市民団体「避難の協同センター」が緊急メッセージ「電話相談だけでなく、個別相談、自治体等への窓口同行もおこないます」〜明らかに国の責任と批判「原発事故自主避難者の無償提供住宅打ち切り問題」 2017.2.21

記事公開日:2017.2.22取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年2月21日(火)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、避難の協同センター 記者会見が開かれ、原発事故自主避難者への住宅無償提供打ち切りを控え、 現況報告と避難者への緊急メッセージが寄せられた。

■ハイライト

  • 発言者 加山久夫氏(避難の協同センター代表世話人、公益財団法人賀川事業団雲柱社理事長)、松本徳子氏(避難の協同センター代表世話人、福島県郡山市から神奈川県に避難)、瀬戸大作氏(避難の協同センター事務局長)、村田弘氏 (南相馬市から神奈川県に避難 神奈川訴訟原告団長)、阪上武氏(避難の協同センター事務局千葉担当)、満田夏花氏(避難の協同センター事務局 FoE Japan理事)
  • 内容 都道府県の住宅支援施策と避難者の住まいの確定状況と課題/避難の協同センターに寄せられている相談内容と個別支援の状況/避難されている方々へのメッセージ
  • 日時 2017年2月21日(火) 13:30~
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です