「全国的な選挙調整ができなければ『全滅』だ。今のままだとそうなる可能性が非常に強い」――生活・小沢代表が参院選に危機感!自民党側に回った鈴木宗男氏の「転身」にも言及 2016.1.12

記事公開日:2016.1.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:城石裕幸)

※1月14日テキストを追加しました!

 「北海道5区は鈴木宗男氏の影響は強いが野党に対する票も多い。まとまれば勝てるはずだが、今のままでは厳しい」

 2016年1月12日に参議院議員会館で「生活の党と山本太郎となかまたち」代表定例記者会見が行われた。小沢一郎共同代表は、北海道5区で鈴木宗男氏が自民候補を支持すると表明した件で、現状の野党共闘では、野党候補に勝算はないとする見解を示した。

記事目次

■ハイライト

  • 会見者 小沢一郎代表、山本太郎代表
  • 日時 2016年1月12日(火) 16:30〜
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)

全国レベルで全野党が全選挙区について党本部レベルで話し合わなければだめだ

 民主党の岡田克也代表は10日、NHK「日曜討論」で、参院選1人区について、「野党が2人も3人も出せばうまくいかないのは当たり前だ。民主党の候補者が最有力という選挙区が多いので、それぞれよく考えてほしい」と述べ、他党は候補者取り下げを検討するよう求めていた。

 会見で小沢代表は、「個別の選挙区一つ一つで候補者を先に立てて『うちに従え』というようなやり方では野党共闘はできない」と牽制し、「全選挙区について全野党の党本部レベルでの話し合いをして、全国レベルで決まれば、共産党も我々も調整に従う、ということになると思う。北海道5区は鈴木宗男氏の影響は強いが野党に対する票も多いところなので、まとまれば勝てるはずだが、今のままでは厳しい」との見方を示した。

参院選の野党共闘について見解を述べる小沢一郎共同代表

参院選の野党共闘について見解を述べる小沢一郎共同代表

 小沢代表に続き、同じ質問に答えた山本太郎共同代表は、「先日、北海道に行ったら、『これですっきりした。野党がまとまりやすくなった』という意見が多かった」と、ポジティブに受け止められている側面があることを明かした。

 また、京都市長選において、福山哲郎参議院議員が「共産党と断固戦う」と発言したことに対しては、「国政では力を合わせていくつもりだと思うが、そこは、市民の皆さんにプレッシャーをかけていただくしかない」と、有権者が野党共闘を盛り上げる必要があると回答。対して、小沢代表は、「自分が民主党代表時には、『(自民との)相乗りは絶対ダメだ』と言ってきた。できるだけ野党間で話し合いをしながら候補者を立て、自民候補を倒すことが我々の目標。首長選挙と国政選挙は別だが、認識をしっかり持っていかないといけない」と答えた。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「「全国的な選挙調整ができなければ『全滅』だ。今のままだとそうなる可能性が非常に強い」――生活・小沢代表が参院選に危機感!自民党側に回った鈴木宗男氏の「転身」にも言及」への1件のフィードバック

  1. 武尊 より:

    小沢さんを押していたブロガーなんかは以前は共産党のことを自民党の補完勢力と喚いていたが、今じゃ民主党が自民党の補完勢力なんだが、その辺の見解を聞きたいもんだ(笑)(怒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です