主権回復を記念する政府式典に反対する4.28京都行動 2013.4.28

記事公開日:2013.4.28取材地: 動画

 安倍政権が「主権回復の日」とする2013年4月28日(日)、京都市のウィングス京都で、沖縄と在日の人々にとっての4月28日を考える集会とデモ「主権回復を記念する政府式典に反対する4.28京都行動」が行われた。


関電京都支店前スタンディングアピール 2013.4.26

記事公開日:2013.4.26取材地: 動画

 2013年4月26日(金)17時より、京都市下京区の関西電力京都支店前で、「関電京都支店前スタンディングアピール」が行われた。主催はバイバイ原発・京都。参加者達は狭い歩道に一列に並び、アコーディオンやボンゴなどの楽器に合わせ「子どもが一番大事でしょ 大人が守らにゃどうすんの?」などと、リズミカルにシュプレヒコールを繰り返した。


京都での排外街宣とそれに対する抗議 2013.4.20

記事公開日:2013.4.20取材地: 動画

 2013年4月20日(土)、京都市内で「在日特権を許さない市民の会」(在特会)京都支部による街頭宣伝とそれに対抗する抗議行動が行われた。


居並んだのは右翼・左翼・ファシスト。イデオロギーは全く違えど、「脱原発」への思いは同じ。対談「右も左もごっちゃ混ぜ!脱原発を語る」 2013.4.6

記事公開日:2013.4.6取材地: 動画

 2013年4月6日(土)18時45分、京都市中京区のハートピア京都(京都府立総合社会福祉会館)において、「右も左もごっちゃ混ぜ!脱原発を語る」と題した対談が行われた。元左翼活動家で、政治専門誌「ゼロイチ」の発刊を手がける早見慶子氏、右翼団体「統一戦線義勇軍」の議長を務める針谷大輔氏、政治結社「我々団」を主宰し「ファシスト」を自称する外山恒一氏が、互いのイデオロギーの違いや個別意見を尊重しつつ、脱原発活動への思いを述べた。


原発ゼロをめざす日本科学者会議 討論集会 2013.3.20

記事公開日:2013.3.20取材地: 動画

 2013年3月20日(水) 10時より、京都府・龍谷大学 深草学舎 22号館にて、原発ゼロをめざす日本科学者会議 討論集会が行われた。


嵐山デモ第五弾:春の嵐 —瓦礫を止めろ— 2013.3.17

記事公開日:2013.3.17取材地: 動画

 2013年3月17日(日)10時半より、京都市で「嵐山デモ第五弾:春の嵐 —瓦礫を止めろ—」が行われた。主催は、no more クレイジー&シザーズ「嵐山から脱★原発」。観光地でのデモとあって、町中のデモでは定番のビラ配布、幟は自粛となったが、参加者達は鳴り物とともに「放射能いらない」「瓦礫はいらない」などと元気よくシュプレヒコールを挙げた。


原発なくそう京都デモ 2013.3.11

記事公開日:2013.3.11取材地: 動画

 2013年3月11日(月)18時30分より、京都市下京区で「原発なくそう京都デモ」が行われた。特定の団体ではなく一個人が主催し、東塩小路公園に集合後、関西電力京都支店周辺を二周した。3.11を機に「絶望をあきらめに変えない。沈黙は罪」という強い思いから、参加者達はトラメガ、楽器、仮装、旗、のぼり、横断幕、プラカードの持ち込み、京都市内を賑やかに行進した。


バイバイ原発3.9きょうと 2013.3.9

記事公開日:2013.3.9取材地: 動画

 2013年3月9日(土)12時より、京都市の円山公園・野外音楽堂で「バイバイ原発3.9きょうと」が行われた。ゲストとして、辛淑玉(しん・すご)氏、アイリーン・美緒子・スミス氏、菅野千景氏、制服向上委員会が登場し、スピーチの他、ライブやアートパフォーマンスも行われた。その後のデモでは、円山公園から京都市役所まで一時間強のコースを、「地球を守ろう」などとシュプレコールしながら練り歩いた。


関電京都支店前スタンディングアピール 2013.3.8

記事公開日:2013.3.8取材地: 動画

 2013年3月8日(金)17時より、京都市下京区の関西電力京都支店前で、「関電京都支店前スタンディングアピール」が行われた。主催はバイバイ原発・京都。参加者たちは狭い歩道に一列になり、「原発いらない」「琵琶湖を守ろう」などのシュプレヒコールを挙げ、通行人にビラを配ったりした。着ぐるみや、タイペックスなどを着用してアピールする市民も目立った。


One Love Peace Parade in Kyoto 2013.3.2

記事公開日:2013.3.2取材地: 動画

 2013年3月2日(土)13時より、京都府京都市で 「One Love Peace Parade in Kyoto”」が行われた。大阪市で瓦礫焼却が始まって3週間経ち、空気はPM2.5、放射能、農薬の3点セットで汚染されているとの危機感から、脱☆ヒバクの会が主催した。集合場所の京都丸山公園・ラジオ塔では音楽を流したり、明るい雰囲気のなか、参加者たちはマスクをしながら市内をデモ行進した。


大本営指示は「殲滅せよ」! 殺された朝鮮人農民は3〜5万人! 東学党の乱の結末は日本軍によるジェノサイドだった! 隠されてきた朝鮮侵略の真実!! 岩上安身による奈良女子大学名誉教授・中塚明氏インタビュー 2013.2.16

