戦争法案を考える名古屋大学人の集い 2015.8.29

記事公開日:2015.8.29取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 安保法制

 2015年8月29日(土)13時半より、名古屋大学東山キャンパスで「戦争法案を考える名古屋大学人の集い」が開催された。本秀紀・名古屋大学大学院法学研究科教授が基調講演を行ったほか、名古屋大学の教員・関係者らから発言が続き、安藤隆穂・名古屋大学名誉教授が安保関連法案に反対する声明を読み上げて採択された。

■ハイライト

  • 司会 榊原千鶴氏(名古屋大学男女共同参画室准教授)
  • 趣旨説明 和田肇氏(名古屋大学大学院法学研究科教授)
  • 基調講演 本秀紀氏(名古屋大学大学院法学研究科教授)「安全保障関連法審議の現段階」
  • 発言
    • 水田洋氏(名古屋大学名誉教授)「先の大戦を生延びたものとして」
    • 伊東早苗氏(名古屋大学大学院国際開発研究科長)「研究者としてなぜ戦争法案に反対するのか」
    • 鵜飼俊二氏(名古屋大学教育発達科学研究科院生)「日本の民主主義について考える」
    • 青木有加氏(弁護士、名古屋大学法科大学院卒業)「街頭宣伝から見えてくるもの」(※録画に含まれません)
    • 高山佳奈子氏(京都大学教授、安全保障関連法案に反対する学者の会呼びかけ人)「戦争法案廃案に向けた全国と京都の熱気」
  • メッセージ(ビデオ・文書) 益川敏英氏(名古屋大学特別教授・京都大学名誉教授、ノーベル物理学賞受賞者)/加藤延夫氏(名古屋大学元学長)/平野眞一氏(名古屋大学元学長)/松田正久氏(愛知教育大学元学長、名古屋大学卒業生)/辻真先氏(アニメ脚本家・推理作家、名古屋大学卒業生)
  • 報告 愛敬浩二氏(名古屋大学大学院法学研究科教授)「東海圏の大学・学者の運動の現状」/高木傭太郎氏(名古屋大学卒業生)
  • 会場参加者から
  • 行動提起・声明提案 安藤隆穂氏(名古屋大学名誉教授・客員教授、学士院賞受賞者)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です