僕らの問題「すまい、いのち、けんり」 ―出演 稲葉剛氏ほか 2015.3.1

記事公開日:2015.3.1取材地: 動画

 3月1日(日)10時より、岡山市にあるstudio Lightsで、自立生活サポートセンター・もやい理事の稲葉剛氏、岡山市議会・鬼木のぞみ議員(みどり岡山代表)、YMCAせとうち総主事の太田直宏氏を招いて「僕らの問題『すまい、いのち、けんり』」と題したトークイベントが行われた。


福島県における甲状腺がん検出とリスクコミュニケーション 2015.2.26

記事公開日:2015.2.26取材地: 動画

 2015年2月26日(木)17時30分から、岡山市の岡山協立病院付属コムコム会館で、岡山大学大学院の津田敏秀教授が「低線量被ばくの健康影響と福島県での甲状腺がん」と題し講演を行った。


岡山弁護士会 シリーズ憲法講演会No.3 「投票価値の平等は、憲法の要請!」 ―講師 伊藤真弁護士 2015.1.24

記事公開日:2015.1.24取材地: 動画

 1月24日(土)13時半より、岡山市の岡山県総合福祉会館で「岡山弁護士会シリーズ憲法講演会No.3『投票価値の平等は、憲法の要請!』」が開催され、伊藤塾塾長の伊藤真・弁護士が講演を行った。


【岡山・大義なき解散総選挙】民主党・元日銀の津村啓介候補がアベノミクスを斬る「資産家が潤っているのは、年金を株に当てているから」、細野豪志・元環境相らが応援 2014.12.7

記事公開日:2014.12.9取材地: 動画

特集 総選挙2014

※12月9日テキスト追加しました!

 岡山2区に民主党より出馬している津村啓介候補の個人演説会が12月7日(日)19時より、岡山県岡山市中区の岡山プラザホテルにて行われた。津村氏は元・日銀行員としてアベノミクスの欠点を指摘。脱原発政策で自民党との違いを訴えた。

 演説会には同党で静岡5区から出馬している細野豪志・元環境相らが応援に駆けつけた。


【岡山・大義なき解散総選挙】岡山2区 自由民主党・山下貴司候補 街頭演説 ―応援 安倍晋三総裁 2014.12.6

記事公開日:2014.12.6取材地: 動画

 12月6日(土)15時20分より、岡山市中区の天満屋ハピータウン原尾島店前駐車場にて、岡山2区に自由民主党より出馬している山下貴司候補が街頭演説を行い、同党総裁の安倍晋三・内閣総理大臣が応援に駆け付け、演説を行った。


科学者とベコ屋がエネルギーといのちを語る ー講演 小出裕章氏、吉沢正巳氏ほか 2014.9.27

記事公開日:2014.9.27取材地: 動画

 福島県浪江町「希望の牧場・ふくしま」の吉沢正巳氏と京都大学原子炉実験所の小出裕章氏が、9月27日(土)13時半より岡山市の岡山衛生会館で行われた講演会「科学者とベコ屋がエネルギーといのちを語る」で講演した。


山本太郎参議院議員 岡山街宣/山本太郎がKAMPにやって来る!!!~Get Freedom Caravan 2014.9.19

記事公開日:2014.9.26取材地: 動画

 山本太郎・参議院議員が続ける全国キャラバンは、9月19日(金)、岡山市に降り立ち、岡山駅前での街宣活動の後、奉還町商店街にあるゲストハウスKAMPで開かれた「山本太郎がKAMPにやって来る!!!~Get Freedom Caravan」に参加した。KAMPでのイベントでは、今回のキャラバンのメインテーマである消費税増税の問題に加え、喜納昌吉・元参議院議員の立候補表明で揺れる沖縄知事選挙や2015年4月の統一地方選挙の話も飛び出し、2時間近くにわたって人々と語り合った。


