かつて十和田・八甲田の火砕流も到達!! 日本原燃六ケ所再処理工場審査で原子力規制庁は巨大噴火リスクを無視してよいのか!~12.14緊急政府交渉&院内集会 六ヶ所再処理・核施設の火山審査を問う 2018.12.14

記事公開日:2019.3.7取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年12月14日(金)10時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、原子力規制を監視する市民の会、FoE Japanの主催により、緊急政府交渉&院内集会「六ヶ所再処理・核施設の火山審査を問う!巨大噴火リスク無視してよいのか?」が開催された。山田清彦氏(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団)、海渡雄一氏(弁護士、脱原発弁護団)、中野宏典氏(弁護士、脱原発弁護団)、阪上武氏(原子力規制を監視する市民の会)他が参加した。

■ハイライト

  • 趣旨説明/対原子力規制庁交渉/院内集会
  • 参加 山田清彦氏(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団)/海渡雄一氏(弁護士、脱原発弁護団)/中野宏典氏(弁護士、脱原発弁護団)/阪上武氏(原子力規制を監視する市民の会)ほか
  • タイトル 緊急政府交渉&院内集会 六ヶ所再処理・核施設の火山審査を問う!巨大噴火リスク無視してよいのか?
  • 日時 2018年12月14日(金)10:00〜13:00
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区
  • 主催 原子力規制を監視する市民の会FoE Japan詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です