【国会ハイライト】「お宅は過労死ではない。裁量労働だったからね」〜全国過労死を考える家族の会・寺西笑子氏が国会で「過労死」の実態を次々告発!「働き方改革」は「過労死促進法だ」 2018.2.21

記事公開日:2018.2.23 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文:IWJ編集部)

 政府が強力に推進する「働き方改革」。裁量労働制の対象拡大によって、長時間労働や過労死の増加に拍車がかかると懸念されている。

 衆院予算委員会は2018年2月21日、中央公聴会を開催。公述人として全国過労死を考える家族の会・代表世話人の寺西笑子(てらにし えみこ)さんを招いた。自身も夫を過労自殺で亡くしている寺西さんは、自身と過労死遺族らの実体験を紹介しながら、「国民の命を奪う裁量労働制の拡大は絶対に認めない」と訴え、「働き方改革」の断念を求めた。

▲全国過労死を考える家族の会・代表世話人の寺西笑子さん

 「働き方改革」は今、大きな分岐点にある。今国会を「働き方改革国会」と名付けた安倍総理は、1月29日の衆院予算委員会で、「厚生労働省の調査によれば、裁量労働制で働く方の労働時間の長さは一般労働者よりも短いというデータもある」などと発言したが、これが誤りであったことが発覚し、謝罪・撤回に追い込まれた。

 安倍総理が根拠とした数字は、裁量労働制で働く者に対しては、単に「1日の労働時間」を尋ねていたのに対し、一般労働者には「1カ月間でもっとも長く働いた日の残業時間」を聞き取り、そこに法定労働時間の8時間を足していたというものである。これではまともな比較になるはずがない。

 元となったデータは厚労省の「2013年度 労働時間等総合実態調査」で、厚労省はデータの応用の仕方は「不適切」ではあったが、このデータそのものは正しいという認識だ。2月20日の衆院予算委員会では、安倍総理も比較対象として不適切であったことは認めたものの、「データを撤回したわけではない」と、「2013年度 労働時間等総合実態調査」の信憑性そのものは揺らいでいないと強調した。ここまではIWJも記事にしている。

 しかしその後の調査によって、2月21日には「2013年度 労働時間等総合実態調査」にも117件もの異常データが確認されたことが発覚。例えば、同じ人の残業時間が1週間よりも1カ月の方が短い、などといった具合だ。加藤勝信厚生労働相は22日の衆院予算委員会で、異常データは今後さらに増える可能性があると認めた。また、「なくなった」としていた調査原票が厚労省の地下室で見つかったことも認めている。

 それでも加藤厚労相は、「(「働き方改革」を行うという)結論をひっくり返す必要はない」と改めて強調。厚労省は今回の騒動を受け、裁量労働制拡大の実施時期を当初予定の19年4月から1年遅らせて、2020年4月とする方向で検討中だという。

 「1年施行を先延ばしにするということは、まだ法案が通っていないのにどういうことかと。まるで私たちの意見を無視したかのような方針を立てるということ自体、本当に許せない思いでいます」

 寺西さんは予算委員会で強い憤りを示し、「今回の働き方改革法案は、『残業代ゼロ法案』です。『過労死促進法』です。ひいては過労死防止法違反です」と政府の進める「働き方改革」を批判した。

 以下、寺西さんの公述を文字起こしし、国会ハイライトとして掲載する。

「私たちは、大切な家族をある日、突然に過労死で亡くしました」〜全国過労死を考える家族の会・寺西氏が「働き方改革」に意見陳述!

