ここが問題—原子力規制委員会 —再稼働ありき?断層調査/防災指針/新安全基準の議論の行方— 2012.12.1

記事公開日:2012.12.1取材地: 動画

 2012年12月1日(土)、東京・水道橋の全水道会館4階大会議室にて「【討論集会】ここが問題—原子力規制委員会 —再稼働ありき?断層調査/防災指針/新安全基準の議論の行方—」が行われた。


セミナー「チェルノブイリから学ぶ~ウクライナの子どもたちは今」 吉田由布子氏講演 2012.11.22

記事公開日:2012.11.22取材地: テキスト動画

 2012年11月22日(木)、東京都千代田区の参議院議員会館で、「セミナー『チェルノブイリから学ぶ~ウクライナの子どもたちは今』」が、福島老朽原発を考える会、FoE Japanの主催により開かれた。ゲストスピーカーは、「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク事務局長の吉田由布子さん。チェルノブイリ事故後、現地に赴き、健康被害の調査などを行なってきた吉田さんは、チェルノブイリ原発事故と今回の福島第一原発事故を比較しながら、問題提起を行った。


福島市渡利・大波の空間線量率および土壌汚染調査結果に関する記者会見 2012.11.15

記事公開日:2012.11.15取材地: テキスト動画

 2012年11月15日(木)、参議院議員会館で、「福島市渡利・大波の空間線量率および土壌汚染調査結果に関する記者会見」が開かれた。福島原発事故から1年7ヶ月が経過した10月14日、フクロウの会とFoE Japanは、福島県渡利・大波地区の放射能汚染調査を行った。最も高い箇所で空間線量が4.4μSv/h、土壌中のセシウム濃度が500,000Bq/kgを超える汚染を確認。メディアに報じられない中、除染を待つ住民が、未だ高線量の放射線に曝露されている実態を報告し、除染効果そのものに対し、強い疑問を呈した。


緊急集会 これでいいのか?「原子力規制委員会」~市民の声の届かぬ5人の「専門家」が、重大事項を次々決定!?~ 2012.10.18

記事公開日:2012.10.18取材地: テキスト動画

 2012年10月18日(木)11時から、東京都千代田区の参議院議員会館で、「緊急集会 これでいいのか?『原子力規制委員会』~市民の声の届かぬ5人の『専門家』が、重大事項を次々決定!?~」が行われた。

 これは、市民への対応、運営手法等、原子力規制委員会と規制庁のさまざまな問題点を検証することを目的とした市民集会である。また、原子力規制委員会の場において、公安警察が傍聴の市民を監視していた事実が発覚した事を受けて、公安問題に焦点をあてた記者会見も、同時に行われた。


記者会見 尿検査をうやむやに? ~秘密会の果たした役割を市民が検証

記事公開日:2012.10.18取材地: テキスト動画

 2012年10月18日(木)、東京都千代田区の参議院議員会館で「記者会見 尿検査をうやむやに? ~秘密会の果たした役割を市民が検証」が行われた。多くの県民が、要求してきた尿検査の問題がどう扱われたのかということを通して、公開討論会の前に行われた秘密会の具体的な問題点とその後の県の対応について、福島老朽原発を考える会によって検証が行われた。


Jパワー前、抗議行動「大間原発建設中止を!」「函館市長さん、がんばれ!」~危険なフルMOX原発にノー! 2012.10.15

記事公開日:2012.10.15取材地: 動画

 2012年10月15日(月)、東京都中央区の電源開発株式会社(Jパワー)本店で、「Jパワー前、抗議行動「大間原発建設中止を!」「函館市長さん、がんばれ!」~危険なフルMOX原発にノー!」が行われた。


規制庁交渉 大飯原発破砕帯・新安全基準について 2012.10.5

記事公開日:2012.10.5取材地: テキスト動画

 2012年10月5日(金)、参議院議員会館で、「規制庁交渉 大飯原発破砕帯・新安全基準について」が行われた。市民と原子力規制庁の交渉は今回が初めてで、主催したのは「フクロウの会」、「FoE Japan」、「美浜の会」、「グリーン・アクション」の4団体。この交渉は、市民側が9月29日に、原子力規制委員会の田中俊一委員長宛に提出した質問・要望書に政府側が回答する、というかたちで行われた。しかし、規制庁が委員に要望書を見せていないことが判明し、さらに質問に対して見当はずれの回答を繰り返す場面が何度もあり、規制庁の旧態依然とした官僚体制が露になった。


