第6回高経年化技術評価に関する意見聴取会 2012.2.7

記事公開日:2012.2.7取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・阿部)

 2012年2月7日(火)、経済産業省別館1階101~2会議室にて、第6回高経年化技術評価に関する意見聴取会が行われた。

■ハイライト

  • 議題
    1. 個別プラントの高経年化技術評価について
    2. 東京電力福島第一原子力発電所事故における経年劣化の影響について ほか
  • 日時 2012年2月7日(火)
  • 場所 経済産業省別館(東京都千代田区)

 原子力安全・保安院が「福島第一原子力発電所の安全機能を有する設備の経年劣化事象が、地震発生時及び発生直後において事故の発生の要因になったとは考え難く、また、設計で考慮している条件を超えるまでの間については、事故拡大の要因になったとは考え難い」と結論付けたことに対し、井野委員は、「経年劣化事象が、地震発生時及び発生直後において事故の発生の要因になった確固としたエビデンス(証拠)は得られなかった、とするのが適切ではないか?」と厳しく批判した。

 原子炉内に実際に立ち入ることもできず、十分な測定結果や目視確認もできない状況の中で、いたずらに安全を強調するだけの原子力安全保安院の姿勢には、(禁止されているにもかかわらず)傍聴人が思わず声を上げる一幕もあった。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です