「こう言えばいい評価をしてくれる」教師の前だけでいい子になる!? 本当に考えていることとは違う表現をする子どもが育つ!? ~第42回 教科書を考えるシンポジウム「小学校道徳教科書を読む」 2017.5.13

記事公開日:2017.5.21取材地: 動画

 2017年5月13日(土)、東京都文京区の文京シビックセンターにて、「第42回 教科書を考えるシンポジウム『小学校道徳教科書を読む』」が行われた。「教科書を考えるシンポジウム」は、小森陽一氏、滝川洋二氏、鶴田敦子氏、浪本勝年氏、山田朗氏、子どもと教科書全国ネット21の呼びかけにより、2004年より開催されている。


軍事作戦に関する昭和天皇の冷静・的確な指摘が『実録』から消された!? 「過去をねじ曲げると将来もねじ曲げることになる」――山田朗・明治大学文学部教授が「昭和の日」に警鐘を鳴らす! 2017.4.29

記事公開日:2017.5.1取材地: 動画

 2017年4月29日、横浜市中区の横浜市開港記念会館にて、教科書・市民フォーラムの主催により「第11回 今、なぜ?『昭和の日』イベント『昭和天皇と戦争~その真実を明らかにする!~』が開催され、明治大学文学部教授で歴史教育者協議会委員長の山田朗氏が講演を行った。


きっかけは産経新聞! 日本会議系の横山正人・横浜市議が中学副読本から「朝鮮人虐殺」の歴史隠蔽! 市教委は本を回収・溶解処分に! ~11月17日岩上安身が西崎雅夫氏にインタビュー! 2016.10.28

記事公開日:2016.11.2取材地: テキスト動画

 「虐殺の事実と、なぜそれが起きたのかは、私たちが学ばなければいけないことだと思います。とりわけ横浜の子どもたちは」――。

 2016年10月28日、東京都杉並区高円寺で行われたトークイベント「『歴史は削除できない』—横浜市副読本問題の5年」で横浜市の元中学教師、後藤周(あまね)氏は静かに訴えた。トークイベントには作家の中沢けい氏、ノンフィクション作家の加藤直樹氏もスピーカーとして招かれた。


第38回メディアを考える市民の集い 安倍政権と一体の極右組織「日本会議」の全貌 NHKにも魔の手 ―講師 俵義文氏(「子どもと教科書全国ネット21」事務局長) 2016.9.19

記事公開日:2016.9.20取材地: 動画

 『日本会議の全貌―知られざる巨大組織の実態』の著者、俵義文氏(「子どもと教科書全国ネット21」事務局長)を講師として迎え、「第38回メディアを考える市民の集い 安倍政権と一体の極右組織『日本会議』の全貌 NHKにも魔の手」が、2016年9月19日、兵庫県学校厚生会館にて、開催された。


暴かれた大阪市・呉市の育鵬社教科書採択の不正!採択のやり直しを求める全国交流集会 2016.6.25

記事公開日:2016.6.25取材地: 動画

 2016年6月25日(土)、大阪市北区の国労大阪会館にて、「暴かれた大阪市・呉市の育鵬社教科書採択の不正!採択のやり直しを求める全国交流集会」が開催された。


子どもと教科書全国ネット21記念講演 ~講師 青木理氏(ジャーナリスト) 2016.6.11

記事公開日:2016.6.14取材地: 動画

 2016年6月11日、東京都文京区の文京区民センターにて、子どもと教科書全国ネット21記念講演が開かれ、ジャーナリストの青木理氏が「安倍政権のメディア統制とジャーナリズム」と題するテーマで登壇した。


第39回 教科書を考えるシンポジウム 高校教科書で政治はどう学べるか 2016.5.28

記事公開日:2016.5.28取材地: 動画

 2016年5月28日、東京都豊島区の生活産業プラザにて、小森陽一氏、滝川洋二氏、鶴田敦子氏、浪本勝年氏、山田朗氏、子どもと教科書全国ネット21の呼びかけによる「第39回 教科書を考えるシンポジウム 高校教科書で政治はどう学べるか」が行われた。


教科書を取り戻す―育鵬社採択阻止の闘い(滋賀県と大田区から) 2016.3.6

記事公開日:2016.3.15取材地: 動画

 2016年3月6日(日)、東京都国分寺市の国分寺労政会館にて、河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会主催により、「教科書を取り戻す―育鵬社採択阻止の闘い(滋賀県と大田区から)」が行われた。


『建国記念の日』反対 2016年2・11集会 ~歴史に学び世界の平和を立憲主義・民主主義を日本に 2016.2.11

記事公開日:2016.2.21取材地: 動画

 2016年2月11日(木)、東京都中央区の日本橋公会堂にて、「建国記念の日」に反対し思想・信教の自由を守る連絡会主催による、「『建国記念の日』反対 2016年2・11集会 ~歴史に学び世界の平和を立憲主義・民主主義を日本に」が行われた。


「同志社平和の会」2015年度第3回学習会 教科書問題学習会~パート3~「育鵬社版『公民』教科書を読んで」 2016.2.2

記事公開日:2016.2.2取材地: 動画

 2016年2月2日(火)18時30分から、京都市上京区の同志社大学・寒梅館で、「『同志社平和の会』2015年度第3回学習会」が開かれた。今回は「教科書問題学習会~パート3~『育鵬社版『公民』教科書を読んで』」をテーマに、同志社大学大学院グローバルスタディーズ研究科教授の岡野八代氏が講演を行った。