大間原発建設再開反対!緊急抗議行動 2012.10.1

記事公開日:2012.10.1取材地: 動画

 2012年10月1日(月)、東京都中央区の電源開発株式会社(Jパワー)本店前で、「大間原発建設再開反対!緊急抗議行動」が行われた。


原子力規制委員会前アピール~違法人事に抗議、大飯原発を止めて 2012.9.28

記事公開日:2012.9.28取材地: 動画

 2012年9月28日(金)、東京都港区の原子力規制庁舎前で、「原子力規制委員会前アピール~違法人事に抗議、大飯原発を止めて」が行われた。主催はFoE Japanとフクロウの会。FoE Japanの満田夏花氏は、「しんぶん赤旗」を記者会見から排除した規制委員会の態度を問題視。規制委員会の透明性は、原子力安全・保安院や原子力安全委員会以下であると厳しく指弾した。参加者は口々に「規制委員会人事白紙撤回!」のシュプレヒコールを上げた。


9・14原子力ムラ人事にノー!野田内閣の暴挙に抗議!規制庁準備室前ヒューマンチェーン 2012.9.14

記事公開日:2012.9.14取材地: 動画

 2012年9月14日(金)、中央合同庁舎4号館前で行われた「9・14原子力ムラ人事にノー!野田内閣の暴挙に抗議!規制庁準備室前ヒューマンチェーン」の模様。


規制委員会人事案撤回!/大飯原発破砕帯調査を! 「活断層あっても運転可能に」に大抗議! 2012.9.14

記事公開日:2012.9.14取材地: テキスト動画

 2012年9月14日(金)、経済産業省別館前で『規制委員会人事案撤回!/大飯原発破砕帯調査を! 「活断層あっても運転可能に」に大抗議!』が行われた。


9・10原子力ムラ人事にノー! 野田総理・細野大臣は白紙撤回を!官邸前抗議&ウォーク 2012.9.10

記事公開日:2012.9.10取材地: 動画

 2012年9月10日(月)、首相官邸前で行われた『9・10原子力ムラ人事にノー! 野田総理・細野大臣は白紙撤回を!官邸前抗議&ウォーク』の模様。原子力規制委員会の人事案について野田首相は、例外規定を使い、国会同意なしで、原子力規制委員会の委員長及び委員の任命を進めようとしてると言われている。

 これに反対して、福島老朽原発を考える会、国際環境NGO FoE Japan、原発を考える品川の女たち、プルトニウムなんていらないよ!東京ら各団体が共同して、抗議行動を行った。冒頭でスピーチをしたFoE Japanの吉田氏は「市民が提案した代替の人事案を作成したが、そこで選ばれた人には規制委員会準備室から何の打診もなかった。これについては何度も準備室に問い合わせたが『人事問題なので明らかにできない、回答できない』というものだった。」と報告した。


9・7 原子力ムラ人事にノー!野田首相、細野大臣は白紙撤回を!規制庁準備室前ヒューマンチェーン 2012.9.7

記事公開日:2012.9.7取材地: 動画

 2012年9月7日(金)、中央合同庁舎4号館前で行われた「9・7 原子力ムラ人事にノー!野田首相、細野大臣は白紙撤回を!規制庁準備室前ヒューマンチェーン」の模様。

 規制庁準備室(正式には、内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室)は、原子力規制委員会人事案の撤回について、具体的な理由を付して要請する市民との会合を、三度にわたってを拒否した。この態度と、人事案そのものを不服とし、福島老朽原発を考える会/国際環境NGO FoE Japan/原発を考える品川の女たち/プルトニウムなんていらないよ!東京/経産省前テントひろば/再稼働反対!全国アクション、といった複数団体の共同主催により、規制庁準備室前で抗議行動が行われた。20時で終了する官邸前抗議の後に参加できるよう、時間は20:15〜21:00に設定され、マイクアピールの後は、庁舎を人間の鎖で取り囲んだ。


