「裁量労働制は年収要件がなく、若い人がターゲットになる」〜安倍政権の「働き方改革」見直し求め、野党と市民が集会開催!過労死遺族「明らかに命が奪われる法律、見過ごせない」と憤り 2018.2.23

記事公開日:2018.2.23取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ 編集部)

 「政府の『働き方改革』は過労死促進法だ」――。

 安倍政権が今国会の最重要法案と位置づける「働き方改革」の見直しを求め、野党と市民が2018年2月23日、参議院議員会館で集会を開催した。

 「働き方改革」をめぐっては、「裁量労働制で働く方の労働時間の長さは、一般労働者よりも短いというデータもある」と安倍総理が答弁したものの、のちにデータに誤りがあったことが発覚し、謝罪・撤回した。しかし、安倍総理は「厚労省から上がってきた答弁にデータがあったことから紹介した」と官僚に責任転嫁している。政治家として、無責任の極みであるが、では、根拠となるデータに間違いがあるからといって、法案を撤回するのかといえば、そうではない。押し通すのだという。理屈も何もあったものではない。何というデタラメぶりだろうか。

 この日の集会で、共産党の小池晃議員は、「役所の紙を読むだけなら総理大臣などいらない」と述べ、「今後、安倍総理が答弁するたびに『それは紙を読んだだけですか? その紙の中身は確認したんですか?』と、いちいち問いたださなければいけなくなる。国会審議が成り立たなくなる」と非難した。

 集会に登壇した全国過労死を考える家族の会・代表世話人の寺西笑子(えみこ)さんは、「裁量労働制は年収要件がないことで、若い人がターゲットになる」と危惧し、「政府は『自由な時間で働ける』と言うが、そんなことはさらさらない。職場で命令されれば反論できず、命令を懸命にこなすことしかできない。その果てに死人が出る。私たちはそれを目の当たりにしてきた」と訴えた。

 そのうえで寺西さんは、「国民の命を奪う裁量労働制の拡大は、家族の会は絶対に認められない。私たちは明らかに命が奪われる法律を、黙って見過ごすことはできない」と力を込め、「働き方改革」は「残業代ゼロ法案であり、過労死促進法だ」と糾弾した。

 IWJでは、寺西さんが2月21日に衆院予算委員会で行った意見陳述も全文文字起こしつきで記事化している。過労死遺族の悲痛な思いを代弁した寺西さんの意見陳述を、ぜひご覧いただきたい。

【関連記事】

<会員向け動画 特別公開中>

■ハイライト

■全編動画

  • タイトル 裁量労働制再調査と佐川国税庁長官らの証人喚問を求める野党合同院内集会
  • 日時 2018年2月23日(金)12:00〜
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“「裁量労働制は年収要件がなく、若い人がターゲットになる」〜安倍政権の「働き方改革」見直し求め、野党と市民が集会開催!過労死遺族「明らかに命が奪われる法律、見過ごせない」と憤り” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    共産党 小池晃議員「役所の紙を読むだけなら総理大臣などいらない。今後、安倍総理が答弁するたびに『それは紙を読んだだけですか? その紙の中身は確認したんですか?』と、いちいち問いたださなければいけなくなる。国会審議が成り立たなくなる」
    https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412983 … @iwakamiyasumiさんから
    https://twitter.com/55kurosuke/status/967013713239687168

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です