「働き方改革実行計画」は「生産性の向上」「労働生産性を改善」「出生率の改善」といったフレーズばかり!?「働く人の視点と言いながらも経済優先」であると早稲田大学大学院教授・浅倉むつ子氏が指摘!――東京・生活者ネットワーク2018年新春の集い 2018.1.31

記事公開日:2018.2.1取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年1月31日(水) 15時より東京都新宿区のベルサール西新宿にて、「東京・生活者ネットワーク 2018年新春の集い」が開催され、第1部「働き方改革~生活時間を取り戻す~」に、講師として、早稲田大学大学院教授浅倉むつ子氏が講演をした。

<会員向け動画 特別公開中>

■ハイライト

■全編動画

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です