記事公開日:2013.2.16取材地: 動画独自

特集 戦争の代償と歴史認識
※この記事は、2013年2月16日の記事を、再掲したものです。

 2013年2月16日(土)15時より、歴史学者の中塚明氏(奈良女子大名誉教授)に日朝関係について岩上安身が中塚氏ご自宅で話をうかがった。


岩上安身によるベル=アベス・ネダール氏インタビュー 2013.2.8

記事公開日:2013.2.8取材地: テキスト動画独自

特集 中東
※サポート会員ページに全文文字起こしを掲載しました(2014年6月26日)

 2013年2月8日(金)16時45分過ぎから、京都市左京区の京都大学吉田南キャンパスで、アルジェリアのモスタガネム大学准教授であり、京都大学の客員研究員、ベル=アベス・ネダール氏へのインタビューが、岩上安身によって行われた。アルジェリア人質事件にからめてアルジェリアの概要、その言語社会と文化背景、またイスラム教世界などについて話を聞いた。


沖縄に連帯する STOP!オスプレイ 1・28京都行動 2013.1.28

記事公開日:2013.1.28取材地: 動画

 2013年1月28日(月)、京都市中京区の京都市役所前から、「沖縄に連帯する STOP!オスプレイ 1・28京都行動」が行われた。


岩上安身のシネマ・トークカフェ「シッコ」in京都 2013.1.26

記事公開日:2013.1.26取材地: 動画独自

 2013年1月26日(土)、京都市のひとまち交流館 京都にて、医療問題をテーマとしたドキュメンタリー映画「シッコ (sicko)」が上映され、上映後、IWJ代表の岩上安身によるアフタートークが行われた。


内藤正典氏(同志社大教授)インタビュー 2013.1.23

記事公開日:2013.1.23取材地: 動画独自

特集 中東

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 「『アル・カイダ』というのは呪文のような言葉」。2013年1月23日(水)、京都市上京区の同志社大学で行われた同志社大学教授の内藤正典氏へのインタビューで、氏はこう述べ、アル・カイダの関与が言われるだけで、思考停止してしまう欧米社会、日本のマスメディアに言及。アルジェリア人質事件においては、このことが一つの原因で、フランスのマリへの侵攻が正当化されたと内藤氏は解説した。


「マスコミが公平な報道をしてくれると考えるのがそもそも間違いだ。自分で正しい情報を探しにいくべきだ」 ~孫崎享氏講演会「『戦後史の正体』から読み解く日米関係」 2013.1.20

記事公開日:2013.1.20取材地: テキスト動画

※全文文字起こしを掲載しました(6月20日)

 2013年1月20日(日)13時半、京都府南丹市の「遊you ひよし」(日吉町生涯学習センター)において、元外交官の孫崎享氏による「『戦後史の正体』から読み解く日米関係」と題する講演会が開かれた。

 市民団体の「口丹(くちたん)自然のくらし協議会」が主催したもので、約200名が聴講に訪れた。孫崎氏が外交官を務めた経験をもとに、戦後の日米外交における知られざる内幕を暴いた著書『戦後史の正体』は、22万部を超すベストセラーとなっている。

 これについて孫崎氏は、「原発、外交や、日本のありようなどに関して、『我々の知らないことがあるはず』と人々が考えている結果ではないか」との見解を示した。また、著書で触れている日米関係や日中関係などの外交や安全保障に関して、日本が抱えている様々な課題や、今後採るべき方策などについて力説した。


ふしみ「原発ゼロ」パレード 2013.1.19

記事公開日:2013.1.19取材地: 動画

 2013年1月19日(土)、京都市伏見区で「ふしみ『原発ゼロ』パレード」が行われた。


「NRCは原子力産業に絡め取られている」「故意的な無責任が横行している」~ポール・ガンター氏講演「原子力規制委員会の手本-米国NRCの実態を暴く-」 2012.12.18

記事公開日:2012.12.18取材地: テキスト動画

 2012年12月18日(火)18時30分、京都市上京区の同志社大学・今出川キャンパスにおいて、米国における反原発運動の第一人者であるポール・ガンター氏による講演が行われた。ガンター氏は、36年間にわたって原発の危険性を訴え続けており、現在はワシントンに拠点を置く反核NGO「ビヨンド・ニュークリア」に所属し活動している。ガンター氏は、「原子力規制委員会の手本-米国NRCの実態を暴く-」とのテーマで、NRC(米国原子力委員会)の抱える数々の問題点と、NRCを参考に組織したとされる日本の原子力規制委員会の問題点について、専門家の視点から見解を述べた。


MIRAI EXPO 2012 in KYOTO ~100年後、どうなるといいだろう~ 2012.12.2

記事公開日:2012.12.2取材地: 動画

 2012年12月2日(日)13時から、京都市左京区北白川の京都造形芸術大学で「MIRAI EXPO 2012 in KYOTO ~100年後、どうなるといいだろう~」が行われた。学生主体によって開催された今回のEXPOでは、「皆さんが100年後の地球のこと、人間のことを考えて行動すれば、地球環境はしっかりと守られて、未来は明るいと思う。共に頑張りたい」という京都市長の挨拶から始まり、さまざまな分野の出演者が未来をテーマに講演を行った。


京都ベジタリアン・フェスティバル 2012.11.25

記事公開日:2012.11.25取材地: 動画

 2012年11月25日(日)、京都市の梅小路公園七条入口広場で「京都ベジタリアン・フェスティバル」が行われた。