東京電力 記者会見(18:00) 2017.7.17

記事公開日:2011.7.17取材地: 動画

 2011年7月17日(日)、東京電力本社で、記者会見(18:00~、0:53′)が行われた。

 3号機TB建屋屋根に、水素爆発の影響で大きな穴が開いている。雨水侵入によるリスクがあるので屋根設置する。鉄骨フレームと鋼製デッキプレートで構成し、重量20tになる。明日設置工事をおこなう。航空写真見る限り他号機にも穴があるようだが、一番大きな3号機を今回対策する。

 シルトフェンス開閉作業は昨日から当面行わない予定なので、海水の核種分析はお粉手いない。また、昨日大飯原子力発電所が止まったとが関電から電力融通要請は来ていない。もっとも東電管内の需給が厳しいため、60Hz帯への融通は考えていない。


保安院会見(17:30) 2017.7.17

記事公開日:2011.7.17取材地: 動画

 2011年7月17日(日)17時30分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。


東京電力 記者会見(11:00) 2011.7.17

記事公開日:2011.7.17取材地: 動画

 2011年7月17日(日)、東京電力本社で、記者会見(11:00~、0:30′)が行われた。

 1号炉に流量減少警報が発せられたため、流量を増加して対処した。野鳥の森付近に大型タンクの設置作業を継続する。台風対策は、海側の処置、特に固縛強化パトロールを行う。

 固縛固定のチェックはもう一度チェックし、適宜弱そうなところがあれば、補強するかもしれないが、事前に補強しなければならない認識ではない。海水処理装置の停止予定はない。


東京電力 統合記者会見(18:00) 2011.7.16

記事公開日:2011.7.16取材地: 動画

 2011年7月16日(土)、東京電力本社で、政府・東京電力事故対策統合本部 合同記者会見(18:00~、3:00′)が行われた。

 ロボットquinceによる建屋内部の調査動画を公開。敷地内の核種分析は主要3核種での拡散状況が分かり、他はやっていない。

 明日で工程表上の3ヶ月、ステップ1が完了ことに関し、東電は4月17日の公表から、その際には実現不可能とも批判も言われたが、現場の努力でステップ1はほど達成されたと。水処理の稼働率もあるが、70%なので確実に減らせていると。今後さらなる向上を図ると回答。

 T-hawkは2号に不時着したまま、どう対処するかは未定。


保安院会見(11:30) 2011.7.16

記事公開日:2011.7.16取材地: 動画

 2011年7月16日(土)11時30分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。


東京電力 記者会見(11:00) 2011.7.16

記事公開日:2011.7.16取材地: 動画

 2011年7月16日(土)、東京電力本社で、記者会見(11:00~、0:35′)が行われた。

 2号機SFPの水温上昇は、冷却水の補給バルブが閉だったため。バルブを開放し、水温はゆっくり下がっている。バルブしまった原因は作業行ってないためはっきりしない 建設当初からの可能性もある。

 4号機使用済み燃料プール底部支持構造物6/8段目コンクリ打設。カバー昨日2台目クローラークレーン組み立て終了。

 取水口工事は台風接近のためしばらく休止。台風シーズンに向け対策は?また、補償金の医療法人、社会福祉法人、学校法人への仮払いは未着手。

 他社であるが、大飯原発1号機が16日に続き、冷却システム不具合により停止している。


原子力損害賠償紛争審査会との交渉 2011.7.15

記事公開日:2011.7.15取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年7月15日(金)、参議院議員会館にて、福島県内から東京などへ他県に自主避難した住民や、「子供たちを放射能から守る福島ネットワーク」、「国際環境NGOFoeJapan」のメンバーが、自主難民の賠償請求について、原子力損害賠償紛争審査会と交渉を行った。


自由報道協会主催 広瀬隆氏・明石昇二郎氏記者会見 2011.7.15

記事公開日:2011.7.15取材地: テキスト動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年7月15日(金)、東京都内の自由報道協会にて「自由報道協会主催 広瀬隆氏・明石昇二郎氏記者会見」が行われた。

 広瀬隆氏と明石昇二郎は、東京電力福島第一原発事故に関連し、2件の刑事告発を行ったことを報告した。

 ひとつは「児童の被曝を強要した」として、福島県放射線健康リスク管理アドバイザー、山下俊一氏などに対する業務上過失致傷罪での刑事告発。

 さらに、「事故そのものを起こした」として、東京電力の勝俣恒久会長、清水正孝前社長、原子力委員会委員長の斑目春樹氏らを、業務上過失致死傷罪で刑事告発した。広瀬氏からは、福島県の放射能汚染の深刻な実態についても、詳細な説明があった。


東京電力 統合記者会見(16:30) 2011.7.15

記事公開日:2011.7.15取材地: 動画

 2011年7月15日(金)、東京電力本社で、政府・東京電力事故対策統合本部 合同記者会見(16:30~、3:45′)が行われた。

 内閣府原子力被災者生活支援チーム放射線班から高畠室長が出席。本日熱中症2名発症。エネ庁のネット監視事業について、仕様でなぜにTwitterだけ監視対象かに対し、文科省「大学の中の意思決定に文科省立ち入ることない」細野大臣「エネ庁がやるものですしどういう経緯かわからないので今日はご質問答えること控えたいと思う」と回答。