規制委員会人事案撤回!/大飯原発破砕帯調査を!「活断層あっても運転可能に」に大抗議! 2012.9.7

記事公開日:2012.9.7取材地: 動画

 2012年9月7日(金)、経済産業省別館前で行われた「規制委員会人事案撤回!/大飯原発破砕帯調査を!「活断層あっても運転可能に」に大抗議!」の模様。主催は、福島老朽原発を考える会/国際環境NGO FoE Japan/原発を考える品川の女たち/プルトニウムなんていらないよ!、といった複数団体の共同によるもの。

 原子力規制委員会の人事案について、野田首相は例外規定を使い、国会同意なしで原子力規制委員会の委員長及び委員の任命を進めようとしている、と言われている。FoE Japanの満田氏は、「そもそも国会の同意が必要な人事案を、国会での同意が困難だからといって先送りにし、人事案をごり押しすることは、法律の濫用。国会の存在意義を踏みにじり、民意を完全に無視した対応」と訴えた。


原子力ムラ人事にノー! 8・27 規制庁準備室前、抗議行動 2012.8.27

記事公開日:2012.8.27取材地: 動画

 2012年8月27日(月)、中央合同庁舎4号館前で行われた「原子力ムラ人事にノー! 8・27 規制庁準備室前、抗議行動」の模様。
 第一部は16時45分から18時まで、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、国際環境NGO FoE Japan、原発を考える品川の女たち、再稼働反対!全国アクション、福島原発事故緊急会議、プルトニウムなんていらないよ!そして経産省前テント村の共同主催によって行われた。
 第2部は18時から「首都圏反原発連合」の有志の呼びかけにより行われた。終了予定時刻の20時には拡声器を用いたスピーチはできなくなったものの、怒りの収まらない参加者が生声と手拍子によるシュプレヒコールを続け、抗議行動は実に22時頃まで続いた。


原子力人事にNo! 国会前抗議行動 2012.8.21

記事公開日:2012.8.21取材地: 動画

 2012年8月21日(火)、衆議院第二議員会館前で、「原子力人事にNo! 国会前抗議行動」が行われた。

 原子力規制委員会の人事案は、「原子力ムラの影響の排除」「利用と規制の分離」「国民の信頼の回復」など、規制委員会設置法の趣旨に反するだけでなく、原子力事業者の委員への就任を禁じた原子力規制委員会設置法第7条第7項の規定に違反していることが指摘されているが、お盆明けにも国会採決が強行される見通しとなっている。これに対して、国際環境NGO FoE Japan、福島老朽原発を考える会、原発を考える品川の女たち、プルトニウムなんていらないよ!東京、各団体が中心となり、多くの国会議員が行き来する議員会館前で、抗議とアピール行動を行った。


子どもたちの尿検査から見えてきた放射能汚染の実態 2012.8.18

記事公開日:2012.8.18取材地: テキスト動画

 2012年8月18日(土)、東京都千代田区東京しごとセンターで行われた「子どもたちの尿検査から見えてきた放射能汚染の実態」の模様。福島老朽原発を考える会(フクロウの会)が昨年5月から、福島を中心とした東日本の子どもたちに対して行って来た尿検査の実態の報告が行われた。また、検査を委託したフランスの放射能測定 NGO“ACRO”の理事長である D.Boilley(ボアイユ)氏も参加し、「内部被ばく防止のためにどうすれば良いか」を、事例をもとに説明した。


FoE Japan 満田夏花氏/福島老朽原発を考える会 阪上武氏インタビュー 2012.8.15

記事公開日:2012.8.15取材地: テキスト動画独自

 2012年8月15日(水)、初沢スタジオで、FoE Japan 満田夏花氏/福島老朽原発を考える会 阪上武氏インタビューが行われた。


環境省前・規制委員会人事撤回!抗議集会・ヒューマンチェーン 2012.8.3

記事公開日:2012.8.3取材地: 動画

 2012年8月3日(金)、環境省前(合同庁舎5号館前)で、「環境省前・規制委員会人事撤回!抗議集会・ヒューマンチェーン」が行われた。


原子力規制委員会人事問題・・緊急政府交渉および署名提出 2012.8.1

記事公開日:2012.8.1取材地: テキスト動画

 2012年8月1日(水)、衆議院第一議員会館で、NGO FoE Japan、福島老朽原発を考える会らの主催による、原子力規制委員会人事問題院内集会が行われた。新たに発足する原子力規制委員会の人事案について、海渡弁護士は、原子力規制委員会設置法7条7項に照らし、「公然と違法している」と指摘した。