特定秘密保護法、参院公聴会強行実施へ、参院会館前で市民が抗議集会 2013.12.3

記事公開日:2013.12.3取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:IWJ・石川優、記事構成:IWJ・ゆさこうこ)

 与党は、今国会会期内に参院本会議で特定秘密保護法案を可決・成立させようとしており、5日の参院国家安全保障特別委員会で強行採決を行う方針である。このスケジュールに合わせるため、法案採決の前提となる地方公聴会の開催が決められた。地方公聴会は4日午後にさいたま市で開かれる。

 この日も本法案に反対する抗議集会が参院会館前で行われた。廃案を求めるスピーチが行われるとともに、自民党の石破茂幹事長が自身のブログで、同法案に反対し議員会館前で抗議を続ける市民らを「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない」と記したことに対する批判の声が止まなかった。

 抗議集会には、新聞労連や出版業界関係者も参加し、市民と連帯して断固反対の声を挙げ続けていくと抗議行動参加者に呼びかけた。4日から6日にかけて、ヒューマン・チェーンや座り込みなどの抗議行動が続けられる予定である。

■全編動画

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です