【集団的自衛権行使容認】「市民が、当たり前の生活を送ることができなくなる」 〜岩上安身によるインタビュー 第451回 ゲスト 山中光茂・松阪市長 2014.8.23

記事公開日:2014.8.24取材地: テキスト動画独自

特集 集団的自衛権
※サマリー記事を追加しました(9月1日)。

 安倍内閣による集団的自衛権行使の閣議決定に対し、7月17日、違憲訴訟と国家賠償請求を行うことを表明した、市民団体「ピースウイング」が発足の記者会見を行った。会見において、代表である三重県松阪市の山中光茂市長は「集団的自衛権の閣議決定は暴挙であり、憲法違反」と安倍政権を厳しく批判した。


元三重県職員・珍道世直氏講演「私が『集団的自衛権の行使容認は憲法違反』と提訴したわけ」 2014.8.9

記事公開日:2014.8.9取材地: 動画

 安倍政権が憲法解釈の変更によって集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を行ったことは憲法に違反するものだとして、7月11日、三重県元職員の珍道世直(ちんどう・ときなお)氏が安倍首相ら全閣僚を相手に閣議決定の無効確認などを求めて東京地裁に提訴した。

 これに関し、8月9日(土)13時半より、三重県津市の津センターパレスで珍道氏の講演会「私が『集団的自衛権の行使容認は憲法違反』と提訴したわけ」が行われ、珍道氏が提訴の内容や提訴した理由について説明した。


山中光茂 松阪市長「集団的自衛権の閣議決定は違憲!国家賠償請求を行なう」 〜「ピースウイング」発足会見 2014.7.17

記事公開日:2014.7.21取材地: テキスト動画

 「ひとりの愚かな為政者、ひとつの愚かな政権のために、当たり前の幸せを台無しにすることはできない。われわれは平和的生存権に基づいて、国家賠償請求を行っていく」──。

 2014年7月17日(木)、三重県松阪市の松阪市産業振興センターにて、「ピースウイング」を立ち上げた松阪市の山中光茂市長と、「ピースウイング議員の会」による、発足共同記者会見が行われた。

 山中市長を中心とした市民団体「ピースウイング」と、松阪市議会議員5名と他府県40名の地方議員による「ピースウイング議員の会」の発足を報告。安倍内閣による集団的自衛権行使の閣議決定に対し、集団訴訟、国家賠償請求を行い、司法の場で糾弾していくことを表明した。

 山中市長は会見で、「集団的自衛権の閣議決定は暴挙であり、憲法違反。国民の生存権が害され、未来を生きる子どもたちの幸せが壊される。その不利益を拒否をするためにも、安倍政権に『ノー』を突きつけなければならない」と語った。


7.13 芦浜のたたかい50周年記念行事 芦浜原発を止めた町 50年の歴史から知ること学ぶこと 2014.7.13

記事公開日:2014.7.13取材地: 動画

 2014年7月13日(日)、三重県総合文化センター フレンテみえ 多目的ホールにて、「7.13 芦浜のたたかい50周年記念行事 芦浜原発を止めた町 50年の歴史から知ること学ぶこと」が開催された。

 このイベントは、かつて三重県にあった原発建設計画が、50年を経た現在まで行われなかった記念行事として開催されたもので、その歴史を学ぶために、講演とリレートークが行われた。


「なぜ、憲法改正? 平和憲法は何のため?」 〜糸数慶子議員、沖縄の歴史と現状から憲法問題に切り込む 2014.5.10

記事公開日:2014.5.10取材地: テキスト動画

 「沖縄県民が望んだのは、米軍基地がなくなって、本土と同じ人権が約束されて、憲法9条のもとに帰ることだった。しかし、復帰しても変わらない。まだまだ沖縄が犠牲になろうとしている。沖縄の人々の人権が憲法で守られていないということだ」──。

 2014年5月10日、三重県の四日市市総合会館にて「沖縄の風よ薫れ」と題した講演会が開催され、「沖縄と憲法・国会」をテーマに、沖縄選出の参議院議員、糸数慶子氏が講演を行った。糸数氏は、太平洋戦争の沖縄戦で、本土決戦を遅らせるために、沖縄が日本から切り離された事実を述べ、「ここから差別が生まれ、今も続いている」と指摘した。


「日本人は安全なエネルギーをみつけて、人々の健康を守って」 チェルノブイリで被曝した少女が語る28年 2014.4.26

記事公開日:2014.4.26取材地: 動画

 「4歳で被曝し、13歳の時に甲状腺がんと診断された。がんと言われるまで病気はしていなかったが、疲れやすかったり、頻繁に鼻血が出たり、頭痛が起きたりしていた」──。チェルノブイリ原発事故で被曝し、甲状腺がんを患ったシネオカヤ・インナ氏は、自身の体験を語った。

 チェルノブイリ原発事故から28年となる2014年4月26日、三重県津市の津リージョンプラザお城ホールにて、「チェルノブイリ・福島 いのちは宝」が行われた。ウクライナから招かれたシネオカヤ・インナ氏が、幼児期から甲状腺被曝を抱えて生きてきた人生を振り返った。


「安倍政権を支持する若者たちも、憲法改正の被害者になりうる」講演 中谷雄二弁護士 〜秘密保護法を廃止に! 2014.3.29

記事公開日:2014.3.29取材地: テキスト動画

 「対外的な危機感を煽り、国民に我慢を強いる。不満や疑問はナショナリズムで押さえつける。今の時代、一人ひとりがよく考えないと、えらい所に連れて行かれる」──。

 2014年3月29日、三重県津市の三重県教育文化会館で、「秘密保護法に反対する市民ネットワーク・三重」主催の集会が開催され、弁護士の中谷雄二氏が「〈憲法情勢〉と秘密保護法撤廃の闘いの展望」と題して講演を行った。

