【第346-349号】岩上安身のIWJ特報!「長州レジーム」から日本を取り戻せ! 歴史の闇に葬られた幕末の思想家・赤松小三郎の夢と明治維新の闇 岩上安身による関良基氏インタビュー(その4) 2017.12.3

記事公開日:2017.12.3 テキスト独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 明治を疑う!朝鮮半島と日本

※サポート会員に登録すると無制限で、岩上安身インタビューおよび過去の特報などすべて閲覧できるようになります。ぜひサポート会員登録をご検討ください!→登録はこちらから

※2017年12月3日、「その25」から「その28」までのテキストを追加しました。

前号の続き)

記事目次

日米通商修好条約は本来は不平等条約ではない!しかし尊王攘夷派の天皇原理主義により、開明派が失脚し不平等条約に!

岩上「次に、日米通商修好条約のことについてお話をうかがいます。私は間違いなく中学校の教科書で、『幕府が結んだ日米通商修好条約は不平等条約でした』と習いました。しかしこれが嘘だった。これは衝撃。ショックです」

関「不平等条約といわれる根拠が、関税自主権がないことだといわれているじゃないですか。関税自主権がなかったから不平等条約だというのが1つの論拠になっているんですけれども、日米通商修好条約の関税率は20%と決まっていたんです(※175)。酒類35%、一般商品20%など、いくつか分類があるんですけれども、一般商品は20%と決まっていたんです。

 20%とはどのくらいの税率かというと、ヨーロッパ列強諸国がお互いに貿易をする時に、普通にかけていたのが20%なんですよ。お互いに財源を確保しなくてはいけないので、20%ぐらい税金を取って財源を確保しながら、自国の産業の競争力を上げるというのが、当時の貿易のスタンダードだったんです。イギリスが不平等条約を結ばせた国は関税率2.5%、5%にさせられました。つまり、一等国が二等国、三等国に対してかけてきた貿易の条件が2.5%、5%。『お前らに財源は与えない』(※176)ということです」

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

「【第346-349号】岩上安身のIWJ特報!「長州レジーム」から日本を取り戻せ! 歴史の闇に葬られた幕末の思想家・赤松小三郎の夢と明治維新の闇 岩上安身による関良基氏インタビュー(その4)」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    いま行われている政治は明治の亡霊による政治といってもいい。

    隠された歴史を紐解き光を照らそう。

    歴史の闇に葬られた幕末の思想家・赤松小三郎の夢と明治維新の闇 岩上安身による拓殖大学・関良基准教授インタビュー (その4) https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406690 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/937288351404589059

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です