「本当のこと言って何か不都合でも?」―山本太郎が学んじゃうよ― Vol.06 ゲスト 岩上安身 2013.7.1

記事公開日:2013.7.1取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・関根/奥松)

特集 TPP問題|特集 山本太郎

 2013年7月1日(月)14時より、東京都杉並区の山本太郎選挙事務所で「『本当のこと言って何か不都合でも?』―山本太郎が学んじゃうよ―Vol.06」が行われた。連続企画の6回目は、参議院選挙に立候補する山本太郎氏が、ゲストの岩上安身と語り合うというもの。話題は、TPP、憲法改憲、歴史認識問題、日本の対米追随など多岐にわたった。

■ハイライト

  • 出演 山本太郎氏、岩上安身

 「はじめて○○した話」という題目から、両者のトークが始まった。岩上安身は「はじめて立候補しようと思ったのは? 2回目に立候補しようと思ったのは、なぜ」と、山本太郎氏に質問した。山本氏は「2011年から、『戦わなければいけない』気持ちと『自分と家族を守る』という気持ちの間で、ずっと揺れ動いていた。昨年の衆院選に出馬した時、路上で、人々に直接、自分の思いを伝える手段があることに感動した。今回も、なるべく多くのことを伝えたい」と答えた。

 「前回の選挙は原発に争点を絞れたが、今回は何を訴えたいのか」と尋ねる岩上に、山本氏は「特に、被曝の問題を訴えたい。現実を見ると、政府は原発の再稼働、海外輸出と突き進み、原発即時撤廃などの反対意見は、呪文にしか聞こえなくなってきている。だから、被曝に争点を当て、現実的なことから切り崩したい」と応じた。

 岩上は「今回の参院選で自民党が勝った場合、原発は再稼働と輸出へ、TPPには参加、憲法は改正される。さらに、秘密保全法、マイナンバー法などが待っている」と、懸念を表明した。また、「IWJは、自民党からすごく嫌われている。会見には入れてもらえないし、取材は断られる。しかし、自民党はネット選挙には積極的だ。ニコニコ動画などの書き込みを見ると、ユーザーには右寄りの若者が多い。つまり、ネット環境は、自民党にとって居心地がよいのではないか」と分析した。

 続けて、岩上は「自民党の改憲案のような新憲法が施行されたら、立憲主義の否定になり、日本は国際社会から完全に脱落する。ドイツがナチの国家に戻ったことと同じだからである」と語気を強めた。「昨年8月15日に出た、アーミテージ・レポートに書いてある通りの道筋を、日本は進んでいる。しかし、同レポートの中で『韓国や中国に対する、歴史認識問題だけには触れるな』と釘を刺されていたにもかかわらず、暴走した。だから、安倍総理は訪米時、オバマ大統領に相手にされなかった。日本は、アメリカの庇護があるから、中国、韓国に大きな顔ができるのだ。しかし、それを忘れて、過去の大日本帝国のようなパワーがあると錯覚している」と、日米関係の実態を話した。

 また、山本氏が「日本をぶっ壊すと言っていた人が、ぶっ壊して取り戻すと言っていた人が、日本を売り飛ばす。この点を、どのように国民にアピールしていったらいいのか」と問うと、岩上は「フェアに、オープンに、情報公開できる状態にするしかない。ところが、原発事故以降、情報公開のあり方はますます悪くなっている」と述べた。

 その後、話題は秘密保全法に移り、岩上は、アメリカのCIAやNSAで情報収集活動に関わっていたエドワード・スノーデン氏の例を挙げて説明した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「「本当のこと言って何か不都合でも?」―山本太郎が学んじゃうよ― Vol.06 ゲスト 岩上安身」への2件のフィードバック

  1. 今関和子 より:

    岩上さんのおっしゃるとおり、私も最後まで走り続けます。こちらでは(ドイツ)5日に投票開始です。一人でも多くの人に日本が崖っぷちに立っていることを知らせなくてはと思い、メールや郵便で情報を送っています。それらはIWJから得たものがほとんどです。以下に今朝日本に向かって発信したものをコピーしてみます。

    徴兵は 命かけても はばむべし
    母 祖母 おみな 牢に満つるとも石井百代
    (1978年9月18日の「朝日歌壇」より)

    自民党改憲案の目的は、日本を米国といっしょに戦争ができる国にすることです。
    そして自衛隊が国防軍になれば、まちがいなく徴兵制が導入されます。

    自民党幹事長・石破茂氏の発言: 自衛隊法では最高7年の刑にしかできない。 国防軍に変え徴兵制にすれば、無期懲役や死刑にまでもっていける。

    小出裕章氏(原子力の専門家)によれば、原子力発電所は構造上天井の部分が薄いため建屋の屋根はペラペラ。そして「原子力発電所が攻撃を受けた時は核兵器でやられるよりもっとひどい被害が出る。」とのことです。

    実戦ともなれば、在日米軍基地と原発とがまず標的にされるでしょう。2007年より配備されつつあるパトリオットPAC-3は、対弾道ミサイル攻撃において射程が20kmと短く、迎撃可能範囲が小さいため、これで54基もの原発を守りきることは不可能。日本が戦場となれば、今度こそ二度と住めない廃墟と化すことになるでしょう。

    朝鮮戦争の際や1990年代に、もし米国や日本の改憲派が望むままに九条を改定していたら、北朝鮮が米国ではなく日本を攻撃の的にしても不思議ではありません。北朝鮮は、過去に「大日本帝国」に侵略されたトラウマを持つのですから。(侵略だったことは今日の岩上さんの話で確認されました。)

    54基もの原発立地国日本が最優先すべきなのは、紛争や戦争に巻き込まれないよう努力することです。集団的自衛権を持つことは他殺行為であると同時に自殺行為となるのです。 竹島や尖閣諸島などのために、日本の国土全体の存続をかけて隣国と戦争をするなどという、正気を逸することをしてはなりません。

    平和外交が必須! 「平和憲法(九条)があったからこそ、今まで私達は守られていたのだ。」という事実を再認識してから、21日の参院選に向かいましょう!

  2. stmatthew70 より:

     本当に自民の改憲草案どおりになったとしたら
     民主主義からの脱落ですよ。 
     「立憲主義を否定 基本的人権を否定 国民の知る権利を否定」

     言ってることが、大日本帝国時代そのままなんです。 

     by岩上安身さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です