広告宣伝の制限なし!「異常に自由」な国民投票制度―― 憲法改正国民投票は改憲派に有利!! 岩上安身によるノンフィクション作家・元博報堂社員本間龍氏インタビュー! 2017.10.21

記事公開日:2017.10.21取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限でご覧いただけます! 一般会員の方は、記事公開後1ヶ月間以内のコンテンツが御覧いただけます。
(記事公開から1ヶ月経過後、サポート会員限定公開となったコンテンツにつきましても、一般会員特別価格50円でご覧いただけます。)→ご登録はここから

 2017年10月21日(土)14時より、東京都港区のIWJ事務所にて、『メディアに操作される憲法改正国民投票』著者の本間龍氏へ岩上安身がインタビューを行った。

■ハイライト

  • タイトル 岩上安身による『メディアに操作される憲法改正国民投票』著者・本間龍氏インタビュー
  • 日時 2017年10月21日(土)14:00〜
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

“広告宣伝の制限なし!「異常に自由」な国民投票制度―― 憲法改正国民投票は改憲派に有利!! 岩上安身によるノンフィクション作家・元博報堂社員本間龍氏インタビュー!” への 2 件のフィードバック

  1. さとう すみお より:

    聞き手 本間 発言者 岩上て感じ!

  2. 東ゼンガフィネンかつ代 より:

    岩上さんご苦労様でした。まだまだ頑張ってもらわないとダメですが、少しは休息してくださいよ。これから先を考えたら、本当に恐ろしい。国民投票をするには、日本人は大半の人が考えることをやめている人達だから、無理でしょうね。親友は芸術家で支持は筋金入りの共産党、でもその息子大学生が言ったことが、選挙では自民党に入れるだったそうです。どうして。。って聞くと研究費が大学にたくさん下りてくるから。友人ひっくりがえったらしいです。でもそれが今日本の若者の姿なのだろうかと。目前には高い山がありそうですが、岩上さんそしてIWJのスタッフの皆様、負けないで報道してください、できることはカンパだけです。できるだけのことはしますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です