日本女性の会そよ風主催の「石原町犠牲者犠牲者追悼集会」の真実!~6.26第24回学習会「もうひとつの“慰霊集会”の真実―差別団体『そよ風』とその背景について」―講師 安田浩一氏(ジャーナリスト)

記事公開日:2020.7.23取材地: 動画

 2020年6月27日(土)、東京都千代田区のスペースタンポポにおいて、ジャーナリスト・安田浩一氏による第24回学習会「もうひとつの“慰霊集会”の真実―差別団体『そよ風』とその背景について」が行われた。


戦争をさせない1000人委員会・しが 連続学習会 第4回 アイヌ民族の戦い 2020.7.4

記事公開日:2020.7.4取材地: 動画

 2020年7月4日(土)14時より、戦争をさせない1000人委員会・しが連続学習会第4回として、『アイヌ民族の戦い―知られざるアイヌ民族の戦いの真相』を自費出版した近江商人研究者の駒井正一氏を招いた学習会が滋賀県大津市の自治労会館で開かれた。


有機フッ素化合物 (PFAS) による汚染水からいのちを守る学習会(浦添市)―メッセージ パット・エルダー氏 (World BEYOND War)、講師 桜井国俊氏(沖縄環境ネットワーク世話人) 2020.3.6

記事公開日:2020.3.8取材地: 動画

 2020年3月6日(金)18時より沖縄県浦添市のハーモニーセンターにて、有機フッ素化合物 (PFAS) による汚染水からいのちを守る学習会が開催された。 パット・エルダー氏(World BEYOND War)のメッセージを紹介、桜井国俊氏(沖縄環境ネットワーク世話人)が講演をした。


ジャーナリスト・布施祐仁氏「米国本土で禁止されている人口密集地での夜間低空飛行訓練を、なぜ、日本では規制できないのか?」~10.22「日米地位協定の抜本改定を」学習交流集会 2019.10.22

記事公開日:2019.10.25取材地: 動画

 2019年10月22日(火)13時より東京都文京区の平和と労働センター・全労連会館にて、ジャーナリストの布施祐仁氏を講師に迎え、日米地位協定学習交流集会が開催された。


第2回「2020オリンピック晴海選手村」問題を考える学習会 2019.9.28

記事公開日:2019.9.28取材地: 動画

 2019年9月28日(土)13時半より東京都中央区のほっとプラザはるみにて、第2回「2020オリンピック晴海選手村」問題を考える学習会が開催され、日本共産党中央地区委員会で元中央区議会議員の田辺七郎氏が登壇した。


見えないプラスチックが破裂しながら空を飛ぶ!? 細胞レベルで各種がんを誘発するという論文あり!? 疫学調査が必要 ~5.22学習会 柔軟剤・香りマイクロカプセル ―新しい香害の問題に注目します 2019.5.22

記事公開日:2019.5.30取材地: 動画

 2019年5月22日(水)14時30分より東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、学習会 柔軟剤・香りマイクロカプセル ~新しい香害の問題に注目します~が開催された。


家族はなぜ必要か?「家族規範」の批判的再考 2016.8.3

記事公開日:2016.8.4取材地: 動画

 2016年8月3日(水)、京都市上京区の同志社大学・烏丸キャンパスで、研究会「家族はなぜ必要か?『家族規範』の批判的再考」が開かれた。


税金カフェ 2016.7.21

記事公開日:2016.7.22取材地: 動画

 2016年7月21日(木)、東京都新宿区のキイトス茶房にて、公正な税制を求める市民連絡会の主催による「税金カフェ」が開かれ、冒頭、弁護士で公正な税制を求める市民連絡会共同代表の宇都宮健児氏が挨拶を行い、税理士の内田麻由子氏が講師として登壇した。


学習会・意見交換会「電力自由化の光と影〜電力自由化で脱原発するために〜」 お話 石井伸行さん(電気をカエル計画) 2016.3.21

記事公開日:2016.3.21取材地: 動画

 2016年3月21日、三重県津市のアスト津において、講師に電気をカエル計画代表の石井伸行氏を迎え、「電力自由化の光と影〜電力自由化で脱原発するために〜」 と題する学習会と意見交換会が開かれた。


