です。子どもを亡くした親というのは、なかなか癒えないと思います。自分は兄弟で一番年上なので、両親はもういませんが、参拝へ来ています。戦争は2度とやってもらいたくありません。小さい時の経験もあまりいいものではないです。この歳になると難しいことは分かりませんが、安倍総理は戦争に反対してほしいです」

 小学3年生のときに終戦を迎えた77歳の男性は、「集団的自衛権は非常に結構なことです」と語り、行使容認の閣議決定を支持する考えを述べた。加えて、「集団的自衛権の内容は、まだ物足りなく感じます。現場の判断に任せると、現場の対応が遅れるのではないかと懸念しています」と話した。

 「現在の日本は無関心な世代が多いと思います。ただ、『平和、平和』と言うだけではなく、平和のためには何をすれば良いのか。それを安倍さんは考えている」

 友人同士で参拝に訪れた男女のグループは、「今、戦争になったら科学の力で地球が絶滅してしまいます。戦争だけはしてはいけません。今後、もし日本で戦争が起きても、戦争には参加できません」と訴えた。

 さらに、「今後、おそらく日本は、戦争になる前に解決すると思うので、戦争を行うことはないと思います。武器の怖さを皆さん分かっていますし、広島や長崎に落ちた原爆の怖さも分かっています。福島の原発事故からも分かるように、科学の時代になっています」と語った。

 インタビューに対し、「日本は間違っている! 」と、声を荒げる男性も。男性は、「戦争で罪のない善良な市民が数多く亡くなっています。日本は過去の歴史に学び、今後、戦争をするべきではありません」と断言する。

 集団的自衛権行使の閣議決定に触れ、「第2次大戦後、米国が日本に入ってきたということで、日本は米国をとても恨んだ歴史があります。なので、他国で戦うなんてありえないです。現行の憲法は、戦争をやらないと宣言しています。そして、今までの69年間戦争をしないできました。今後も戦争をやるべきではありません」と主張した。

 また、「日本は1192年の鎌倉時代から、大政奉還まで、多くの戦をしてきました。たった一人の大名を決めるために、どれだけ多くの人が血を流してきたか。戦というのは、大変な損害。武将の命はもちろん、一族郎党の命が取られ、土地が取られます。トップには、責任があります」と戦争の歴史を振り返り、安倍総理の責任の重大さと、反戦を強く訴えた。

若者の戦争への思い

 一人で参拝に訪れていた26歳の男性は、「戦争は、やらない方が良いですけど、攻められてきて、国民の命や財産を奪われそうになるならば、武器を取る必要がある。でなければ、奪われてしまいますから」と、自衛戦争の必要性を語った。

 「(戦地となる外国に)日本の国民がいたり、日本にとって国益があるならば行くべき。日本にとって国益がないならば、行くのはちょっと、どうかと思いますけど」

 大学の学習の一環で靖国神社を見学にきた21歳の女性と20歳の男性にも話を聞いた。

 女性は、「8月15日は、平和がきた日と思っていたので、これまで天皇陛下については考えていませんでした。なので、自分とは違う考えを持っている人がいるということを知れてよかったです」と感想を口にした。

 また、「女性は、直接戦争に行くことはないと思うけど、愛する人を失うことにはなります。戦争は悲しみや憎しみしか生まないと思うので、私は戦争反対です」と、戦争反対を明確に訴えた。

 一方、男性は、「もし、集団的自衛権で、再び戦争の傘下に巻き込まれることになるなら、この靖国神社の存在意義が失われると思います。靖国神社は、英霊を祀っている。ここは、戦争の悲劇を起こさないための象徴だと思っている」との見解を提示する。

 「私たちが平和を享受できているのは、英霊たちの命の犠牲よるものだと、靖国神社を見て、実感している。それをどのように政治、生活に反映していくかというのを考えるのは、20歳になり、参政権も持ったので、自分たち国民としての義務だと考えます」

 最後に男性は、「武力で解決するのは、必ずしも望ましい道ではないと思うので、戦争は反対です」と強調した。

「8月15日は、霊を弔う静かな日であって欲しい」と遺族

 「父親が憲兵で、捕虜として最後の引き上げ船で帰還した」と話す女性は、日本が敗戦したこの日について、「今日は戦争が終わった日。戦友のために参拝する、そういう静かな日であって欲しいと思います」と祈るように述べた。

 「毎年、父は戦友のために、靖国神社や友達のお墓に行っていました。父が十数年前に亡くなったので、私は代わりにきています。捕虜なので、ソ連に行き、憲兵隊という罪の重い仕事をされたみたいで。父は、骨と皮になって帰ってきました。父が毎年参拝にくる理由には、『お前が先に死んだら俺がお参りをしに行くよ』というような、戦友同士の約束があったみたい」

 また、「私は、8月15日に、靖国神社で年老いた人たちを見たら、戦友仲間できているのかなと思います。外の方で、ごちゃごちゃいろんな演説をしているような方もいる。しかし、今日は演説を行うような日ではなくて、戦争を後の人に伝えるために話を聞く、語らいの日なのではないかと思います」と話し、最後に、「戦争は好きではない、悪いこと」と語った。

自民党尾辻議員「心静かに感謝の誠をささげた」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です