自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会シンポジウム「南シナ海――警戒監視のための自衛隊派遣をどう見るか」 2015.12.22

記事公開日:2015.12.22取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年12月22日(火)、東京都千代田区の岩波セミナールームにて、自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会シンポジウム「南シナ海――警戒監視のための自衛隊派遣をどう見るか」が開催された。

■ハイライト

  • 登壇者 太田文雄氏(元海将・情報本部長)、石山永一郞氏(共同通信編集委員)、津上俊也氏(元通産省北東アジア課長)、加藤朗氏(桜美林大学教授、自衛隊を活かす会呼びかけ人)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です