「軽はずみな核保有論は日本の信用を傷つける」〜核の禁止は核廃絶への大きな第一歩!核兵器禁止条約でノーベル平和賞を受賞した「ICAN」の川崎哲氏に岩上安身がインタビュー! 2018.1.11

記事公開日:2018.1.12取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年1月11日(木) 17時半より、東京都新宿区のピースボートセンターとうきょうにて、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員でピースボート共同代表の川崎哲氏に岩上安身がインタビューを行った。

■ハイライト

  • 日時 2018年1月11日(木) 17:30~
  • 場所 ピースボートセンターとうきょう(東京都新宿区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

“「軽はずみな核保有論は日本の信用を傷つける」〜核の禁止は核廃絶への大きな第一歩!核兵器禁止条約でノーベル平和賞を受賞した「ICAN」の川崎哲氏に岩上安身がインタビュー!” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「軽はずみな核保有論は日本の信用を傷つける」〜核の禁止は核廃絶への大きな第一歩!核兵器禁止条約でノーベル平和賞を受賞した「ICAN」の川崎哲氏に岩上安身がインタビュー! https://iwj.co.jp/wj/open/archives/409354 … @iwakamiyasumi
    核戦争になった際の状況を考えない核保有論者こそ視聴を。お花畑はどちらだ?
    https://twitter.com/55kurosuke/status/951762799075586049

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です