安倍政権による「戦争する国」へ向かう法案が一挙大量に提出、強行採決される懸念――反対する市民から抗議の声~秘密保護法廃止へ! 国会前行動 2015.1.26

記事公開日:2015.1.27取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・細井正治)

 「1・26秘密保護法廃止へ!国会前行動」が2015年1月26日(月)12時から、国会裏・衆議院第二議員会館前で行われ、主催者発表で約200人の市民らが声を上げた。

記事目次

■ハイライト

  • 発言 階猛議員(民主党)、畑野君枝議員(共産党)、吉田忠智議員(社民党)、福島みずほ議員(社民党)、山本太郎議員(生活の党と山本太郎となかまたち)、海渡雄一氏(弁護士)、市民団体、他
  • 日時 2015年1月26日(月) 12:00~
  • 場所 衆議院第二議員会館前(東京都千代田区)
  • 主催 「秘密保護法」廃止へ!実行委員会

※以下、発言要旨を掲載します

「オープン・ガバメント・パートナーシップ」入り~安倍首相は約束を忘れるな

社民党・吉田忠智党首「特定秘密保護法案廃止法案を2度、他の政党、議員さんと提出してきましたが、廃案にされてきました。これまで以上に広く呼びかけ、議論を積み重ねて、成立をめざし全力で闘っていきます」

「許すな!憲法改悪・市民連絡会」高田健氏「今日(1月26日)から国会が始まります。私も平和運動を続けてきていますが、その中でも最大の、厳しい状況の国会になると非常に緊張しています。問題がたくさんあります。昨日も『後藤さんを救え』緊急行動をしました。

 後藤さんたちを全力で救い出すべき日本政府が、昨日の安倍首相の発言を聞くと、『集団的自衛権の行使』の正当化に悪用しようという懸念で、急遽11時に仲間と相談し、ツイッター等でよびかけたところ、大阪から新幹線に飛び乗って駆けつけて下さった方もいました。これからもあわせて訴えていきます」

海渡雄一弁護士「やはり人の命が何よりも大事、戦争は避けなければいけない。後藤さんを救い出す運動とともに、『テロとの戦い』といった泥沼にハマり込んでいくことを避けていかなければならないと思います。そのためにも政府のやることを明らかにしていくことが重要です。

 私は秘密保護法対策弁護団もやっており、今後、実際に処罰や人権侵害等の被害に遭う人々などを救援しながら、国際連携の中で闘っていく準備もしています。昨年(2014年)、国連自由権規約委員会からの勧告などもありましたが、『ツワネ原則』に基づき改善していく。

 もう一つ、政府を透明化し合っていこうという『オープン・ガバメント・パートナーシップ』(OGP)入りの提言、実際イギリスからも昨年5月、安倍首相は要請をうけ、あまり報道されていませんが、真剣に検討すると約束もしてきているのです」

11年前「人質事件では5人も無事解放された。あの時は『平和』日本のイメージがあったが…」

新聞労連・新崎盛吾委員長「私もイラク戦争の時2ヶ月ほど滞在。現地で『日本はアメリカに原爆も落とされたのに、なぜ追従、派兵するのか』と聞かれました。憲法9条も結構知っており、ヨソから見れば軍隊である自衛隊の派遣問題を問われたのです。

 ちょうど11年前、やはり『日本人人質事件』がありましたが、5人までは無事、解放されました。あの時はまだ、平和を守るイメージが現地の人々にあったからです。しかし今は大きく変わってしまいました。

 昨年(2014年)末の『紅白歌合戦』でサザンオールスターズの『ピースとハイライト』の件にしても、朝日新聞の『吉田調書』のような『調査報道』も社内監視・規制が強まるなど、『表現の自由』、『報道の自由』の萎縮に対し、みなさんと一緒に闘っていきます」

今国会、統一地方選挙後、「戦争する国」にする法案が一挙大量に提出、強行採決される危険性

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です