沖縄戦首都圏の会・学習会 だれでもわかる辺野古埋立の法律問題 2016.2.26

記事公開日:2016.3.3取材地: 動画

 2016年2月26日(金)、東京都豊島区の生活産業プラザにて、「沖縄戦首都圏の会・学習会 だれでもわかる辺野古埋立の法律問題」が開催された。


考えよう憲法・集団的自衛権!まなけんツアー報告会&学習会/若者憲法デモ@新潟 2014.7.27

記事公開日:2014.7.27取材地: 動画

 2014年7月27日(日)13時半より、新潟市のクロスパルにいがたで若者中心の報告・学習会「考えよう憲法・集団的自衛権!まなけんツアー報告会&学習会」が行われた。

 6月22日に東京で行われた若者憲法集会に参加した若者がその模様を報告したのち、鈴木麻理絵・弁護士が憲法の意義や現在の解釈改憲による集団的自衛権行使容認の流れについて解説した。新潟県青年9条の会準備会が主催した。学習会後、参加者らは「若者憲法デモ」と題し、憲法の擁護を訴えデモ行進した。


「集団的自衛権の『非常に限定した形』は、まやかし」 〜集団的自衛権の危険性を語る 八木和也弁護士 2014.5.31

記事公開日:2014.5.31取材地: テキスト動画

 「これが最終の防波堤だということを、私たちはしっかり認識しなければいけない」──。

 2014年5月31日(土)、神戸市の東灘区民センターで「九条の会.ひがしなだ」による、緊急憲法学習講演会「為政者が勝手に憲法解釈を変えて良いのでしょうか? 〜戦争する国造りの企みを阻止するために〜」が行われた。明日の自由を守る若手弁護士の会兵庫支部長の八木和也弁護士を講師に、安倍政権が進める解釈改憲の問題について論じた。


「この判決は、原発反対運動をしてきた人々すべての共有財産」中嶌哲演氏講演 ~「原発銀座・若狭から」 2014.5.29

記事公開日:2014.5.29取材地: 動画

 「裁判長に、われわれの想いが伝わった。原告団や弁護団だけでなく、長年、原発問題を憂慮してきた人たち、3.11の後、原発の危険性に気づいて声を上げた人たちなど、すべての人々の想いの結晶化が、今回の判決である」──。

 2014年5月29日、岡山市で「原発からの解脱をめざす仏教者よ、集まれ!『第5回脱原発結集』」が行われた。第1部では、同市北区の蔭凉寺にて、福井県小浜市の明通寺住職、中嶌哲演氏を講師に招き、「いのちか原発か ~原発銀座・若狭から~」と題した学習会が開かれた。大飯原発3、4号機運転差し止め訴訟について、原告に加わっている中嶌氏が裁判の経過を報告し、5月に福井地裁が言い渡した運転差し止め判決について語った。


「市が水道民営化の実験材料にされる!」 〜前市長 平松邦夫氏が警告「住民よ、急げ」 2014.5.17

記事公開日:2014.5.17取材地: テキスト動画

 「生命の源、水を営利企業にゆだねてええの?」──。このような副題が付いた緊急集会が、大阪市内で行われた。

 2014年5月17日、大阪市中央区のエル・おおさかで開かれた「緊急学習会 大阪市水道事業民営化を考える 〜5/30締切パブリックコメントに向けて〜」では、大阪市が2015年度からの実施をめざす水道事業の民営化で、市民からの意見募集制度(パブリックコメント、以下パブコメ)が実行されていることを受け、水政策研究所理事長の中村寿夫氏と、前大阪市長で公共政策ラボ代表の平松邦夫氏がレクチャーを担当。橋下徹大阪市長が掲げている「水道民営化」構想の問題点を平易に語り、会場に集まった市民らにパブコメの活用を促した。


