日雇い労働者はずし!!「常用労働者の定義変更」が全てに影響を及ぼしている!黒幕は誰だ!? ~2.13勤労統計不正「賃金偽装」野党合同ヒアリング・毎月勤労統計の不正問題等について 2019.2.13

記事公開日:2019.2.14取材地: 動画

 2019年2月13日(水)17時より東京都千代田区の衆議院本館にて、勤労統計不正「賃金偽装」野党合同ヒアリングが開かれ、毎月勤労統計の不正問題等について厚生労働省、総務省、財務省、内閣府に問いただした。


明石順平氏「ソノタノミクス。GDP改定の際、国際的GDP算出基準と全く関係ない『その他』という項目でアベノミクス以降を『かさ上げ』し1990年代を『かさ下げ』した」~2.8「賃金偽装」野党合同ヒアリング 2019.2.8

記事公開日:2019.2.8取材地: テキスト動画

 「GDPのかさ上げは、国際的GDP算出基準に全く関係のない『その他』という部分でなされている。私はこれを『ソノタノミクス』と名付けた」

 2019年2月8日正午から、東京都千代田区の衆議院にて行われた、13回目の「勤労統計不正『賃金偽装』野党合同ヒアリング」に参加した弁護士の明石順平氏は、上記のように語った上で、「それでも消費低迷を覆い隠すことができない。まさに、アベノミクスの一番の泣き所。そういう悲惨な状況にあることを、国民に認識してもらいたい」と指摘した。


参考値の実質賃金の伸び率はマイナス0.5%!?『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏が正しい算出方法を提示~1.30勤労統計不正「賃金偽装」野党合同ヒアリング 2019.1.30

記事公開日:2019.1.30取材地: テキスト動画

 「実質賃金伸び率を算定するのは簡単。私は2分でできた。惨憺たる結果だから(厚労省は)公表したくないのかな」

 毎月勤労統計の不正問題について、連日、野党の院内集会や合同ヒアリングに出席し、厚労省による統計の不審点を指摘している弁護士の明石順平氏は、厚労省が公表を渋る実質賃金伸び率について、自身が試算した結果を示して上記のように述べた。


〜リスペクトの政治をつくろう!〜 どう考える?市民のための経済政策(大阪市) ― 『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏 講演 ほか 2018.12.22

記事公開日:2018.12.22取材地: 動画

 2018年12月22日(土)14時より、大阪市中央区にあるドーンセンターでリスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会主催による学習会「〜リスペクトの政治をつくろう!〜どう考える?市民のための経済政策」が開かれ、アベノミクスの失敗をデータで検証した『アベノミクスによろしく』(集英社インターナショナル、2017年)の著者、明石順平氏(弁護士)が講演を行った。


「アベノミクスの成果」に隠された驚くべき「かさ上げ」トリックを暴く! このままいくと日本経済は破綻!? ~岩上安身による弁護士『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏インタビュー 2017.12.14

記事公開日:2017.12.15取材地: 動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2017年12月14日(木)15時より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による『アベノミクスによろしく』著者で弁護士の明石順平氏にインタビューを行った。