【第350-355号】岩上安身のIWJ特報!「長州レジーム」から日本を取り戻せ! 歴史の闇に葬られた幕末の思想家・赤松小三郎の夢と明治維新の闇 岩上安身による関良基氏インタビュー(その5) 2017.12.30

記事公開日:2017.12.30 テキスト独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩上安身)

特集 明治を疑う!朝鮮半島と日本

※サポート会員に登録すると無制限で、岩上安身インタビューおよび特報など、すべて閲覧できるようになります。ぜひサポート会員登録をご検討ください!→登録はこちらから

前号の続き)

記事目次

  • 「軍人の命は鳥の羽よりも軽い」!? 明治の文豪・軍医の森鴎外は脚気惨害を引き起こしておきながら、問題をもみ消した
  • 五日市憲法草案に代表される自由民権派の憲法構想―― 実は幕末よりも後退していた!?
  • 「永続敗戦レジーム」の源流にある「長州レジーム」~ 現代までつづく「ポチズム」の原点!
  • 「招魂」の概念は日本にはなかった!国家神道は身勝手で異質な新興宗教!
  • 無実の水井精一を無理やり「自決」させた長州の非道~さらに水井を「英霊」として「招魂」し、死後も利用!ISもびっくり!子どもまで自爆テロさせようとしていた吉田松陰 その弟子たちの狂気!!
  • 現行憲法でも実現されていない赤松の構想―― 現代の政治は門閥に惑わされた国民不在の政治
  • 幕末に芽生えていた立憲主義をテロで葬った明治維新は、『乗り越えるべき負の教訓』である!

「軍人の命は鳥の羽よりも軽い」!? 明治の文豪・軍医の森鴎外は脚気惨害を引き起こしておきながら、問題をもみ消した

関「森鴎外(※230)。これは話すと長くなるんですけれども」

▲森鴎外(http://bit.ly/2iddVlg

岩上「これはね、びっくりする話ですよ。森鴎外(もり・おうがい)は、なんと津和野出身で」

関「はい。津和野出身で、西周(にし・あまね)の親戚です。西周は、山縣有朋の指令で軍人勅諭を起草するんですけれども、『軍人の命は鳥の羽よりも軽い』と言ったんですよ。だから『天皇のために死になさい』と(※231)」

岩上「それが玉砕にまで行くんですよね」

関「その西周とつながっているんです。玉砕思想を実践して、軍人の命を、もう本当に鳥以下に殺していったのが森鴎外」

岩上「これはショックですよ、知らない人も多いと思う。夏目漱石と森鴎外。我が国の近代日本文学の双璧を成す、巨人と思われている森鴎外は、実はこんな奴だった」

関「そうですね。このことは、この前NHKの『フランケンシュタインの誘惑』(※232)という番組で取り上げていました。最近、森鴎外の悪事は暴かれつつありますね。

 何をしたかというと、陸軍では兵に白米だけを食べさせていたんですよ。白米だけ食べていれば栄養は足りると主張したのが森鴎外なんですね。でも白米だけではビタミンが取れないんです。重大な病気になります。それは脚気(※233)ですね。栄養をちゃんと消化吸収できなくなるんですよ。玄米や麦にはビタミンが入っているから、玄米や麦を食べると治る。麦飯か、白米にも麦をちょっと混ぜると脚気にならないんですよ。海軍はそれに気づいて、白米に麦を混ぜたら脚気はゼロになったんですね。

海軍は薩摩閥で、麦飯を導入したのが薩摩の高木兼寛(かねひろ)(※234)という人なんですね。海軍の軍医です。薩摩の軍医が言ったことに唯々諾々と従うのは、森のプライドが許さなかったんですよ。だから麦飯導入を断固として拒否します。鴎外はナショナリストだったのかどうか、白米は完全に栄養があって、白米だけ食べている日本民族は優秀であると、白米主義を続けるんです(※235)」

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です