寺西氏「全国過労死を考える家族の会・代表世話人をしております寺西笑子と申します。本日は貴重な場を与えていただき、感謝申し上げます。

 また、2014年6月20日には、全会一致で過労死等防止対策推進法を可決、成立いただき、皆様方には大変お世話になりました。ありがとうございました。これには何より『過労死はあってはならない』という過労死遺族の切実な思いと、多くの国民の声を国会議員全員で受けとめていただいた結果だと捉えています。

 本日は、過労死遺族の立場、また、遺族から相談をお受けしている者の立場として意見を申し上げます。

 全国過労死を考える家族の会は、1991年結成以来、四半世紀以上にわたり、過労死の根絶を願って活動をしてきました。繰り返されている過労死に歯止めをかけ、過労死をなくしたい思いから、過労死防止法の制定に取り組み、制定後は、過労死等の根絶を目指して、過労死等防止対策の推進に全力を尽くしています。

 私たちは、大切な家族をある日、突然に過労死で亡くしました。その最大の問題は、日本の働く社会に蔓延している長時間労働が多くの労働者の命と健康を奪っているということであります。過労死等防止対策推進法が施行された後も、いっこうに、過労死等はなくなるどころか、劣悪な働かせ方で過労死する人が増えています。このことは、家族の会へ相談に来られる遺族の声で確認しているところであります」

「月に5〜8回の当直と救急患者、入院患者の対応をし、眠る間もなく32時間連続勤務」〜過労死した小児科医の過重労働

寺西氏「本日は随行席には、全国過労死家族の会東京代表の中原のり子さんがいらしています。1999年に小児科医だった御主人を44歳で、過労死で亡くされました。

 勤務状況は、月に5回ないし8回の当直と救急患者、入院患者の対応をし、眠る間もなくそのまま日勤をこなし、32時間連続勤務という疲労困憊の過重労働の末の過労死でした。

 中原のり子さんは、2人のお子さんを抱え、御主人の労災認定がされるまで8年、民事裁判で最高裁まで闘われ、11年間ご苦労をされました。

 ドクターは患者の健康を治すのが仕事ですが、御主人の実態は、体調が崩れても休むことができず、健康管理がされないヘトヘトの状態で職務につかれ、過労死に追い込まれました。中原さんは、夫は安倍政権の狙う高度プロフェッショナル制度の先取りで過労死したと訴えられ、医師の働き方改革に励んでおられます」

「お宅の場合は過労死ではない。裁量労働だったからね」〜過労死した大手電機メーカーのエンジニアの遺族が投げつけられた言葉

寺西氏「もう一人の随行席は、全国家族の会遺児の会代表の渡辺しのぶさんです。2000年に大手の電機メーカーエンジニアで40歳だった御主人を過労死で亡くされました。勤務状況は、毎日朝6時半には家を出て、終電で帰宅、土曜日は出勤、日曜は持ち帰り仕事、その合間に海外出張があり、移動は土日を使うため、帰国したら翌日から出社という、出張前後の休みなしとの状況で、御夫妻は『過労死しそうだね』と話したことがあったことが、現実になったのです。

 亡くなった後、会社に行くと、当時の上司から、『お宅の場合は労災、過労死ではない。裁量労働だったからね』と言われました。課長になると裁量労働になるとは思いもよりませんでした。なぜなら、会社から説明がなかったのです。それがどういうことなのか、本人も家族もわかっていなかったようです。

 会社は裁量労働制だから労働時間を管理しておらず、しのぶさんは、2人の子供を抱え、労災申請のために労働時間を算出するのに大変御苦労されました」

「夜中の1時に帰宅、3時に就寝、朝6時半起床、7時過ぎ出勤」〜27歳の若さで過労死した大手印刷会社社員

寺西氏「3人目は、本日の資料の最後におつけしています、朝日新聞2015五年3月27日付の掲載記事の方です。

 Aさんの息子さんは、27歳の若さで過労死されました。大学院を出て、東京の大手印刷会社へ就職し、研究開発部門に配属され、入社2年目から専門業務型裁量労働制の適用対象者になりました。

 規定で22時以降の残業は許可が要ることで、息子さんが自主申告すると上司から殴られたそうです。息子さんは、その後、帰ったことにして仕事をしていたようです。友人に送ったメールは、夜中の1時に帰宅、3時に就寝、朝6時半起床、7時過ぎ出勤。友人への返信も、元気にしてない、毎日午前様で、明日は徹夜かもという、過労死寸前の、毎日、深夜帰宅のメールが残されています。

