RedGE(公平なグローバリゼーションを求めるペルーネットワーク)ポール・マルケ氏インタビュー@ペルー、リマ 2013.5.24

記事公開日:2013.5.24取材地: | | テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・富田)

特集 TPP問題

 2013年5月24日(日本時間)、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の第17回交渉会合が開かれているペルーのリマで、同国のNGO(非政府組織)、RedGE(公平なグローバリゼーションを求めるペルーネットワーク)のポール・マルケ氏が、IWJの安斎記者の取材に応じた。ペルーのTPP参加に強く反対しているマルケ氏は、「薬が買えない国民を増やしてはいけない」と力を込めた。

■ハイライト

  • 出演:ポール・マルケ氏(RedGE)
  • インタビュアー:安斎さや香(IWJ)、通訳:清水テレサ(ご本人の意向により、音声通訳のみの協力をいただきました。)

 「RedGEが発足したのは、約5年前。米国が推進する自由貿易について研究している。自由貿易の波に巻き込まれた場合、ペルーがどんな不利益を被るかを、われわれは明らかにしていく」。マルケ氏はこのように語り、「米国の巨大資本への、富の集中につながるTPPへの参加には、断固として反対する」と表明した。しかし、ペルーでは、TPPへの国民の関心度は極めて低く、それがマルケ氏にとって頭痛のタネになっている様子だ。

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です