【第357号】岩上安身のIWJ特報!自民党改憲草案の緊急事態条項は戦前の国家総動員法の起動スイッチ!? 衆院解散で「ナチスの手口」がいよいよ現実に!? 岩上安身による早稲田大学・長谷部恭男教授インタビュー(その2) 2018.1.29

記事公開日:2018.1.29 テキスト独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩上安身)

※サポート会員に登録すると無制限で、岩上安身インタビューおよび特報など、すべて閲覧できるようになります。ぜひサポート会員登録をご検討ください!→登録はこちらから
◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!

その1の続き)

問題発言を繰り返す麻生副総理!長谷部氏は「ヒトラーのことがお好きだということはとてもよくわかるのですが、もう少し勉強されたほうがよろしいんじゃないか」と批判!?

岩上「はい、そして、麻生さんの『ナチスの手口』発言(※17)。まあ、有名ですよね。『手口を学んだらどうかね』というところが、よくフィーチャーされているんですけれども、実はこのご著書で石田先生が冒頭に、この発言のほぼ全文を書かれているんですね。これは、よほど『鍵になる』とお考えになった上で書かれていると思うんです。長谷部先生は、麻生副総理という、政権ナンバー2、大変影響力のある政治家が言った言葉の、どこが気にかかると思われますか?」

第356〜359号は、「まぐまぐ」や岩上安身のIWJチャンネル(ニコニコチャンネル)にて864円でご購読も可能です。

  ※「まぐまぐ」はこちら
  ※岩上安身のIWJチャンネル(ニコニコチャンネル)はこちら

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です