「パブコメ募集の今年8月に向けて、反対の声を集中しよう」 〜特定秘密保護法は憲法違反!学習会 齋藤裕氏 2014.4.27

記事公開日:2014.4.27取材地: テキスト動画

 「特定秘密保護法は憲法21条(表現の自由)の侵害だ、という裁判を起こされると、国としてはまずい。だから、自民党は憲法21条を『公益のために表現の自由は制限できる』という内容に変えようとしている」──。

 2014年4月27日、新潟市のガレッソホールで「特定秘密保護法の撤回を求める新潟県女性の会」の第2回学習会と街頭行動「特定秘密保護法は憲法違反!施行されないために何をしたらいいの?」が行われた。


「知る権利が奪われ、国民主権は空洞化」 〜学習会「国家安全保障基本法と秘密保護法」 講師 飯島滋明氏 2014.3.6

記事公開日:2014.3.6取材地: テキスト動画

特集 秘密保護法|特集 憲法改正

 「戦争による最初の犠牲者は、情報である」──。2014年3月6日、名古屋市の愛知大学車道校舎にて、学習会「国家安全保障基本法と秘密保護法」が行われた。名古屋学院大学准教授の飯島滋明氏は、国家安全保障基本法と秘密保護法によって、国民主権が空洞化していく危険性を解説した。

 この春、安保法制懇(安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会)の報告書を提出し、憲法9条の解釈改憲により、集団的自衛権の行使容認に踏み切ろうとしている安倍政権。飯島氏は「国民が反対の意志を表明し、権力の暴走を抑えることが重要だ」と力を込めた。


「戦争を始める瞬間は必ず国民を騙す」〜特定秘密保護法案の廃止を目指す勉強会 2014.2.22

記事公開日:2014.2.22取材地: テキスト動画

 特定秘密保護法の廃止を目指す「『秘密保護法』廃止へ!実行委員会」は、2月22日、東京都文京区で「連続学習会 『こんなにあぶない秘密保護法 パートⅠ」-成り立ちと狙いを徹底解剖‐』と題した勉強会を開いた。


「特定秘密保護法」ってどんな法律?「知る権利」「情報公開・共有」はどうなるのか 公開学習会 2014.1.20

記事公開日:2014.1.20取材地: テキスト動画

 「本当に今、この法律を作る必要性があるのか」──。

 2014年1月20日、新潟市にある新潟県女性センターで、弁護士の鈴木麻里絵氏を講師に迎え、学習会「『特定秘密保護法』ってどんな法律?—『知る権利』『情報公開・共有』はどうなるのか」が開催された。特定秘密保護法の条文に基づいた解釈と、問題点や疑問点を、鈴木氏が明らかにした。


秘密保護法はあらかじめ「作る」と宣言されていた! 戦争のできる国へ「国家安全保障基本法」 2013.12.14

記事公開日:2013.12.20取材地: テキスト動画

特集憲法改正|特集 秘密保護法

※12月20日、テキストを追加しました。

 特定秘密保護法が成立した今、来年は、いよいよ「国家安全保障基本法案」が提出される可能性が高まった。この法案が成立すれば憲法9条は事実上、死文化する。安倍政権が参院選の公約にも掲げた「真打ち」ともいうべき法案だ。

 この法案に早くから警鐘を鳴らしていた川口創弁護士は12月14日、名古屋で講演し、「国家安全保障基本法案」の危険性を語った。


「取材の妥当性を、国がチェックする?」 〜見ざる、聞かざる、言わざる社会はごめんだ 2013.12.5

記事公開日:2013.12.5取材地: テキスト動画

 「秘密保護法は、立憲主義を否定する稀代の悪法である」──。

 2013年12月5日、京都ジャーナリスト9条の会主催による「秘密保護法の問題点を解明する 見ざる、聞かざる、言わざる社会はごめんだ」が、京都市中京区にある男女共同参画センター ウィングス京都で行われた。弁護士の諸富健氏が秘密保護法の問題点を解説し、どのように対応していくべきか、京阪のジャーナリストを交えてパネル討論を行った。