 中谷氏は、安倍政権による改憲の動きと、その非民主的な進め方に危機感を表明した上で、「しかし、憲法96条の先行改正は大きな批判を受け、強引に進められなくなった。秘密保護法も、廃止を求める運動を盛り上げていくことが重要だ」と力説した。


ほなっ、さいなら原発 in 四日市 2014.3.11

記事公開日:2014.3.11取材地: 動画

特集 百人百話|特集 3.11

 2014年3月11日(火)15時より、三重県四日市市の諏訪公園で、「ほなっ、さいなら原発 in 四日市」のライブ&トークが行われた。その後、参加者らは脱原発を訴え、市内をデモ行進した。


3.9さようなら原発 三重パレード 2014.3.9

記事公開日:2014.3.9取材地: 動画

特集 3.11

 2014年3月9日(日)12時過ぎより、三重県津市で40団体以上が主催し「3.9さようなら原発 三重パレード」が行われた。お城西公園での集会の後、参加者が中部電力三重支店前を通ってパレードを行った。


「普段から意識してオープンなネットワークを作ろう」 〜座間宮ガレイさんお話会 in 三重 2014.2.22

記事公開日:2014.2.22取材地: テキスト動画

 「同じ内容でも、どう伝えるか。目が止まる情報は、何が違うのか。それを考えることが、インターネットの可能性を広げる」──。

 2014年2月22日、三重県津市のアスト津において「座間宮ガレイさんお話会 in 三重」が行われた。ブログやTwitter、Facebookなどを通じて、原発事故情報や反原発運動、選挙などの情報を発信している座間宮ガレイ氏。インターネットを利用することで、人と人を結びつけるネットワークを作り、「地元のことは、地元が決めていく」という意識で選挙に参加することが、日本全体を変えていくことにつながると語った。


脱原発四日市パレード 2013.9.15

記事公開日:2013.9.15取材地: 動画

 2013年9月15日(日)15時より、三重県四日市市で「脱原発四日市パレード」が行われた。主催者のひとりは、福島事故後、東京・高円寺で行われた脱原発デモの若者の姿を見て「原発に無関心で申し訳ない」との気持ちで四日市でのパレードを始めたのだと言う。


公開シンポジウム「自然と共存するエネルギーのまちへ」 2013.4.14

記事公開日:2013.4.14取材地: テキスト動画

 2013年4月14日(日)13時から、三重県伊勢市のハートプラザみそので、「公開シンポジウム『自然と共存するエネルギーのまちへ』」が行われた。講演では、自然エネルギーへの転換を掲げるドイツの事例を紹介しながら、エネルギーシフトを実現するための政策、地域コミュニティの重要性が語られた。


三重からみつめた東日本大震災 ~被災地・被災者・避難者の2年、そして今~ 2013.3.17

記事公開日:2013.3.17取材地: テキスト動画

 2013年3月17日(日)13時から、三重県津市の、みえ県民交流センターで、みえ災害ボランティア支援センター主催の「三重からみつめた東日本大震災 ~被災地・被災者・避難者の2年、そして今~」が開かれた。東日本大震災と原発事故から2年。世間の関心が薄れていく中、避難者や被災者の支援活動を続けてきた、三重県在住のボランティアの人たちが思いを語り合った。


3.10さようなら原発 三重パレード 2013.3.10

記事公開日:2013.3.10取材地: 動画

 2013年3月10日(日)、三重県津市で「3.10さようなら原発 三重パレード」が行われた。


第4回 原発卒業えじゃないかパレード 2013.3.10

記事公開日:2013.3.10取材地: 動画

 2013年3月10日(日)10時より、三重県伊勢市で「第4回 原発卒業えじゃないかパレード」が行われた。主催は、311命○ありがとうフェスタ in 伊勢・実行委員会。外宮前いせ市民活動センター前に集合し、約1時間、外宮参道をパレードした。参加者達は鳴り物に合わせ「命輝く地球にしよう」「原発卒業ええじゃないか」などとリズミカルにシュプレヒコールをし、街を練り歩いた。


ほなっさいなら原発 in 四日市 2013.3.9

記事公開日:2013.3.9取材地: 動画

 2013年3月9日(土)13時より、三重県四日市市の四日市市民公園で「ほなっさいなら原発 in 四日市」が行われた。主催は、放射能ええかげんにせん会。ダン川島、よっかいち割烹着~ず、えぐれ☆ささしま、などのアーティストによるライブの後、リレートークと市内パレードが行われた。参加者たちは「原発いらない」「再処理反対」などとシュプレヒコールをしながら、アーケード街を練り歩いた。


広域がれき処理の前線地・三重県伊賀市の住民グループが、受け入れ中止を決めた松阪市長に直撃 「知事判断のここがオカシイ」 2012.9.1

記事公開日:2012.9.1取材地: 動画

 2012年9月1日(土)、松阪市役所で、広域がれき処理の前線地・三重県伊賀市の住民グループが、受け入れ中止を決めた松阪市長に直撃 「知事判断のここがオカシイ」が行われた。


「東日本大震災のがれき処理」のあり方を考えるシンポジウム 2012.5.27

記事公開日:2012.5.27取材地: 動画

 2012年5月27日(日)、松阪市産業振興センターで行われた、「東日本大震災のがれき処理」のあり方を考えるシンポジウムの模様。