「日本が核燃料サイクルをやるかやらないかは日本の主権の問題である! アメリカがとやかく言うことではない!」逢坂誠二議員~日米原子力協定とプルトニウム問題に関する訪米団 院内報告会 2017.12.5

記事公開日:2017.12.5取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年 12月5日(火) 17時より、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、新外交イニシアティブ(ND)の主催により、日米原子力協定とプルトニウム問題に関する訪米団 院内報告会が行われ、「国会議員とともに、今後の取り組みを考える」と題し、立憲民主党の逢坂誠二衆議院議員、元静岡県湖西市長の三上元氏らが登壇した。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

“「日本が核燃料サイクルをやるかやらないかは日本の主権の問題である! アメリカがとやかく言うことではない!」逢坂誠二議員~日米原子力協定とプルトニウム問題に関する訪米団 院内報告会” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「日本が核燃料サイクルをやるかやらないかは日本の主権の問題である! アメリカがとやかく言うことではない!」逢坂誠二議員~日米原子力協定とプルトニウム問題に関する訪米団 院内報告会 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406801 … @iwakamiyasumi
    「ワシントン発」、米国の声を利用する日本政府の姿が明らかに。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/938135157361356800

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です