「第69回 日本の司法を正す会」 関東学院大学名誉教授・足立昌勝氏を招いて(仮) 2015.4.7

記事公開日:2015.4.7取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 共謀罪|特集 秘密保護法

 2015年4月7日(火)15時より、東京都千代田区の村上正邦事務所にて、関東学院大学名誉教授・足立昌勝氏をゲストに招いて、「第69回 日本の司法を正す会」が行われた。

■ハイライト

  • ゲスト 足立昌勝氏(関東学院大学名誉教授)/インタビュー及び進行 青木理氏(ジャーナリスト)
  • 日時 2015年4月7日(火) 15:00~
  • 場所 村上正邦事務所(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“「第69回 日本の司法を正す会」 関東学院大学名誉教授・足立昌勝氏を招いて(仮)” への 1 件のフィードバック

  1. うみぼたる より:

    盗聴法を窃盗や詐欺に用いれば、たとえば、オレオレ詐欺の捜査で一般の人たちを令状なしに捜査できるようになるのでしょうか。
    マイナンバー法も閣議決定しただけなのに新聞に広報が出ましたが、マイナンバーと盗聴法が組めば、
    例えば医療費の滞納を窃盗や詐欺と見なす悪用もできるのではないか。
    盗聴法は都道府県で先に予算化するという話でしたが、平成27年度予算で警察の詐欺防止プロジェクトが3500万円も増加。ガックリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です