基本的なジャーナリズムの基準(誠実性・正確性・客観性・透明性・論理の尊重)を用いて情報を伝える報道機関の「ホワイトリスト」作成を目指す~5.8「国境なき記者団」東アジア総事務局長セドリック・アルバーニ氏 2019.5.8

記事公開日:2019.5.9取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年05月08日(水)10時より東京都千代田区の法政大学 市ヶ谷キャンパスにて「国境なき記者団」東アジア総事務局長セドリック・アルバーニ氏と日本の報道関係者による懇親会が開かれた。

■ハイライト

  • 日時 2019年05月08日(水)10:00~12:00
  • 場所 法政大学 市ヶ谷キャンパス(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「基本的なジャーナリズムの基準(誠実性・正確性・客観性・透明性・論理の尊重)を用いて情報を伝える報道機関の「ホワイトリスト」作成を目指す~5.8「国境なき記者団」東アジア総事務局長セドリック・アルバーニ氏」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    報道と「広報」の違いを周知する必要大!

    基本的なジャーナリズムの基準(誠実性・正確性・客観性・透明性・論理の尊重)を用いて情報を伝える報道機関の「ホワイトリスト」作成を目指す~5.8「国境なき記者団」東アジア総事務局長セドリック・アルバーニ氏 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/448403 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1126462158470934528

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です