第37回 教科書を考えるシンポジウム 特別な教科「道徳科」の学習指導要領「解説」を読解く 2015.10.24

記事公開日:2015.10.28取材地: 動画

 2015年10月24日(土)13時30分より、東京都豊島区の生活産業プラザにて、子どもと教科書全国ネット21主催による、「第37回 教科書を考えるシンポジウム 特別な教科「道徳科」の学習指導要領「解説」を読解く」が行なわれた。


愛媛の教育がピンチだ!育鵬社で育つ子どもたち! 2015.10.17

記事公開日:2015.10.17取材地: 動画

 2015年10月17日(土)13時半より、愛媛県松山市の松山市民会館で「えひめ教科書裁判を支える会」による集会「愛媛の教育がピンチだ!育鵬社で育つ子どもたち!」が開かれた。

 愛媛県では、松山市・新居浜市で来年度からの公立中学校の歴史教科書に育鵬社版が新たに採択された。


”史上最悪の愚策”真珠湾攻撃を行った当時の日本と似通っている現在の安倍政権~安保法制、TPP、AIIB、中東情勢について、『日中開戦の正体』著者・元外務省国際情報局長・孫崎享氏に岩上安身が聞く―第1弾 2015.6.8

記事公開日:2015.6.10取材地: テキスト動画独自

 原発再稼働、TPP、そして集団的自衛権の行使容認。安倍政権は、米国からの要請に対して唯々諾々とつき従い、まったく日本の国益にはならない政策を次々と実行している。

 元外務省国際情報局長の孫崎享氏は、新刊『日米開戦の正体――なぜ真珠湾攻撃という道を歩んだのか』の中で、真珠湾攻撃を行い、対米開戦という道を選んだ当時の日本と、現在の安倍政権が似通っている、と指摘する。孫崎氏は、その共通点として、以下の3点をあげる。


5.25みんなの集い~教科書ではじまる「戦争する国」づくりSTOP! 2015.5.25

記事公開日:2015.6.2取材地: 動画

 2015年5月25日(月)18時30分より、東京都文京区の文京シビックホールにて、みんなの集い~教科書ではじまる「戦争する国」づくりSTOP!が行なわれた。


子どもと教科書全国ネット21・他77団体の連名による「共同アピール」記者会見 2015.6.2

記事公開日:2015.6.2取材地: 動画

 2015年6月2日(火) 15時半より、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、『子どもと教科書全国ネット21・他77団体の連名による「共同アピール」記者会見』が行なわれた。


日韓市民共同歴史シンポジウム 安倍政権の歴史認識を問う ―河野談話・村山談話から「安倍70年談話」― 2015.5.30

記事公開日:2015.5.30取材地: 動画

 2015年5月30日(土)13時半より、愛媛県松山市の愛媛県男女共同参画センターで第7回日韓市民共同歴史シンポジウム「安倍政権の歴史認識を問う―河野談話・村山談話から『安倍70年談話』―」が開かれた。えひめ教科書裁判を支える会と平澤(ピョンテク)・愛媛市民交流会が主催した。


2015年度中学校教科書検定・採択に関する記者会見 2015.4.8

記事公開日:2015.4.8取材地: 動画

 2015年4月8日(水)15時より、東京都千代田区の参議院議員会館にて、2015年度中学校教科書検定・採択に関する記者会見が行われた。


歴史修正主義に親和性を感じている有力な層は「現在の仕組みで利益を得て、その利益を失いたくない人」 ~従来の国家主義とは異なる日本の「J国家主義」とは?

記事公開日:2015.2.17取材地: テキスト動画

※2月17日テキスト追加しました!

 「憲法と『建国記念の日』を考える2・11集会-安倍政権の暴走とナショナリズム-」が2月11日(水)、「フォーラム平和・人権・環境」の主催で東京都千代田区の日本教育会館にて開催された。

 横浜市立大学名誉教授の中西新太郎氏が「若者とナショナリズム」と題して講演し、「子どもたちに渡すな!あぶない教科書大阪の会」の相可文代氏は、「『教育委員会アンケート』を実施して」と題して講演を行った。


「安倍さんを辞めさせないと、日本の将来も、沖縄の将来もない」~戦後から70年、仲里利信議員が沖縄戦の実体験を語る「なんとしても戦争だけは、させるわけにはいかない」 2015.2.5

記事公開日:2015.2.7取材地: テキスト動画

※2月7日テキストを追加しました!

 「戦後70年、もう一度沖縄戦を語る~『知る沖縄戦』は教材にふさわしくないのか~」と題した講演会が2015年2月5日(木)、文京区民センターにて開催された。

 「子どもと教科書全国ネット21」の事務局長を務める俵義文氏は、主催団体として、会の主旨、経緯を説明。文科省が教科書の記述を正さないことが本会の立ち上げに繋がり、今のオール沖縄に結びついていると述べた。


「政府の要求は無視せよ」教科書問題で竹富町を応援 〜学者ら、背後に見える「安倍圧力」指弾 2014.4.8

記事公開日:2014.4.8取材地: テキスト動画

 「育鵬社版の教科書は『戦後日本の平和は、自衛隊の存在とともに米軍の抑止力に負うところも大きい』と強調。他社版は憲法9条と平和主義のことが、最初に書かれている」──。

 2014年4月8日、沖縄県八重山地区(石垣市、竹富町、与那国町)で、竹富町だけが他地区とは違う中学公民教科書を使っている問題を巡って、市民グループ「命どぅ宝を継承する会」が、沖縄県那覇市の教育福祉会館で勉強会を開いた。