新外交イニシアティブ(ND)シンポジウム(沖縄・名護)「辺野古が唯一の選択肢」に立ち向かう―安全保障・経済の観点から― 2017.12.11

記事公開日:2017.12.19取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年12月11日(月)、沖縄県名護市の名護市民会館で、新外交イニシアティブ(ND)シンポジウム「『辺野古が唯一の選択肢』に立ち向かう―安全保障・経済の観点から―」が開催された。

■全編動画

  • 挨拶 稲嶺進氏(名護市長)
  • 基調報告 「やんばるの魅力と観光」 平良朝敬氏(一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー会長)
  • パネルディスカッション 柳澤協二氏(ND評議員、元内閣官房副長官補)、屋良朝博氏(ND評議員、元沖縄タイムス論説委員)、半田滋氏(東京新聞論説兼編集委員)
  • コーディネーター 猿田佐世氏(ND事務局長、弁護士)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“新外交イニシアティブ(ND)シンポジウム(沖縄・名護)「辺野古が唯一の選択肢」に立ち向かう―安全保障・経済の観点から―” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    (再掲)新外交イニシアティブ(ND)シンポジウム(沖縄・名護)「辺野古が唯一の選択肢」に立ち向かう―安全保障・経済の観点から― https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407378 … @iwakamiyasumi
    自発的対米従属こそが基地脱却を妨げている。「辺野古が唯一」とは本当なのか?
    https://twitter.com/55kurosuke/status/958250642757201920

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です