家族はなぜ必要か?「家族規範」の批判的再考 2016.8.3

記事公開日:2016.8.4取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年8月3日(水)、京都市上京区の同志社大学・烏丸キャンパスで、研究会「家族はなぜ必要か?『家族規範』の批判的再考」が開かれた。

■ハイライト

  • 研究会趣旨 「家族法における『家族規範』からの課題提示」 高田恭子氏(大阪工業大学)
  • 報告 「『家族規範』の批判的再考」 岡野八代氏(同志社大学)
  • コメント 清末愛砂氏(室蘭工業大学)
  • 日時 2016年8月3日(水) 17:00~
  • 場所 同志社大学 烏丸キャンパス(京都府京都市)
  • 詳細 家族はなぜ必要か?「家族規範」の批判的再考|F.G.S.S
  • 主催 科研挑戦的萌芽研究「親密圏における個の再発見と保護法理の抜本的見直し―家族法における家族解体の試み―」(高田代表)
  • 共催 FGSSセンター

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です