みんな集まろう~戦争をさせない1000人委員会岡山~出発集会 2014.8.9

記事公開日:2014.8.9取材地: 動画

 3月に大江健三郎氏らが発起人となり立ち上げられた「戦争をさせない1000人委員会」の岡山版として、被爆者・作家・弁護士・学者・医師らが呼びかけ7月に発足した「戦争をさせない1000人委員会岡山」が、8月9日(土)14時より岡山市の岡山国際交流センターで出発集会を開催した。

 岡山出身の政治学者、山口二郎・法政大学教授が基調講演を行い、安倍政権の危険と民主政治の危機を論じた。会は、集団的自衛権行使容認による関係法整備や国家安全基本法の制定の阻止、特定秘密保護法廃止などを幅広い層に呼びかけて訴えていく予定。


原発からの解脱をめざす仏教者よ、集まれ!「第6回脱原発結集」 2014.7.22

記事公開日:2014.7.22取材地: 動画

 2014年7月22日(火)14時から、岡山市の蔭凉寺で、「原発からの解脱をめざす仏教者よ、集まれ!『第6回脱原発結集』」が開かれ、第一部の学習会では、島根原発差止訴訟原告団長で松江市議会議員の芦原康江氏が「島根原発増設反対」をテーマに講演を行った。

 IWJ岡山ではこの学習会の模様を配信した。


「戦争をさせない1000人委員会岡山」 発起人の会&記者会見 2014.7.21

記事公開日:2014.7.21取材地: 動画

 7月21日(月)、岡山市北区にある岡山国際交流センターで、「『戦争をさせない1000人委員会岡山』 発起人の会」が開催され、IWJ岡山CH1では、発起人の会とその後に行われた設立記者会見の模様を中継した。


解釈改憲閣議決定に抗議する座り込み行動 2014.7.2

記事公開日:2014.7.2取材地: 動画

 7月2日(水)12時より、岡山市北区にある西川緑道公園「平和の像」前で、「解釈改憲閣議決定に抗議する座り込み行動」が行われた。


「原発近くの住民は、被曝してもしょうがない?」 〜改正指針で3.11前より後退した避難計画 末田一秀氏 講演 2014.6.30

記事公開日:2014.6.30取材地: テキスト動画

 「フクシマ・ショック級の原発事故は、今後も起こり得る。その未然防止に血道を上げるのではなく、事故発生後の被害を減らすことに重きを置く、というのが政府の方針」──。末田一秀氏は、原発過酷事故に対する、国のこうした考え方を批判した。

 2014年6月30日、岡山市北区の労働福祉事業会館で、自治研究センターおかやま第14回総会が開かれ、自治労脱原発ネットワークアドバイザーの末田一秀氏がマイクを握った。演題は「新基準の原子力防災・避難計画~大量被曝から逃げきれるか?」。


うけいれネットワーク ほっと岡山 事務局オープニング 2014.6.20

記事公開日:2014.6.20取材地: 動画

 東日本大震災後、多くの避難者を受け入れている岡山県で、受け入れの支援などを行ってきた10団体が参加し「うけいれネットワーク ほっと岡山」が設立された。2014年6月20日(金)、「ほっと岡山」事務局のオープニングに合わせ、各団体のあいさつや事業説明、事務局の紹介が行われた。「ほっと岡山」では、団体間での情報共有とマッチングなど効果的に活動できるための相互の支援を行っていく予定。


「平和と民主主義の危機を、国民に知らせる役割を放棄している日本のマスメディア」 ~孫崎享氏講演会 2014.6.7

記事公開日:2014.6.7取材地: テキスト動画

 「安倍首相は、集団的自衛権を使えば、あたかも日本のおじいさんやおばあさんが助かるかのように、イラストを見せてアピールした。私は、日本は本当に悪い指導者を持ったものだと思った」──。

 2014年6月7日(土)、岡山市の岡山県総合福祉会館で、元外務省国際情報局局長、孫崎享氏の講演会「憲法改悪反対・秘密保護法廃止を目指して」が行われた。縦横無尽な孫崎氏のスピーチは、安倍政権の暴走政治に起因する、日本の危機的状況を総花的に論じるもので、新聞やテレビへの厳しい批判の側面を持ち合わせていた。


