市民連合の課題 ―安保法強行と改憲の危機に際して― 2016.3.9

記事公開日:2016.7.10取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年3月9日、東京都三鷹市の国際基督教大学にて、国際基督教大学平和研究所が主催する「市民連合の課題 ―安保法強行と改憲の危機に際して―」と題するシンポジウムが開催された。

■ハイライト

  • 挨拶 千葉眞氏(平和研究所所長)
  • 報告 高田健氏(総がかり行動実行委員会)、飯高京子氏(日本友和会)、杉原浩司氏(武器輸出反対ネットワーク)、太田啓子氏(憲法カフェ、あすわか)、池末彰郎氏(9条の会こがねい)、元山仁士郎氏(国際基督教大学学生、SEALDs)
  • パネルディスカッション、フロアーとの意見交換
  • 日時 2016年3月9日(水) 14:00~
  • 場所 国際基督教大学(東京都三鷹市)
  • 主催 国際基督教大学平和研究所

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です