武村正義・元官房長官が官邸会見のあり方に物申す!「記者が菅さんに撒かれているのか?」荻上チキ氏も登壇 ~新聞労連シンポジウム「官邸会見の役割から考える~ジャーナリズム、本音と建前」 2019.6.22

記事公開日:2019.7.5取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年6月22日(土)13時半より東京都文京区の文京区民センターにて、「官邸会見の役割から考える~ジャーナリズム、本音と建前」と題して新聞労連主催のシンポジウムが開催され、評論家・荻上チキ氏、武村正義・元官房長官、林香里・東京大学大学院情報学環教授、与良正男・毎日新聞専門編集委員らが登壇した。

■ハイライト

  • 基調講演 武村正義氏(元内閣官房長官)
  • パネルディスカッション
    荻上チキ氏(評論家)/林香里氏(東京大学大学院情報学環教授)/与良正男氏(毎日新聞専門編集委員)
  • タイトル新聞労連シンポジウム「官邸会見の役割から考える~ジャーナリズム、本音と建前」
  • 日時 2019年6月22日(土)13:30〜16:30
  • 場所 文京区民センター(東京都文京区)
  • 主催 日本新聞労働組合連合(新聞労連)詳細、Facebook)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です