前川喜平氏が現場の教職員にエール!「忖度するな!」道徳の教科書は「子供たちを型にはめてしまうようなことが書いてある」と警鐘!〜書籍「面従腹背」出版記念・7.23前川喜平さん講演会 2018.7.23

記事公開日:2018.8.2取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:阿部洋地)

 前川喜平氏が「忖度するな」と現場の教職員にエールを送った。

 2018年7月23日(月)東京都の毎日新聞東京本社 「毎日ホール」で、書籍『面従腹背』出版記念・前川喜平さん講演会「面従腹背さようなら。」が行なわれた。

 前川氏は講演会の後半、道徳の教科化について言及。

 前川氏は文部科学省が出している「学習指導要領解説」は、「文部科学省が組織として面従腹背している」と語る。前川氏は「学習指導要領解説」には「教科化された後の道徳は、これまでと違い、児童や生徒が自ら考え議論する道徳に転換しなければいけない」と書いてあると述べた。

 しかし道徳の教科書には「まるっきり逆のことが書いてある」とし、「子供たちを型にはめてしまうようなことが書いてある」と警鐘を鳴らす。

 前川氏は「学校の先生にとにかくお願いしたいのは、『忖度するな』ということです」と語気を強めた。

 前川喜平氏には岩上安身が3回にわたりインタビューをおこなっている。ぜひこちらもあわせてご覧いただきたい。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です