 実際には、これをはるかに超える実質的な拘束時間があったものと推察されます。つまり、裁量労働制は、使用者が正しい労働時間管理をせず、本人へ過少申告を強要し、サービス残業をしないと仕事が回らないのが実情で、裁量労働制で死んでも、自己責任にされ、労災認定されない実態があります」

「2週間連続勤務、1月320〜350時間、年4000時間を超える勤務」〜過労自殺した「長時間働かせ放題」の名ばかり店長

寺西氏「最後に私ごとですが、22年前の1996年、49歳だった夫は過労自死しました。飲食店の店長だった夫は、サポート体制がない中、達成困難なノルマを課せられ、成果を得るために、2週間連続勤務、1月320時間から350時間、年4000時間を超える勤務でした。

 必死の努力で一定の成果を上げましたが、会社が命令した右肩上がりの成果に届かなかったため、過度の叱責を受け、人格否定され、身も心もぼろぼろになり、鬱病を発症して、飛びおり自殺をしました。

 裁判でわかったことは、会社に義務づけられていた健康診断は一度も実施せず、36協定(※)もなく、仕事量の裁量もない、成果だけ求められる裁量労働的な、『長時間働かせ放題』の名ばかり店長だったことが明らかになりました。

 夫は、会社の利益のために、睡眠時間と家族と過ごす時間、自分の自由な時間を犠牲にして会社に尽くしました。その見返りが過労自死だったのです。夫は、死ぬために働いたのではなく、生きるために働きました。必死に働いてきた夫の無念を思うと、悔しくてなりません」

「過労死防止には長時間残業の法規制が急務!」〜政府「働き方改革」の3つの問題点!

寺西氏「過労死をなくすには、その温床になっている長時間残業を法的に規制することが急務と考えて、私たちは政府の働き方改革の動向を見守ってきました。

 現在、政府が導入しようとしている『働き方改革』は、3つの大きな問題点があります。

<ここから特別公開中>

 ひとつは、時間外労働の上限を原則として月45時間、年間360時間と規定するものの、6カ月は例外を設け、100時間未満、2カ月平均80時間という過労死ラインの時間外労働を認め、それを合法化しようとするものです。

 ふたつ目は、『高度プロフェッショナル制度』の創設です。年収要件を満たす一部の専門職の労働者を労働基準法の労働時間規制から適用除外するホワイトカラーエグゼンプションであること。

 みっつ目は、『企画業務型裁量労働制の拡大』の導入。これは、年収要件がないことで、多くの若者が定額働かせ放題のターゲットになり、劣悪な環境にさらされます。実際は、仕事量の裁量がない中で成果を求められ、その成果を得るために長時間労働をやらざるを得ないのが裁量労働制です。

 今でさえ死者が出ているのに、これ以上裁量労働制を拡大したら、更に死人が増えます。命より大切な仕事はありません。真面目で責任感が強い人を死に追いやる危険な働き方の拡大は、やめていただきたいです。

 会社にとっては一つの駒かもしれませんが、家族にとってはかけがえのない大切な命です。幸せな家庭を地獄に突き落とさないでください。

 国は、国民の命を守る法律をつくるところではないのでしょうか。国民の命を奪う法律をつくることは、家族会は絶対に認めません。国民の命を奪う裁量労働制の拡大は、家族会は絶対に認めません。私たちは、人の命が奪われるのが明らかな法律を黙って見過ごすわけにはいかないのです。

 家族が過労死して地獄の苦しみを味わった私たちは、同じような被害者をふやすわけにはいきません。私たちは非力ながら、遺族の集まりですが、裁量労働制の拡大を阻止するために、全力で行動します。私たちは過労死がゼロになる本当の改革を実現するために、全力で行動します。

 さらに驚いたことは、裁量労働制で働いている労働時間調査結果の間違いであり、本当は著しい長時間労働の実態であることが判明したことです。安全を確認せず危険な働き方を拡大することは、死人を増やすことにつながります。

 国は人の命にかかわる問題を全く無視したことは、本末転倒であり、怒りが禁じ得ません。政府はこれまで、裁量労働制の労働時間データは一般と比べて少ないと説明してきた。その根拠がなくなったことで、法案の取下げと裁量労働制拡大の削除を求めます」

「働き方改革法案は『残業代ゼロ法案』です。『過労死促進法』です」〜過労死は誰にでも起こりうる!