「この判決は、原発反対運動をしてきた人々すべての共有財産」中嶌哲演氏講演 ~「原発銀座・若狭から」 2014.5.29

記事公開日:2014.5.29取材地: 動画

 「裁判長に、われわれの想いが伝わった。原告団や弁護団だけでなく、長年、原発問題を憂慮してきた人たち、3.11の後、原発の危険性に気づいて声を上げた人たちなど、すべての人々の想いの結晶化が、今回の判決である」──。

 2014年5月29日、岡山市で「原発からの解脱をめざす仏教者よ、集まれ!『第5回脱原発結集』」が行われた。第1部では、同市北区の蔭凉寺にて、福井県小浜市の明通寺住職、中嶌哲演氏を講師に招き、「いのちか原発か ~原発銀座・若狭から~」と題した学習会が開かれた。大飯原発3、4号機運転差し止め訴訟について、原告に加わっている中嶌氏が裁判の経過を報告し、5月に福井地裁が言い渡した運転差し止め判決について語った。


「原発事故は過去の問題ではなく、未来に続く」 ~社会医学的アプローチによるチェルノブイリ・福島の考察 2014.5.28

記事公開日:2014.5.28取材地: テキスト動画

特集 [iwjlink id=62836]|特集 百人百話

 「問題の解決には、放射線生態学的アプローチはもちろん、政治的な要因も非常に影響する」──。


岡山映画鑑賞会〈265回例会〉海南友子監督作品特集 監督講演 2014.4.19

記事公開日:2014.4.19取材地: 動画

 2014年4月19日(土)、岡山市・岡山シティミュージアムで行われたドキュメンタリー映画「あの日から変わってしまったこの空の下で」上映会後に監督の海南友子(かな・ともこ)氏の講演会が行われた。

 福島第一原発事故後、避難地域などを取材していた海南氏は自身の妊娠を知り、被曝の不安と出産をテーマに自分自身にカメラを向けた。


福島原発おかやま訴訟 提訴行動および報告会・記者会見 2014.3.10

記事公開日:2014.3.10取材地: 動画

特集 百人百話|特集 3.11

 2014年3月10日(月)、福島第一原発事故で岡山近隣に避難している被災者が、国と東京電力に対し損害賠償を求め岡山地裁に提訴した。その後、原告団による報告会と記者会見が開かれた。


とめよう!原発再稼動11.3のつどい 2013.11.3

記事公開日:2013.11.12取材地: 動画

 2013年11月3日(日)、岡山市の林病院ひまわりホールで、伊方原発をとめまっしょい☆若者連合をゲストに迎え、「とめよう!原発再稼動11.3のつどい」が行われた。


「この法案は、日本の行方を左右する」 ~憲法講演会「知られざる秘密保護法案の秘密 ~この国の平和・民主主義が危ない~」 井上正信氏 2013.11.9

記事公開日:2013.11.9取材地: テキスト動画

 「国民主権、民主主義を破壊する。基本的人権、知る権利、報道の自由を、安全保障のために制限する。つまり、公益および防衛の秩序を強調する、自民党改憲草案とまったく同じ内容だ」──。

 特定秘密保護法案について、井上正信弁護士はこのように指摘した。また、同法案とセットになった日本版NSC設置法案、さらに来年、国会に上程される国家安全保障基本法案についても問題視し、「集団的自衛権を正当化させ、アメリカと共に戦争準備を押し進める法案だ」と述べた。

 2013年11月9日(土)、岡山市北区の岡山弁護士会館で、岡山弁護士会憲法講演会「知られざる秘密保護法案の秘密 ~この国の平和・民主主義が危ない~」が開かれ、井上正信弁護士が講演を行った。井上氏は日弁連秘密保全法制対策本部・副本部長を務める。