5.18にTPP11いよいよ強行採決か!? 種苗の自家増殖「原則禁止」へ種苗法が転換!! 東京高裁判決「種子法廃止の背景にはTPP協定」次は水道法改定!?~「TPP11協定批准反対」院内集会 2018.5.15

記事公開日:2018.5.18取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文:花山格章)

特集 TPP問題
特集 種子法廃止の衝撃「食料主権」を売り渡す安倍政権
※2018年6月11日テキストを追加しました。

 「モリカケもそうだが、ある一部の人たちが利益を得るために、条約や法律をほしいままにして国民を騙している。嘘とごまかしと隠蔽にまみれた政治の象徴が、TPPだ」

 立憲民主党の川内博史衆議院議員は、そう言ってTPP11発効手続きを強引に進めようとする政府・与党を糾弾した。

▲立憲民主党・川内博史 衆議院議員

 2018年5月15日、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、TPPプラスを許さない! 全国共同行動の呼びかけにより、「5.15 TPP11協定批准反対」院内集会が行われた。

 なお、TPP11承認案は5月18日、野党の猛反発にもかかわらず衆議院本会議で採決され、賛成多数で可決された。さらに、5月24日にはTPP11関連法案が衆議院を通過。政府は今国会の会期中(6月20日まで)に参議院でも可決、成立させて、TPP11発効への国内手続きを急ぐ意向だ。

 なおTPP11に関しては、本日(2018年6月11日)午後2時半より、「『食料は武器、標的は日本』TPP11、日米FTA、日欧EPAで日本農業は壊滅!安倍政権に貿易政策は任せられない!」というタイトルで、岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科教授・鈴木宣弘氏インタビューの中継配信を行う予定である。

 グローバル企業による資源や市場の凄まじい私物化と、そうした企業のために日本の主権を安々と放棄する安倍政権の通商政策について、さらには大手メディアがまともに取り上げない「自由貿易の闇」など、TPP11が内包する多くの問題を、ぜひ皆様の眼でご確認いただきたい。

―――――――
【IWJ_Youtube Live】6月11日(月)14:30~
「食料は武器、標的は日本」TPP11、日米FTA、日欧EPAで日本農業は壊滅!安倍政権に貿易政策は任せられない!岩上安身による東京大学大学院農学生命科学研究科教授・鈴木宣弘氏インタビュー」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
―――――――

記事目次

■ハイライト

  • 全国共同行動からの問題提起と国会議員への要請
  • 国会議員からの情勢報告と連帯あいさつ

TPPは農業分野だけでなく、国のあり方に関わる重要な問題。それを短時間で片付けようとする姿勢がいけない!

 日本共産党の紙智子参議院議員は、「TPP11は5月18日に質疑、採決まで行くかどうか。非常に緊迫している。また、4月の日米首脳会談で新たな枠組みが出てきた。今までは経済界の枠組み、今度は茂木敏充経済再生担当相とUSTR(アメリカ合衆国通商代表部)のライトハイザー通商代表との場。FTAとなれば大きな批判が出るため、あえてFTAを伏せたまま、アメリカの要求を聞き入れる枠組み作りをしているのではないか。日本が危機的な状況になると言わざるを得ない。これについても厳しく問い質し、国民に対して情報を知らせるように求めていく」と力を込めた。

▲日本共産党・紙智子 参議院議員

 同じく日本共産党の穀田恵二衆議院議員は、「相手(与党)は短時間でやろうとしてるが、TPPは国のあり方に関わる重要な問題」と述べ、農業分野だけでなく経済や調達など、ありとあらゆる分野に影響があることを指摘し、こう続けた。

 「そういうものを短時間で議論するという心根がダメだということを、確認する必要がある。確かに、強行採決はあるでしょう。しかし、それが問題というより、そういうものを軽く扱う政治のあり方に憤らなければいけない。皆さんが、TPP11の問題についてさまざまな議論を深めることが裾野を広げる。共産党を含めた野党5党1会派は『TPP11採決は論外』ということで、協力して戦う。

▲日本共産党・穀田恵二 衆議院議員

 今、モリカケや日報で隠蔽だ改竄だと問題だらけ。TPP11も、そういう問題のひとつととらえている。衆議院が仮に終わったとしても、参議院がある。野党全体が戦う意志表示を確認したことは極めて大きい」

種子法廃止で自家採種が原則禁止へ!? 水道民営化の背景にもTPP。しかし自民党議員は議場でスマホ、おしゃべり、緊張感なし!

 佐藤公治衆議院議員(無所属)は、「私は参議院議員の時から山田正彦先生の指導を受けて、TPP反対を訴え続けている。今はいったん立ち止まり、この国の本質、そして世界の本質、これからの行く末をきちんと見極めることが大事だ。何よりも議論の前提がめちゃくちゃ。これで本当にこの国は統治できるのか。行く末が心配でならない」と現状を憂慮した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です