寺西氏「ここで御理解いただきたいことは、多くの事業所で労働基準法や労働安全衛生法などが守られていないという現状です。

 過労死をなくすには、その温床になっている長時間過重労働、パワーハラスメントをなくす対策が急務です。ところが、そうした法律よりも、身勝手な就業規則や社訓、職場慣行が優先され、会社では法律や人権など機能していません。

 また、上司から強制された自発性が求められ、理不尽な指示に逆らえない職場風土があります。そのひとつに、『労働時間管理』です。

 昨年1月、労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドラインが策定されましたが、まだまだ自主申告が多くあります。自主申告は、過少申告、すなわちサービス残業を強要する黙示の命令とされるものなので、罰則規定つきの厳罰化にすべきと考えます。

 過労死は、真面目で責任感が強い人が被災する極めて理不尽な出来事です。あってはなりません。過労死は人災、劣悪な働き方をすれば誰にでも起こります。

 特に深刻なのは、若者の自死が多いことです。日本の将来を担う若者を使い潰すようでは、日本の未来をなくします。今求められているのは、日本の働く社会から過労死、過労自死を根絶するとともに、労働者にゆとりのある生活時間の確保と労働時間規制であることは明らかです。

 そのためにも、政府の働き方改革法案の中にある、国民の命を奪う高度プロフェッショナル制度の創設、裁量労働制の拡大、このふたつを削除し、まずは実態調査をして、実効性ある長時間労働規制を強く求めます。

 このままでは、今回の働き方改革法案は、『残業代ゼロ法案』です。『過労死促進法』です。ひいては過労死防止法違反です。私たちは、これからも働く者の命を守るために、過労死の根絶を目指して努力してまいる所存です。こうした内容のことをぜひ近日中に加藤厚労大臣にお伝えしたいということで、お願いをしているところであります。

 以上で私の意見陳述を終わります。ご清聴ありがとうございました」

政府の姿勢に寺西氏が憤り!「まだ法案が通っていないのに『1年施行を先延ばしにする』とはどういうことか」

 公述人らは意見陳述後、予算委員会の委員の質疑に応えた。以下は希望の党・山井和則議員との質疑応答。

▲希望の党・山井和則議員

山井委員「私、怖いなと思いますのは、労働組合のない会社も多いわけであって、もうやりたい放題なんですよ。本人自体が裁量労働制と知らなかった。みなし労働時間分残業代がもらえるというけれども、そのみなし労働時間がそもそも8時間なのに、夜中12時まで働かされて、一種の無法地帯なんですね。

 ですから、これは1年施行が延期されようが、この裁量労働制の拡大という法案が提出された瞬間に、私は、日本中の会社は、残念ながらもう動き出すと思います。つまり、『働き方改革』で政府が裁量労働制を推奨しているんだ。それは企業は、もう法案が通ろうが通るまいが、施行されようが、拡大解釈で、もうその方向に日本の政府がやれと言っているわけですから、それは先取りして、拡大解釈でやりますよ。

 となれば、私は、法案が成立するかどうか、施行されるかどうか以前で、残念ながら、過労死は激増する危険性があるんじゃないかと本当に心配しています。この点について、この裁量労働拡大や高度プロフェッショナルが含まれている法案が、成立とか施行以前の問題で、提出されることの社会に与える影響についてお聞きできればと思います」

