「最終章は立憲民主と社民を含めた野党の結集。そこに橋下徹さんとは直接関係ない」!? 自由党代表会見で小沢一郎氏がIWJの質問に対し「橋下氏担ぎ」をトーンダウンした回答!?〜2.12自由党代表記者会見 2019.2.12

記事公開日:2019.2.12取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:八重樫拓也 文:IWJ編集部)

 2019年2月7日にAbemaTVで配信された、橋下徹氏がホスト役をつとめる冠番組『NewsBAR橋下』で、国民民主党の玉木雄一郎代表とともにゲスト出演した自由党の小沢一郎代表は、「橋下さんは二大政党制の考えを持っている。ぜひ、その中心となってほしい」と述べた。さらに「全野党をまとめるリーダーと、やるならそうしなきゃ。実務は我々がやるから、国民に対するアピールの面で役割を果たしてほしい」と、結集する野党のトップとして担ぎ上げると言わんばかりの熱烈なラブコールを送った。

 2月12日に行われた自由党 代表記者会見で、この発言についてIWJ記者が「国民民主との統一会派を第1章として、その先に野党結集のリーダーとして橋下氏を想定しているということでいいのでしょうか」と質問すると、小沢代表は次のように答えた。

 「今回の統一会派が第1章ということであるとすれば、最終章は立憲民主と社民を含めての野党の結集ということだ。

 彼(橋下氏)の言っていること、端的にいうと、『政権を取らなきゃわれわれの言っていることはただの絵空事に過ぎない。もっと政権を取ることに勢力を集中すべきだ』という意見には賛成です。

 もう一つは『民主主義にはポピュリズムの要素が必要だ』という意見。それも賛成です。

 そういう意味での彼の考えには同意していますけれども、今回の統一会派、そしてそれに続く最終章に橋下さんが直接関係あることではありません」

▲小沢一郎・自由党代表

 よくわからない発言である。橋下氏本人を前にして、しかも密室でのやり取りではなく、公開された番組の中で「全野党をまとめるリーダーに」と呼びかけておきながら、橋下氏のいない会見の場では、野党結集の第1章から、立憲・社民と合流する最終章においてまで、「橋下さんは直接関係ない」と、「構想外」であることを示す。では、あのAbemaTVでの発言はその場限りの「リップサービス」だったというのだろうか?

 仮にそうだとしたら実のない言葉を口にしたということになり、政治家である小沢氏の言葉の信用性に傷がつく。

 しかし他方でAbemaTVに同じく出演した玉木氏は、その後のジャーナリスト横田一氏による独自取材にこたえて、「これから3人(玉木・小沢・橋下)で何度も会う」とも証言している。橋下氏との合流は手探りで進めていくが、あまりに評判が悪いので、今は話を伏せよう、ということなのかとの疑いがぬぐえない。

 山本太郎共同代表はこの番組を「見ていない」とエクスキューズした上で、小沢氏の番組内での発言について「いろんな人と手をつなぐということで、政権を取っていくということなんだろうと思います。

■ハイライト

  • 日時 2019年2月12日(火)16:30~
  • 場所 衆議院 第27控室(東京都千代田区)

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「「最終章は立憲民主と社民を含めた野党の結集。そこに橋下徹さんとは直接関係ない」!? 自由党代表会見で小沢一郎氏がIWJの質問に対し「橋下氏担ぎ」をトーンダウンした回答!?〜2.12自由党代表記者会見」への2件のフィードバック

  1. 宮本 丈晴 より:

    小沢一郎も地に落ちたものだ。だいたい橋本徹が安倍を倒そうとなど心底思っていないと思うよ。
    前回の衆議院選挙で小沢一郎氏がとった行動を見ればわかると思うのだが。
    野党を結集したいと考えているなら、前原と細野豪志の動きを修正させる動きをするものだが、見ていた限りそのような行動が見受けられなかった。
    結局、自民党の合意がえれる野党結集、共産党外し以外何物でもないと思うのだが。

  2. 無党派 より:

    橋下に騙され過ぎ

    安倍、菅ハゲの靴なめに躍起な橋下が権力ない人気ない野党代表⁉なるわけない

    野党同士でつぶしあいも維新に有利だから

宮本 丈晴 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です