下地真樹氏(阪南大学准教授)逮捕に関する記事まとめ

2012/08/30 東日本大震災により生じた廃棄物の広域処理に関する説明会

2012/10/21 下地真樹 阪南大学准教授インタビュー

2012/12/07 【大阪】12月7日 関西電力本店前抗議

2012/12/09 【大阪】「予期された」下地真樹氏逮捕

2012/12/10 【大阪】大阪府警曽根崎警察署前抗議行動

2012/03/25 みんなの力でがれき処理プロジェクト街頭キャンペーン@北九州小倉駅前

予定時間を少し回った11時40分頃、細野大臣が姿を現し街頭演説、被災地の窮状と震災がれきの広域処理への理解を求め訴えた。その後、大臣自らチラシを手にし、道行く人々に手渡すパフォーマンス。「頑張ってください」とにこやかに握手を求める住民と、受け取りを拒否する住民と、反応はさまざまだった。受け入れ反対派の市民からは、がれき拡散の撤回を求める悲痛な訴えが上がり、終盤、反対派市民数名と大臣との対話も行われたが、話は平行線をたどった。

記事を読む ▶

2012/02/25 練馬区・宮城県女川町の災害廃棄物の受け入れに関する住民説明会(2回目)

会場から「学校の校長先生もこの説明会のことを知らない。この焼却場の周辺は幼稚園も小学校も中学校も高校もあり、放射性物質の影響を受けやすい子ども達が沢山いる。バグフィルターでは100%取れない以上危険性は否めない筈だが、教育機関へきちんとした説明はしたのか」との質問が出たが、「昨年の6月から排ガス等の測定をしているがND(検出限界未満)である」などといった答えが繰り返された。

記事を読む ▶