寺西氏「本当に許せない思いでいます。こうした働き方改革というのは、本当に、何か、どう考えているのかというふうに思えてなりません。やはり、1年延びたところで、(働き方改革を)すると決まれば、山井先生がおっしゃったように、もう働かす側は、使用者側はその準備に入ると思います。

 そうしたものが広まっていくということが、私たちが考え、活動している、過労死をなくす、そうした理念を進めていく中で、こういう雰囲気、空気が広がることによって、私たちが周知啓発、そして調査研究、そうした過労死をなくす対策が本当に何かかき消されるのではないかというふうに考えます。

 ぜひそれは、1年施行を先延ばしにするということは、まだ法案が通っていないのにどういうことかと。まるで私たちの意見を無視したかのような方針を立てるということ自体、本当に許せない思いでいます」

天国の夫は「おそらく悲しんでいる」〜過労死は「我が事のように考えないとなくならない」と要求!

山井委員「最後に一問。以前、寺西さんのご自宅、京都ですので、私もおうかがいして、(亡くなった夫の)彰さんの御仏前で手を合わせさせていただいたことがありました。本当にすごく素敵な方であります。本当に無念であられたと思います。

 ちょっとこんなことを聞くと本当に失礼かもしれませんが、本当に、天国の彰さんは、今、日本の国がこういうことをやろうとしているということに関して、どう思っておられるでしょうか。もう本当に失礼な質問かもしれませんけれども、もしコメントがあれば、よろしくお願いします」

寺西氏「ありがとうございます。おそらく悲しんでいるというふうに思います。

 私たちは、大切な家族を亡くして、当然ながら、二度と繰り返さない、会社の謝罪とか求めていますが、やはり一番皆さんに知っていただきたいのは、(家族が)亡くなったことを教訓にしてほしいという思いであります。

 今日もたくさん遺族、家族の会の仲間がきていますが、皆さん、亡くなった家族のことを人前で話すのはつらいんですよ。だけれども、その働く現状が全く変わらない、そのことに対して、亡くなったことへの教訓を皆さんで考えてほしい。過労死をしたことを人ごとと思っている限りは、日本の改善はありません。

 皆さんもご家族がいらっしゃるはずです。そうしたご家族の、身近な人が長時間労働で命まで奪われる、そうしたことを我が事のように考えていただかないと、この過労死問題はなくならないと思います。

 ですから当然、労災認定、企業責任、それも大事です。だけれども、もっと大事なのが、過労死した実態を皆さんで考え、取り組んでいただきたい。そのことを皆さんが人ごとに考えていらっしゃるようでは、日本の過労死はなくならないんです。

 私は、この間、海外からも取材を受けました。一番恥ずかしいのは、日本人はなぜそんな長時間労働するのか、いくら説明しても、受けとめていただけません。日本は先進国でありながら、私はその答えをするのに恥ずかしい思いをしました。これだけ四半世紀以上、毎年過労死が起こっています。

 そうした働き方、すでにデータ、調査、全部あるはずです。それを改善すれば、なくなるんです。そこをこの国会の先生方、立法の先生方に本当に真剣に考えていただきたいというふうにお願いをしたいところです。ありがとうございます」

 22日には衆院予算委員会で集中審議が開かれ、「働き方改革」をめぐる議論も行われた。IWJは今後もこの問題を追及し続け、記事も続々アップする予定である。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“【国会ハイライト】「お宅は過労死ではない。裁量労働だったからね」〜全国過労死を考える家族の会・寺西笑子氏が国会で「過労死」の実態を次々告発!「働き方改革」は「過労死促進法だ」” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    【国会ハイライト】「お宅は過労死ではない。裁量労働だったからね」〜全国過労死を考える家族の会・寺西笑子氏が国会で「過労死」の実態を次々告発!「働き方改革」は「過労死促進法だ」 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412962 … @iwakamiyasumi
    嘘をつき続け、犠牲者の声に耳を傾けない。過労死は政治による犯罪だ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/966805606999851008

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です