パレスチナ人の命と引き換えに開発した武器・セキュリティ機器を売り込むイスラエル!「死の商人の取引に、川崎市は手を貸すのか!」~イスラエル軍事見本市に350人の市民が8.29大抗議! 2018.8.29

記事公開日:2018.8.30取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年8月29日(水)11時30分より神奈川県川崎市のとどろきアリーナ入り口前にてイスラエル軍事見本市をやめろ!大抗議行動が開催された。

■ハイライト

  • 日時 2018年8月29日(水)11:30〜13:30
  • 場所 とどろきアリーナ入り口前 レンガ広場(神奈川県川崎市)
  • 主催川崎での軍事エキスポに反対する会(詳細 pdf)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「パレスチナ人の命と引き換えに開発した武器・セキュリティ機器を売り込むイスラエル!「死の商人の取引に、川崎市は手を貸すのか!」~イスラエル軍事見本市に350人の市民が8.29大抗議!」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    パレスチナ人の命と引き換えに開発した武器・セキュリティ機器を売り込むイスラエル!「死の商人の取引に、川崎市は手を貸すのか!」 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/430395 … @iwakamiyasumi
    ほとんどの国民が知らされないまま日本は官民一体となって死の商人国家へと突き進もうとしている。報じてくれたIWJに感謝。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1035130697021681664

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です