 文科省は核種の海底土から生物への移行関係は分かっておらず注視重要を回答。


岩上安身による「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」代表 中手聖一氏インタビュー 2011.7.15

記事公開日:2011.7.15取材地: 動画独自

 2011年7月15日(金)、福島市にて、岩上安身による「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」代表 中手聖一(なかて・せいいち)氏のインタビューが行われた。


保安院会見(11:30) 2011.7.15

記事公開日:2011.7.15取材地: 動画

 2011年7月15日(金)11時30分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。


東京電力 記者会見(11:00) 2017.7.15

記事公開日:2011.7.15取材地: 動画

 2011年7月15日(金)、東京電力本社で、記者会見(11:00~、0:40′)が行われた。

 1号機原子炉建屋カバー設置工事用の2台目クローラークレーン組立工事行う。2号機使用済み燃料プールの水温が若干上昇気味、温度観察しながら原因究明する。4号機ホース漏洩は、消防用ホースに交換し、注水する。また、南防波堤鋼管矢板による閉塞工事のため 作業船出入り1~4号機取水口北側シルトフェンス開閉予定。


ジェーン・ケルシー教授による記者会見 2011.7.14

記事公開日:2011.7.14取材地: 動画

 2011年7月14日、ニュージーランドのオークランド大学教授ジェーン・ケルシー氏が記者会見を行った。現場には報道関係者だけでなく、大学関係者、流通業者などたくさんの人が集まり、この問題に対する関心の高さがうかがえた。

 会見では、TPP参加が日本に与える変化について、メディアと資本の関係や、TPP参加が震災復興にどう影響するかなど、多方面から捉えた質問が多く聞かれた。


福島原発暴発阻止行動プロジェクト院内集会 2011.7.14

記事公開日:2011.7.14取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年7月14日(木)、参議院議員会館にて、福島原発暴発阻止行動プロジェクトによる福島原発事故現場視察報告会が行われた。


署名提出・院内集会『米軍への「思いやり予算」を被災地に!』 2011.7.14

記事公開日:2011.7.14取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年7月14日、外務省・防衛省ご担当者に署名提出。前田哲男氏(軍事史研究家・評論家)による 「“思いやり予算”の真実」講演などが行われた。


東京電力 統合記者会見(16:30) 2012.7.14

記事公開日:2011.7.14取材地: 動画

 2011年7月14日(木)、東京電力本社で、政府・東京電力事故対策統合本部 合同記者会見(16:30~、2:20′)が行われた。

 安全委員会は、過去に行われた全交流電源喪失事象検討ワーキンググループの報告書を発見したが、未公開であったことを明らかにした。

 保安院は、他国のもであってもシビアアクシデントの解析コードそのもの信頼性が大事なので日本独自を考慮する必要ないと述べた。その上で、地震多発国でどのような解析コード使っているかは、保安院としては承知していないと述べた。


保安院会見(11:25) 2011.7.14

記事公開日:2011.7.14取材地: 動画

 2011年7月14日(木)11時25分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。


東京電力 記者会見(11:00) 2011.7.14

記事公開日:2011.7.14取材地: 動画

 2011年7月14日(木)、東京電力本社で、記者会見(11:00~、0:49′)が行われた。

 福島第二のモニタリングポスト本日No.4清掃行う。福島第一では本日午後8時から、3号機の窒素封入を開始、また、水処理システム接続継ぎ手の金具の部分から漏れが見つかった為、現在運転を停止している可搬型モニタリングポストのデータ伝送異常により一部計測データが欠落した。免震棟の受信装置不具合と考えている。


岩上安身によるジェーン・ケルシー オークランド大学教授インタビュー「TPPは経済協定ではなくアメリカ企業の為の投資協定だ」 2011.7.14

記事公開日:2011.7.14取材地: テキスト動画独自

 2011年7月14日、ニュージーランドのオークランド大学教授ジェーン・ケルシー氏に岩上安身がインタビューを行った。日本国民の生活に大きな影響を与えるであろうTPP問題。

 インタビューの中でケルシー氏は、TPP参加は本当に日本に国益をもたらすのか、強い軍事力を持つアメリカに対して、日本はどのような姿勢をとれば良いのか、また、国家が資本に飲み込まれつつある現状についても言及している。

 インタビューの最後に同氏は「日本にとって何が重要なのかを、日本政府に伝えてほしい」と力強く訴えた。


ジェーン・ケルシー教授 東京講演会〜TPPは実質、アメリカとその他8ヵ国の協定で、アメリカ議会の承認なしには成立しない 2011.7.14

記事公開日:2011.7.14取材地: テキスト動画

※動画のご視聴は会員限定となります。
 2011年7月14日、TPPを考える国民会議主催のもと、オークランド大学ジェーン・ケルシー教授の東京講演会が憲政記念館で行われた。

 TPPは実質、アメリカとその他8ヵ国の協定で、アメリカ議会の承認なしには成立しない。アメリカの圧倒的影響力のもと交渉が進められており、特に医療保険・予算・インターネットのオープンアクセス・投資利権・10年間で関税をゼロとする農業が、重要な争点になるであろうと語った。

 また日本は、経済的観点ではなく、中国を仮想敵国とみなす安全保障の観点から交渉参加を推進していると語った。