汚染水対策に予備費活用も詰め甘く、エネ庁の回答に河野氏一喝 ~国会エネ調(準備会)第28回 福島第一原発の汚染水対策を検証 2013.9.2

記事公開日:2013.9.2取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・赤間一欽)

 先日、茂木経済産業大臣から発表された今年度予算に計上されている予備費を活用した汚染水処理問題。2013年9月2日(月)15時30分から、東京都千代田区・衆議院第一議員会館にて「国会エネルギー調査会(準備会)第28回 福島第一原発の汚染水対策を検証」が臨時に開催され、自民党の河野太郎議員から調査会に出席した資源エネルギー庁に対し、数百億円もの予備費の活用について質問が出た。

 エネ庁は「予備費を使う方向で財務省と詰めの作業をしている」と回答。これに対し、「それは東電に請求するのか」と河野議員が質問を返すと、歯切れが悪く「そこも含めて財務省と調整中です」と述べた。その後のやりとりでもエネ庁の歯切れの悪い回答が続き、河野議員は強い口調で「東京電力に請求しないってことは破綻処理をして政府が出ていきます、ってことだよね。堂々と請求しろよ、税金だぜ、これ。この汚染水が漏れたのは、東京電力が後手後手に回って発生した事故だよ。東京電力が対応できないから政府が出ていくのなら、堂々と請求すればいいじゃない」と詰め寄る場面も見られた。

■ハイライト

  • はじめに 阿部知子議員から
  • 説明 資源エネルギー庁から/東京電力から/原子力規制庁から
  • コメント・提言
    佐藤暁氏(原子力コンサルタント)/吉岡斉氏(原子力市民委員会座長代理・九州大学副学長・元政府原発事故調査委員)/井野博満氏(原子力市民委員会規制部会長・東京大学名誉教授)
    提言に対して
    東京電力/資源エネルギー庁
  • 討議・意見交換
    河野太郎議員/辻元清美議員/金子勝氏(慶應義塾大学教授)/菅直人元首相/飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所所長)
  • おわりに 阿部知子議員から

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です