「行政として考えられない対応」立憲民主党・菅直人議員が訴え――「雇用促進住宅明け渡し訴訟」原告「高齢・障害・求職者雇用支援機構」は既に住宅を民間事業者へ売却済~「所有権のない機構が訴訟を起こすのはおかしい」山形地裁でも指摘 2017.12.21

記事公開日:2017.12.21取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年12月21日(木) 13時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、原発事故避難者の強制立ち退きに反対する緊急署名提出と記者会見が行われた。

■ハイライト

  • 内容 厚生労働省および復興庁への署名提出、記者会見
  • 署名提出者 武田徹氏(山形立ち退き訴訟被告)、熊本美耶子氏(福島県から東京都に避難)、松本徳子氏(福島県から神奈川県に避難、避難の協同センター代表世話人)、瀬戸大作氏(避難の協同センター事務局長)
  • 日時 2017年12月21日(木) 13:00〜
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です